ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

大普賢岳(だいふげんだけ)

基本情報
標高 1780m
場所 北緯34度13分40秒, 東経135度57分45秒
カシミール3D
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大普賢岳(だいふげんだけ)は、奈良県の大峰山脈を形成する山の一つ。標高1779.9m。大天井ヶ岳から八経ヶ岳へ至る山脈の中間あたりに位置している。吉野から熊野三山への大峯奥駈道上にあり、南には国見岳、七曜岳、行者還岳と続く
古来、修験道の山として山伏の修行の場であったため、指弾ノ窟、朝日窟、笙ノ窟、水太覗といった修験道の行場跡がある。
山の東西には支稜があり、東側には和佐又山(標高1344m)がある。この和佐又山と大普賢岳の間、東側の標高1,450m付近に自然の岩窟「笙ノ窟(しょうのいわや)」があり大峯修験の参籠行場となっている。笙ノ窟と山頂の間にある石の鼻は眺望がよく、晴れた日には大台ケ原、弥山 - 釈迦ヶ岳が見渡せる。
大普賢岳山頂は狭く、10人ほどしか立てないほどである。南の七曜岳(標高1584m)に続く稜線上には、水太覗(みずぶとのぞき)と呼ばれるポイントがあり、大台ヶ原を見渡すことができるが絶壁となっている
植生はブナ、ナラなどが主体の原生林を形成し、シャクナゲ、サラサドウダン、ヒメシャラも多く見られる。このため秋の紅葉は非常に美しい。
山麓にあった天ヶ瀬(あまがせ)集落の人々は、平安時代後期から周辺の山林や「笙ノ窟」の管理などを行って修験道を支援してきた。天ヶ瀬集落は人口減少のため廃村になってしまったが、祭祀はその後も続けられている

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「大普賢岳」 に関連する記録(最新10件)

大峰山脈
05:3011.2km1,264m4
  22    14 
2024年05月18日(日帰り)
大峰山脈
07:2812.2km1,572m4
  7    12 
2024年05月18日(日帰り)
大峰山脈
07:2010.9km1,310m4
  15    4 
DAXIONGMAO, その他2人
2024年05月18日(日帰り)
大峰山脈
09:3611.8km1,389m4
  34    8 
2024年05月18日(日帰り)
大峰山脈
12:2723.9km2,010m6
  32     56  2 
2024年05月18日(2日間)
大峰山脈
21:5445.0km3,467m10
  11    6 
2024年05月18日(3日間)
大峰山脈
19:3744.2km3,493m9
  79    17  4 
2024年05月17日(2日間)
大峰山脈
14:2119.7km1,414m4
  24    8 
2024年05月15日(日帰り)
大峰山脈
125:02105.2km8,097m10
  107     15 
2024年05月14日(6日間)
大峰山脈
06:3114.2km1,637m4
  32    16 
2024年05月11日(日帰り)