ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893662 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

鉄山・弥山周回・・人が歩けば道ができる

日程 2016年06月10日(金) [日帰り]
メンバー luneoba
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大川口 林道路肩に5〜6台駐車可。
登山届ボックス有。トイレなし。

〇下山予定のトンネル西口に自転車デポしました
〇川合〜大川口間、道路工事で通行規制あり。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
1時間18分
合計
8時間29分
S大川口08:4110:22草つきの展望台地10:2410:39鉄山10:5311:07香精山11:0911:15鞍部 (香精山)11:1612:26修履山12:2812:46大倒木地帯12:4713:17弥山小屋・弥山神社13:5114:25八経ケ岳14:3615:00弥山小屋15:1015:38聖宝ノ宿跡15:59弁天の森16:20奥駈道出合16:2117:07行者還トンネル西口17:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇大川口〜鉄山平・・・ルートははっきりしてますが、激登りが続きます。鉄山の肩の展望地から鉄山の3つのピーク越えは滑落注意。
〇鉄山平〜修覆山・・・緩急をつけた登り。テープ多数。登りでは問題ありませんが、下りに使う場合修覆山から下、標高1750メートル付近、西側の迷ケ岳への尾根に入り込み注意です。

〇修復山〜弥山・・・テープ多数。以前は倒木をかいくぐったり乗り越えたりしなければならなかったのですが、テープに沿ってはっきりしたルートができ何の問題もなく通行できました。もはや倒木地帯消滅?の感じでした。
弥山神社手前の平坦地は踏み跡はばらけますが、どこを歩いても鹿除けフェンスに突き当たります。ゲートは施錠されていましたので、フェンスに沿って弥山小屋の裏手に回りました。

〇奥駈出合〜トンネル西口(谷ルート)・・・「山と高原地図」にはまだ破線でルートが載っていますが、どんどん廃道化しています。
歩きやすくて気に入っており、出来るだけここを利用していたのですが、この1年の間にますますルートが分かり辛くなっていました。
特に谷の源頭部(水場)から上の斜面は、数年前まではジグザグにルートがはっきりしていたのですが、踏み跡もばらけ非常に分かり辛くなっています。
初めての方は利用困難(特に下り)。

・・・・
八経ケ岳のオオヤマレンゲは、後10日くらいで開花するようです。
(途中出会ったツアーのガイドさんの予想)

写真

大川(おおこ)口8:40 少し時間が遅いけれどスタート。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川(おおこ)口8:40 少し時間が遅いけれどスタート。

3
登山口の階段が新しくなってる。
鉄山・弥山間の登山禁止を呼び掛けた立て看板は、相変わらず剥がれたまま。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の階段が新しくなってる。
鉄山・弥山間の登山禁止を呼び掛けた立て看板は、相変わらず剥がれたまま。

3
いきなりコアジサイの群落がお出迎え。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりコアジサイの群落がお出迎え。

8
とにかく、木の枝、根っこを掴みながらの激登りが続きます。
滴り落ちる汗でぐっしょり・・ (×_×;)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく、木の枝、根っこを掴みながらの激登りが続きます。
滴り落ちる汗でぐっしょり・・ (×_×;)

1
展望のない登りなんですが、二箇所ほど木が途切れ
振り向けばバリゴヤの頭。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない登りなんですが、二箇所ほど木が途切れ
振り向けばバリゴヤの頭。


5
行者還トンネル西口へのR309。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口へのR309。


4
もうすぐバリゴヤと同じ高さでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐバリゴヤと同じ高さでしょうか?
3
ミズナラやブナの大木が現れると「草付の展望台地」はもうすぐ。
・・の筈なのに、また登りがあったりして、
あれ?こんなに遠かったっけ?
展望台地を目前にして、休憩休憩!


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラやブナの大木が現れると「草付の展望台地」はもうすぐ。
・・の筈なのに、また登りがあったりして、
あれ?こんなに遠かったっけ?
展望台地を目前にして、休憩休憩!


2
「草付の展望台地」は『山レコ』での表記なんですが、
10年ほど前までは、「ザンゲ平」と呼ばれていたはずなんですが・・・。
風が心地よく、汗がすっと引いて行きます。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「草付の展望台地」は『山レコ』での表記なんですが、
10年ほど前までは、「ザンゲ平」と呼ばれていたはずなんですが・・・。
風が心地よく、汗がすっと引いて行きます。


7
展望地から川迫(こうぜ・こうせい?)ダムとトサカ尾山。
ほんとに、どこから見てもトサカです。
金剛・葛城も霞みながら・・。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地から川迫(こうぜ・こうせい?)ダムとトサカ尾山。
ほんとに、どこから見てもトサカです。
金剛・葛城も霞みながら・・。


4
目の前には、弥山(左)と鉄山(右)・・正確には鉄山の一つ手前のピーク。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前には、弥山(左)と鉄山(右)・・正確には鉄山の一つ手前のピーク。

7
バリゴヤの頭の向こうに大日・稲村。
後ろには山上ヶ岳。
で、大普賢〜行者還〜弥山への奥駈稜線がずらずら・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリゴヤの頭の向こうに大日・稲村。
後ろには山上ヶ岳。
で、大普賢〜行者還〜弥山への奥駈稜線がずらずら・・

5
一つ目のピークへの登り。
木の根が複雑に絡み合っています。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目のピークへの登り。
木の根が複雑に絡み合っています。

1
二つ目のピーク(鉄山)手前の鎖場。
ここを越えると山頂です。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目のピーク(鉄山)手前の鎖場。
ここを越えると山頂です。


3
山頂にかけてイワカガミ。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にかけてイワカガミ。


2
鉄山山頂に到着しました。
5、6人で一杯になりそうな狭いピーク。
北と西方向だけ木が途切れ展望あり。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山山頂に到着しました。
5、6人で一杯になりそうな狭いピーク。
北と西方向だけ木が途切れ展望あり。

7
大普賢岳(左)と行者還岳(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳(左)と行者還岳(右)
3
バリゴヤの頭、稲村、大日。
写真だけ撮り山頂スルー、鉄山平を目指します。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリゴヤの頭、稲村、大日。
写真だけ撮り山頂スルー、鉄山平を目指します。

6
激下ると・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下ると・・

1
鉄山ルンゼ?
下の方の木に赤いテープが付いていました。
こんな所を這い上がってくる人もいてるんですね・・。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山ルンゼ?
下の方の木に赤いテープが付いていました。
こんな所を這い上がってくる人もいてるんですね・・。

3
この辺りから突然シロヤシオの落花が。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから突然シロヤシオの落花が。


枝先に数輪残ってたけど、もう終わり。
ほぼ一緒の時期で満開の時もあったから、今年はやっぱり開花が早かったんですね。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝先に数輪残ってたけど、もう終わり。
ほぼ一緒の時期で満開の時もあったから、今年はやっぱり開花が早かったんですね。

三つ目のピーク先の鞍部。
向こうに聖宝谷の荒々しい爪痕が・・。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目のピーク先の鞍部。
向こうに聖宝谷の荒々しい爪痕が・・。

5
「鉄山平」に到着です。
北に開けた草付の小広い斜面です。
この「鉄山平」の名前も「山と高原地図」には載っていないし、そのうち忘れ去られていくのでしょうか?

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鉄山平」に到着です。
北に開けた草付の小広い斜面です。
この「鉄山平」の名前も「山と高原地図」には載っていないし、そのうち忘れ去られていくのでしょうか?

10
「鉄山平」から先は、テープの嵐でした。
昨年も6月にも歩いているのだけれど、
また増えてる気がします。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鉄山平」から先は、テープの嵐でした。
昨年も6月にも歩いているのだけれど、
また増えてる気がします。

2
ピンぼけでスミマセン。
『鉄山 分岐』と書かれています。
標高1750ぐらいの地点。迷ケ岳への尾根の分岐です。こちらへの尾根の方が傾斜が緩やかですので、下りにはここに入り込まないように注意です。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンぼけでスミマセン。
『鉄山 分岐』と書かれています。
標高1750ぐらいの地点。迷ケ岳への尾根の分岐です。こちらへの尾根の方が傾斜が緩やかですので、下りにはここに入り込まないように注意です。

1
真新しい山名板。
3度目にして初めて山名板を見つけました。
不思議なことに今までいくら探しても見つけられなかった (>_<;)
見逃すはずはないと思うので、今までは(たまたま?)取れていた時に通っているのだと思います。・・と言うことにしておこう・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真新しい山名板。
3度目にして初めて山名板を見つけました。
不思議なことに今までいくら探しても見つけられなかった (>_<;)
見逃すはずはないと思うので、今までは(たまたま?)取れていた時に通っているのだと思います。・・と言うことにしておこう・・

8
いきなりタコの木。
オオイタヤメイゲツ(カエデ)。



拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりタコの木。
オオイタヤメイゲツ(カエデ)。



3
この辺り、カエデの葉はほとんど虫に食べられていました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、カエデの葉はほとんど虫に食べられていました。

1
足元には可愛らしい蘖(ひこばえ)。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には可愛らしい蘖(ひこばえ)。

2
八経ケ岳、日裏山が見えてきた。
弥山はもうすぐ!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ケ岳、日裏山が見えてきた。
弥山はもうすぐ!

2
ちょいと左にそれると、鉄山と鉄山の肩の草付の展望地が見下ろせました。
後ろは大普賢岳。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょいと左にそれると、鉄山と鉄山の肩の草付の展望地が見下ろせました。
後ろは大普賢岳。

7
倒木地帯に入りましたが、もはや迷いようがない!
しっかりした道が出来てるやん!





拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木地帯に入りましたが、もはや迷いようがない!
しっかりした道が出来てるやん!





3
次いで北八ヶ岳を髣髴とさせるようなシラビソの森、そして、生い茂るシダ。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次いで北八ヶ岳を髣髴とさせるようなシラビソの森、そして、生い茂るシダ。

2
明瞭な道。
但し、下りの時は注意です。
西側に枝尾根が派生していますので、入り込まないように。
(そちら方面にも比較的はっきりした踏み跡があります)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な道。
但し、下りの時は注意です。
西側に枝尾根が派生していますので、入り込まないように。
(そちら方面にも比較的はっきりした踏み跡があります)

4
またしても倒木帯・・・のはずが・・消えていました。
その向こうが弥山山頂。





拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしても倒木帯・・・のはずが・・消えていました。
その向こうが弥山山頂。





1
昨年6月の時は壊れていて、またいで通れた鹿除けネット。
ゲートには鍵が。
ネットに沿って弥山小屋の裏手に回りました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年6月の時は壊れていて、またいで通れた鹿除けネット。
ゲートには鍵が。
ネットに沿って弥山小屋の裏手に回りました。

3
裏から見るのは初めて( ̄〜 ̄*)
かなり大きな建物だということに、初めて気が付きました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏から見るのは初めて( ̄〜 ̄*)
かなり大きな建物だということに、初めて気が付きました。

3
小屋前で休憩しようとすると、
「鉄山から来られたんですか?」と声を掛けられました。
聞くと、その方も鉄山から。
後ろからずっと鈴の音が聞こえていたらしいです。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前で休憩しようとすると、
「鉄山から来られたんですか?」と声を掛けられました。
聞くと、その方も鉄山から。
後ろからずっと鈴の音が聞こえていたらしいです。

3
お昼ご飯の後、弥山神社へ。
無事またやって来れたことを感謝します。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼ご飯の後、弥山神社へ。
無事またやって来れたことを感謝します。

2
東側から湧いてきたガスで、八経は見え隠れ。
午後から(所によっては)雷雨の予報はあったけれど、すぐには崩れそうになかったので八経へオオヤマレンゲの開花状況の偵察に。




拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側から湧いてきたガスで、八経は見え隠れ。
午後から(所によっては)雷雨の予報はあったけれど、すぐには崩れそうになかったので八経へオオヤマレンゲの開花状況の偵察に。




一番膨らんでいた蕾。
2,3日もすれば開花しそうに思えました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番膨らんでいた蕾。
2,3日もすれば開花しそうに思えました。

14
蕾もたくさん。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕾もたくさん。

5
カラマツソウもこれから。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウもこれから。

マイヅルソウはほぼ終わりかけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウはほぼ終わりかけ。
2
手前で二人組の男性とすれ違っただけで、誰もいないひっそりとした山頂。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前で二人組の男性とすれ違っただけで、誰もいないひっそりとした山頂。


3
明星ヶ岳に時折薄日が差して、幻想的な眺め。
去り難い・・。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳に時折薄日が差して、幻想的な眺め。
去り難い・・。


1
弥山小屋は開いていたけれど、外も中も人気はありませんでした。



拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋は開いていたけれど、外も中も人気はありませんでした。



1
聖宝八丁の下り。ガスがどんどん深くなって、遠くからゴロゴロと聞こえてきました。
ちょっと油断しすぎたかな?
もはや小走り!(もちろん気持ちだけ・・)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝八丁の下り。ガスがどんどん深くなって、遠くからゴロゴロと聞こえてきました。
ちょっと油断しすぎたかな?
もはや小走り!(もちろん気持ちだけ・・)

2
今にも降り出しそうな暗さ。
「もう少し雨、持ってください」理源太子様に手を合わせます、おみ足をさすりながら・・・あかんやろーー!!
(ご存知だと思いますが、足に触れると雨が降る、という言い伝えがあります)


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今にも降り出しそうな暗さ。
「もう少し雨、持ってください」理源太子様に手を合わせます、おみ足をさすりながら・・・あかんやろーー!!
(ご存知だと思いますが、足に触れると雨が降る、という言い伝えがあります)


4
急くものの・・足元にヒメレンゲ。
一応撮っておきます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急くものの・・足元にヒメレンゲ。
一応撮っておきます。

2
奥駈出合まで下ってやっとガスが晴れました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈出合まで下ってやっとガスが晴れました。

1
谷ルートの滝。
今までで一番水量が少ない気がする。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷ルートの滝。
今までで一番水量が少ない気がする。

3
弁天の森から一緒に下山した三重のお二人。
ありがとうございました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森から一緒に下山した三重のお二人。
ありがとうございました。

6
デポしておいた自転車で大川口にъ(^ー^) 。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポしておいた自転車で大川口にъ(^ー^) 。

4
川迫ダムからの鉄山三兄弟。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川迫ダムからの鉄山三兄弟。

3
オマケ。2008年撮影。2011年には表面が剥がれ落ちていた。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オマケ。2008年撮影。2011年には表面が剥がれ落ちていた。

3

感想/記録

それほどすぐにお天気が崩れることはないだろう、と八経にも足を延ばしたけれど、読みが甘かった。
聖宝八丁の下りの途中からガスがどんどん濃くなり、おまけに遠雷も聞こえ始め、途中から走り始める。
濃い濃い霧に包まれた奥駈道。
どんどん薄暗くなり、「幻想的」などと言ってる余裕はもはやなかった。
もう誰にも出会わないだろうと思っていたけれど、弥山の展望地の辺りで、小屋に泊まるという男性にすれ違い、ほっ!
弁天の森で、八経ケ岳ですれ違った二人組の男性に再会、ここから一緒に下山する。

奥駈出合からは谷ルートを下山。
荒廃がひどく、尾根ルートと変わらないくらい時間がかかってしまった。

・・・・

鉄山から弥山へは、2011年の6月初めて友人に案内してもらったのですが、昨年6月にも一人で歩いています。
最初の時も、「テープが増えすぎてる」と友人が驚いていたのですが、
昨年は更にテープの数も増え、踏み跡もはっきりし、数年前の記憶とずいぶん違っていました。

で、今年は新たなテープも加わり(枝に結びつけた毛糸とかも)、テープに沿って明瞭な踏み跡が出来ていました。
初めて歩いた時は、倒木をまたいだり、かいくぐったり結構大変だった倒木地帯も、驚くほど倒木の数が減り、行く手を遮る倒木に苦労することはなくなっていました。
数年でこんなにも変わるものかと改めて驚きました。
(但し、コースの項でも書きましたが、下山に使う場合は二箇所ほど要注意)

・・・・

奥駈出合から谷コースの激変ぶりも驚きです。
「山と高原地図」には破線ながらまだ載っているのですが、もはや廃道になりつつあります。
1年ぶりに通ったのですが、今まで幾度となく歩いているにも関わらず、目を凝らしてルーファイしなければならない箇所が多数ありました。

最初にこの谷ルートを歩いた時は、余りにも楽に奥駈出合に到着し驚きました。
勿論標高差は同じ、所要時間もそれほど変わらないとは思うのですが、とても歩きやすく楽な道でした。
以来、トンネル西口から奥駈に出るには必ずここを歩いています。
数年後、沢から離れる辺りの斜面が崩れ、以来踏み跡がばらけてしまい、年々歩く人は少なくなっていったようです。
・・・・

人が歩けば道ができる。
その逆に、いつしか忘れ去られて自然の中に消えていく道もたくさんあるのでしょう。
当たり前のことなんですが、けれど以前からあるあの谷のルート、どうにかして復活できないものでしょうか・・・。



訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1763
2016/6/12 21:38
 変わっていくモノなのかも?
luneobaさん、こんにちは。
次は、トン西沢ルート、登りで試してみたいと思います。不思議な何かに引っ張られるかなぁ?魑魅魍魎で溢れてるかも。。。
今年のオオヤマレンゲはちょっと早めで数も多そうですね?ただ、弥山・八経は人も多いからねぇ。
ルートや山事情って徐々に変遷するのでしょうね。鉄仙平も、手前の草付をそう呼ぶお方も居られるし。以前、聖宝谷を「大峰ドラゴンの爪痕」って書いたら3名程が続けてそう呼ぶとなんか?そんな名前になっていたり…。

昨今、大峰奥駈道も道標が多く見られ、なんだか賑やかになってしまったように感じております。
登録日: 2013/1/28
投稿数: 17
2016/6/13 4:24
 小屋で怒られた思い出が...
あ〜山行きたいです!
登録日: 2013/5/15
投稿数: 84
2016/6/13 12:55
 Re: 変わっていくモノなのかも?
DCTさん、こんにちは!
谷ルート、何時だったか下山に使われていましたよね。
そのレポにも、かなり荒れていると書かれていたように記憶しています。
年と共に山道も変化していくのは当然とは思うんですけどね〜、鉄山〜弥山間も、谷ルートも、余りにも変化が速すぎて戸惑ってしまいました。

勿論、鉄山〜弥山間、ルートがはっきりし、それほど苦労することなく歩けるようになったのは喜ばしいことなんですが。

「大峰のドラゴンの爪痕」 。
いくつかのレポで私も目にしましたよ。
DCTさんのような人気の方の影響力はとてつもなく大きいと思います(⌒ロ⌒;)
稲村の「マンモスの木」と最初に呼んだ人が誰か知りませんが、そのうち、「山と高原地図」や「山レコ」にも通過ポイントとして載るかもしれませんね (^^ゞ

ちなみに、あの聖宝谷、私の友人は以前「聖なる爪痕」とか呼んでましたっけ。
かなり気に入っているのですが、私はいつもあの形を見るたびにムンクの「叫び」を思い起こします (^^ゞ
あのガラガラの谷を、あんな顔で這い上がっている人の姿をイメージしてしまいます。
あ、余談でした (^▽^;)>゛

谷ルート、復活してほしいのですが、今のままでは難しいんでしょうね・・・
コメントありがとうございました!
登録日: 2013/5/15
投稿数: 84
2016/6/13 13:02
 Re: 小屋で怒られた思い出が...
dahanさん、こんにちは♪
「小屋で怒られた」・・・
う〜ん、そのキーワード、どこかで聞いたような??
う〜ん、う〜ん・・・・と思いだそうとするんですけど、浮かべへん・・・。
降参!( ̄〜 ̄;)

「ホリホリ」にのめり込んでるのね〜!
いつか、ザックにマグをジャラジャラぶら下げて弥山小屋の前とかでお店開いてください。
一番に買いますよ!! (⌒▽⌒)/
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1148
2016/6/13 23:23
 お疲れさまです。
ルネさん、こんばんは!
私もこのルートは以前に一度だけ歩いたことがあるのですが
大川口ー鉄山―弥山は迷わずに行けるだろうかと不安でしたが
思ったよりもルートがはっきりしていて、あっさり行けた記憶があります。
西口への沢ルートも2012年の7月にキバラーさんの案内で歩いたのですが
その当時も不明瞭で下りに苦労しました。

そうですね。人が歩けば道になりますね。
たくさんの人が歩く道は歩きやすいですね。
人生もそうですね。人が歩かない道は困難ですね。
行きたい気持ちはありますが躊躇してしまいますね
登録日: 2013/5/15
投稿数: 84
2016/6/14 12:41
 Re: お疲れさまです。
orisさん、こんにちは♪
鉄山・弥山を歩かれたレポ、読ませていただいた記憶がありますよъ(^ー^)

鉄山、弥山ルート、以前の立看板を読むと、やっぱり躊躇してしまうところがあって、なかなか踏み込めませんでした。
初めてスロトレさんに案内してもらい、ガスの中弥山神社に辿り着いた時の感動は今もはっきり覚えています。
以前に比べて歩き易くなったとは言え、険しい道を這い上がり、鉄山を越え弥山に登りついた時の感動は、今も昔も変わらないんでしょうね (⌒ー⌒)

> 人生もそうですね。
むむむ・・・確かに、そうです・・・(^^ゞ

少し、山から離れていらっしゃいました?
これからも山、楽しみましょ!
で、自分なりの山の歩き方、見つけましょ!
(いつも自分に言い聞かせていることです・・(^^ゞ・・)
コメントありがとう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ