ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895171 全員に公開 ハイキング奥秩父

乾徳山

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー hotchili, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
1時間22分
合計
5時間50分
S大平牧場駐車場08:2908:43林道乾徳山南の駐車スペース08:5109:52月見岩10:0110:05扇平10:0610:36髭剃岩10:4710:58乾徳山11:3711:44水ノタル11:4513:16高原ヒュッテ13:2713:35国師ヶ原14:06林道乾徳山南の駐車スペース14:0714:18大平牧場駐車場14:19
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場は、慎重に登れば、問題なし。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

大平(おおだいら)荘の駐車場(800円)よりスタート
2016年06月11日 08:29撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平(おおだいら)荘の駐車場(800円)よりスタート
大平高原の車道から横道に入り、登山口へ近道。
2016年06月11日 08:36撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平高原の車道から横道に入り、登山口へ近道。
1
高原の車道は、この先へも続く。ここに駐車すれば、無料(?)且つ、歩15分程度の登りが不要だった!!
2016年06月11日 08:44撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原の車道は、この先へも続く。ここに駐車すれば、無料(?)且つ、歩15分程度の登りが不要だった!!
1
徳和(バス停)方面からと合流。
2016年06月11日 09:06撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳和(バス停)方面からと合流。
車道(林道)を行っても先で合流するが、歩くなら山道
2016年06月11日 09:07撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道(林道)を行っても先で合流するが、歩くなら山道
林道もこのあたりまでか?
月見岩へ向かう
2016年06月11日 09:12撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道もこのあたりまでか?
月見岩へ向かう
扇平
2016年06月11日 10:05撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇平
2
髭剃り岩
2016年06月11日 10:37撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
髭剃り岩
最初の難所?
2016年06月11日 10:39撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の難所?
こちらを向いた女性は、先の梯子を下りるところ
2016年06月11日 10:40撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらを向いた女性は、先の梯子を下りるところ
二つ目の難所
2016年06月11日 10:44撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の難所
前後に登り客が続き、上部の男性は、待ち切れず左側を下ってみえました
2016年06月11日 10:44撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前後に登り客が続き、上部の男性は、待ち切れず左側を下ってみえました
2
慎重に進む
2016年06月11日 10:46撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に進む
胎内
2016年06月11日 10:50撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内
本日の最難所、杖棄岩(20m)
2016年06月11日 11:04撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最難所、杖棄岩(20m)
1
へっぴり腰ぎみ・・・・
2016年06月11日 11:06撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へっぴり腰ぎみ・・・・
2
実は、この先にもうひと越がある。鎖をつかまなくても行けるが、つかんだほうが簡単。すでに、次の登山者が鎖を使って登攀中のため、使わず。
2016年06月11日 11:06撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は、この先にもうひと越がある。鎖をつかまなくても行けるが、つかんだほうが簡単。すでに、次の登山者が鎖を使って登攀中のため、使わず。
1
到着2031m
2016年06月11日 11:10撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着2031m
1
残念ながら、山頂は雲の中
2016年06月11日 11:10撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら、山頂は雲の中
1
杖棄岩の迂回路から到着(迂回路は、梯子。岩を登った方が、むしろ楽だったそうです)
2016年06月11日 11:12撮影 by PlayMemories Home, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖棄岩の迂回路から到着(迂回路は、梯子。岩を登った方が、むしろ楽だったそうです)
1
迂回路からの同伴者
2016年06月11日 11:13撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路からの同伴者
1
水のタル方面へ
2016年06月11日 11:18撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水のタル方面へ
1
乾徳山北面
2016年06月11日 11:22撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾徳山北面
こちらのピークで小休止
看板「2016m」は、だれかいたずらか?
地図によれば、ここを下りた、水のタルの先を登ったところが2106mの山頂です。
2016年06月11日 11:24撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのピークで小休止
看板「2016m」は、だれかいたずらか?
地図によれば、ここを下りた、水のタルの先を登ったところが2106mの山頂です。
高原ヒュッテ方面へ
忠告通り、大小の岩がごろごろある、下りが続く。
2016年06月11日 11:44撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテ方面へ
忠告通り、大小の岩がごろごろある、下りが続く。
慎重に・・・気を使います
2016年06月11日 11:47撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に・・・気を使います
確かに「あと20分くらい」でした。
ここから、30分かかっちゃった
2016年06月11日 12:43撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに「あと20分くらい」でした。
ここから、30分かかっちゃった
高原ヒュッテ(避難小屋)。
トイレの利用は、靴を脱ぎ、スリッパを使います。
2016年06月11日 13:17撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテ(避難小屋)。
トイレの利用は、靴を脱ぎ、スリッパを使います。
大平方面へ、なんと登りがまだあった
2016年06月11日 13:35撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平方面へ、なんと登りがまだあった
富士山・・・見えず
2016年06月11日 13:42撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山・・・見えず
帰還
2016年06月11日 14:18撮影 by DSC-HX9V , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰還
2

感想/記録

道中から、山頂は曇り。貴重な梅雨の晴れ間、天気予報も晴れなので、期待を膨らまし、向かったが、山頂はガス。時折、市内が望めた。鎖場は、慎重に進めば問題なく、年配のご婦人も登攀されていました。下りは、水のタルから、高原ヒュッテにむかったが、時間も余分、且つ、歩きやす下りとは言えず、登りと同じ道を下ったほうが良かったと思う。
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ