ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893660 全員に公開 ハイキング大峰山脈

【行者還岳・大普賢岳】クサタチバナを求めて

日程 2016年06月10日(金) [日帰り]
メンバー yamaran
天候霧雨→快晴→曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道309号行者還トンネル東口より約1.5km付近、90番標識に路肩あり。国道309号白倉トンネル通行規制あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
17分
合計
7時間42分
Sスタート地点05:1706:42天川辻06:49行者還小屋06:5207:00行者の水場07:0207:13行者還岳07:1607:19行者の水場07:58七曜岳07:5908:45国見岳08:4609:38大普賢岳09:4210:14国見岳10:1510:58七曜岳11:50行者の水場11:5112:02行者還小屋12:0312:05天川辻12:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:17 309号90番標識登山口
05:49 タイタン前
06:06 奥駆道合流地点
06:07 ピーク1458
06:42 天川辻
06:52 行者還小屋
07:13 行者還岳
07:19 行者の水場
07:59 七曜岳
08:45 国見岳
09:38 大普賢岳
09:40 大普賢岳
10:50 七曜岳
11:50 行者の水場
12:00 行者還小屋
12:36 奥駆道合流地点
12:44 タイタン前
13:00 309号90番標識登山口
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し。七曜岳付近、鎖場あり。
その他周辺情報立ち寄り湯情報
●天川温泉(309号天川村方面へ降りた場合)
●上北山温泉薬師湯(309号169号合流地点より新宮方面へ車で10分。道の駅吉野路上北山)
●杉の湯(309号169号合流地点より橿原方面へ。車で30分。川上村)

いずれも、営業日・営業時間要確認
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

309号90番標識の横の鉄階段がスタートです。05時17分出発。
2016年06月10日 05:07撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
309号90番標識の横の鉄階段がスタートです。05時17分出発。
3
この階段を登ります。階段を登り切ったT字路は、左にすすみます。ピンクのテープが見えたので、間違えて右に行ってしまい、後で苦労しました。
2016年06月10日 05:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を登ります。階段を登り切ったT字路は、左にすすみます。ピンクのテープが見えたので、間違えて右に行ってしまい、後で苦労しました。
3
GPSの方角を頼りに斜面を無理やり登り、なんとかタイタン前に出られました。
2016年06月10日 05:49撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSの方角を頼りに斜面を無理やり登り、なんとかタイタン前に出られました。
3
奥駆道と合流。
左手すぐがピーク1458。行者還避難小屋へは右に進みます。スタート後50分経過。
2016年06月10日 06:06撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駆道と合流。
左手すぐがピーク1458。行者還避難小屋へは右に進みます。スタート後50分経過。
1
ピーク1458
2016年06月10日 06:07撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク1458
1
霧雨の中を。
2016年06月10日 06:09撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧雨の中を。
2
咳をしても一人。by.尾崎放哉
2016年06月10日 06:09撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咳をしても一人。by.尾崎放哉
2
クサタチバナ群生地到着。
2016年06月10日 06:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサタチバナ群生地到着。
4
雨に洗われて綺麗です
2016年06月10日 06:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に洗われて綺麗です
5
登山道の両脇を埋め尽くす勢い
2016年06月10日 06:25撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の両脇を埋め尽くす勢い
3
斜面にもクサタチバナ
2016年06月10日 06:25撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面にもクサタチバナ
1
天川辻通過。霧の中、人っ子一人いません。少し寂しくなってきました。
2016年06月10日 06:41撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天川辻通過。霧の中、人っ子一人いません。少し寂しくなってきました。
1
行者還避難小屋到着。綺麗な小屋で、なんと、内部は個室のように分割されています。スタートから1時間30分経過。依然として、誰にも会わず。寂しい…
2016年06月10日 06:45撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還避難小屋到着。綺麗な小屋で、なんと、内部は個室のように分割されています。スタートから1時間30分経過。依然として、誰にも会わず。寂しい…
2
5分間立ち休憩してスタートです。小屋の右下の道を進みます。
2016年06月10日 06:51撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分間立ち休憩してスタートです。小屋の右下の道を進みます。
1
水場手前の崩落箇所。慎重に通過しましょう(怖がりの私でも大丈夫でした)
2016年06月10日 06:58撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場手前の崩落箇所。慎重に通過しましょう(怖がりの私でも大丈夫でした)
1
行者還岳到着。スタートから1時間56分経過。
2016年06月10日 07:13撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳到着。スタートから1時間56分経過。
2
無双洞・和佐又山への分岐。七曜岳へは直進します。
2016年06月10日 07:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無双洞・和佐又山への分岐。七曜岳へは直進します。
1
七曜岳頂上直下の鎖場。登るのは難しくありません。
2016年06月10日 07:57撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳頂上直下の鎖場。登るのは難しくありません。
1
七曜岳到着。岩場の頂上ですが、高度感は無いので怖くありません。スタートから2時間47分経過。
2016年06月10日 07:59撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳到着。岩場の頂上ですが、高度感は無いので怖くありません。スタートから2時間47分経過。
2
画面中央のピークが、目指す大普賢岳。七曜岳頂上より眺めます。
2016年06月10日 07:59撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面中央のピークが、目指す大普賢岳。七曜岳頂上より眺めます。
4
七つ池通過。水の無い大きな窪地ですが、「鬼の窯」とか不気味な事が書いてあるので、覗き込まずに足早に通過です。
2016年06月10日 08:21撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ池通過。水の無い大きな窪地ですが、「鬼の窯」とか不気味な事が書いてあるので、覗き込まずに足早に通過です。
1
左から、弥勒岳、大普賢岳、その奥の小さなピークが小普賢岳、手前の立派なピークが日本岳でしょうか。
2016年06月10日 08:29撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、弥勒岳、大普賢岳、その奥の小さなピークが小普賢岳、手前の立派なピークが日本岳でしょうか。
2
稚児泊通過。道を見失いかけます。テープがあるので落ち着いて探しましょう。
2016年06月10日 08:33撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児泊通過。道を見失いかけます。テープがあるので落ち着いて探しましょう。
1
シロヤシオの絨毯。
2016年06月10日 08:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオの絨毯。
2
水太覗から大普賢岳。あと一登り
2016年06月10日 09:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太覗から大普賢岳。あと一登り
2
水太覗
2016年06月10日 09:17撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太覗
3
大普賢岳頂上付近は、シロヤシオが満開。
2016年06月10日 09:18撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳頂上付近は、シロヤシオが満開。
4
大普賢岳到着。スタートから4時間17分経過。虫が大量にいるので、即座に出発します。
2016年06月10日 09:36撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳到着。スタートから4時間17分経過。虫が大量にいるので、即座に出発します。
6
大普賢岳頂上直下、再びシロヤシオの絨毯。
2016年06月10日 10:05撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳頂上直下、再びシロヤシオの絨毯。
3
七曜岳まで戻ってきました。往路にはいなかった虫が大量にわいてました。気温がすごく上がってきました。
2016年06月10日 10:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳まで戻ってきました。往路にはいなかった虫が大量にわいてました。気温がすごく上がってきました。
1
行者還避難小屋。
2016年06月10日 12:03撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還避難小屋。
1
帰り道にクサタチバナ
2016年06月10日 12:18撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道にクサタチバナ
1
可愛い。
2016年06月10日 12:19撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛い。
2
来週いっぱいは楽しめるそうです。
2016年06月10日 12:23撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来週いっぱいは楽しめるそうです。
1
帰りは間違わず、タイタン手前の赤いテープを右に進みます。写真の倒木を越えるのは間違いです。
2016年06月10日 12:44撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは間違わず、タイタン手前の赤いテープを右に進みます。写真の倒木を越えるのは間違いです。
1
この木を通過するのが正解。
2016年06月10日 12:46撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木を通過するのが正解。
2
登山口まで戻ってきました。13時ジャスト。所要時間は7時間43分(休憩含む)。お疲れ様でした。
2016年06月10日 13:01撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。13時ジャスト。所要時間は7時間43分(休憩含む)。お疲れ様でした。
3
下山後のお楽しみは、鹿みそ焼きそば。1000円也。道の駅吉野路上北山レストランにて。薬師湯という温泉もあります。
2016年06月10日 14:04撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後のお楽しみは、鹿みそ焼きそば。1000円也。道の駅吉野路上北山レストランにて。薬師湯という温泉もあります。
3

感想/記録

クサタチバナを目当てに行者還岳に行ってみました。
それだけでは面白くないので、まだ登った事の無かった大普賢岳までのピストンを画策。予想していたより1時間早く往復できました。
さすがはお花の時期で、やはり虫が多く、早朝5時に出発した時にはいなかった虫が、10時を過ぎて気温が上がってくると方々からわいてきました。ハエより小さい虫で噛むのがおり、これにやられると翌日以降に無茶苦茶かゆくなるので要注意です。ミントスプレーが有効ですが、水場でザックを下ろした隙に、スプレーをしていなかった背中を噛まれました。
下山してくる頃には暑かったものの、梅雨の晴れ間をうまく突いて、青空が目に眩しい山行になりました。
クサタチバナは、初見となる私の目には満開に見えましたが、よく来られる方のお話によると、この日はまだ5分咲きで、お花の数も去年よりは少な目だそうです。来週末までは楽しめるかもとのことでした。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ