ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900371 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山(青木鉱泉から周回:登りドンドコ沢、下り中道)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー attsun, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道韮崎ICより旧道を経由して青木鉱泉へ。
新道は工事(?)のため通行止めでした。旧道は舗装不完全、凸凹多く落石も随所にあり慎重に行ってください。特に夜の通行は危険かと思われます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間46分
休憩
1時間36分
合計
11時間22分
S青木鉱泉06:0407:25南精進ヶ滝08:25白糸の滝08:4109:00五色の滝09:0409:55鳳凰小屋10:2211:53地蔵ヶ岳12:0212:26アカヌケ沢の頭12:2812:57鳳凰小屋分岐12:5913:22鳳凰山13:4614:03薬師岳14:1314:56御座石16:25林道出合16:51中道ルート登山口16:5317:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
青木鉱泉からの鳳凰三山周回コースに挑戦しました。沢沿いのコースは涼しく要所要所に滝の見どころもあり非常に良いコースでした。オベリスク直下のザレ場の急登はしびれましたが非常に楽しい登山でした。下山ルートの中道は非常に単調なコースの九十九折の連続でした。
コース状況/
危険箇所等
登り:ドンドコ沢→危険個所ありません。道も明瞭です。
下り:中道→ひたすら単調な樹林帯を下る登山道で正直心が折れます。
その他周辺情報青木鉱泉の宿は営業していませんでした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 サンダル ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール

写真

6時前に駐車場に到着しました。まだ駐車スペースに余裕がありました。
2016年06月18日 05:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時前に駐車場に到着しました。まだ駐車スペースに余裕がありました。
2
ドンドコ沢へ向かいます。
2016年06月18日 05:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドコ沢へ向かいます。
こちらで駐車料金750円を前払いします。宿は営業してないようでした。
2016年06月18日 05:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらで駐車料金750円を前払いします。宿は営業してないようでした。
1
沢沿いを進みます。本日の天気は最高です!
2016年06月18日 06:12撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを進みます。本日の天気は最高です!
2
渡渉箇所も何個かありましたが水量は少なく問題ありません。
2016年06月18日 07:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉箇所も何個かありましたが水量は少なく問題ありません。
どんどん登ります。
2016年06月18日 07:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登ります。
沢沿いに滝が何か所かありましあたが五色の滝以外はよりませんでした。
2016年06月18日 07:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに滝が何か所かありましあたが五色の滝以外はよりませんでした。
巨大な石も所々に。
2016年06月18日 07:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な石も所々に。
五色の滝です。落差もありマイナスイオンを振りまいてました!
2016年06月18日 08:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色の滝です。落差もありマイナスイオンを振りまいてました!
振り返るとうっすらと富士山も見えました。
2016年06月18日 09:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとうっすらと富士山も見えました。
地蔵岳山頂が見えてきました。
2016年06月18日 09:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂が見えてきました。
オベリスクが見えてきました。
2016年06月18日 09:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクが見えてきました。
2
地蔵岳直登付近まで沢沿いの緩やかな道を行きます。
2016年06月18日 09:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳直登付近まで沢沿いの緩やかな道を行きます。
1
鳳凰小屋に到着!炭酸を補給しました。ここから約1キロで山頂です。
2016年06月18日 09:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に到着!炭酸を補給しました。ここから約1キロで山頂です。
1
徐々に近づいてきました。
2016年06月18日 10:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に近づいてきました。
1
ザレザレの急登を登ります。足が滑って非常に登りにくかったです。
2016年06月18日 10:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレザレの急登を登ります。足が滑って非常に登りにくかったです。
2
オベリスクの直下にきました。青空に映えますね!
2016年06月18日 11:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクの直下にきました。青空に映えますね!
6
甲斐駒、仙丈ケ岳方面も綺麗に見えてます。
2016年06月18日 11:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒、仙丈ケ岳方面も綺麗に見えてます。
3
信仰の山なんですね!お地蔵様が幻想的でした。
2016年06月18日 11:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信仰の山なんですね!お地蔵様が幻想的でした。
2
今日は周囲がよく見渡せました。
2016年06月18日 11:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は周囲がよく見渡せました。
1
北岳方面!
2016年06月18日 11:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳方面!
1
オベリスク登ってみましたが、巨大すぎて半分程度で諦めました。
2016年06月18日 11:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスク登ってみましたが、巨大すぎて半分程度で諦めました。
2
これから向かう観音岳方面
2016年06月18日 12:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう観音岳方面
1
観音岳へ向かいます
2016年06月18日 12:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳へ向かいます
1
地蔵岳を振り返って。観音岳の登りがそこそこきつかったです。
2016年06月18日 13:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳を振り返って。観音岳の登りがそこそこきつかったです。
3
観音岳に到着!続いて薬師岳に向かいます。
2016年06月18日 13:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳に到着!続いて薬師岳に向かいます。
3
薬師岳に到着。観音岳からは20分もかかりませんでした。写真のバックに北岳が写ってます。
2016年06月18日 14:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に到着。観音岳からは20分もかかりませんでした。写真のバックに北岳が写ってます。
2
薬師岳山頂は非常に広い広場のようなところでした。
2016年06月18日 14:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂は非常に広い広場のようなところでした。
本日は終日良い天気でした。
2016年06月18日 14:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は終日良い天気でした。
3
中道経由で青木鉱泉に戻ります。
しかしこのルートが樹林帯の中の単調なひたすら下りのコースで途中で心が折れかけました。登りで行くのは避けたいコースです。
2016年06月18日 14:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道経由で青木鉱泉に戻ります。
しかしこのルートが樹林帯の中の単調なひたすら下りのコースで途中で心が折れかけました。登りで行くのは避けたいコースです。
ひたすらこんな感じです。
2016年06月18日 14:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすらこんな感じです。
途中に唯一と言ってよい見どころの御座石がありました!写真ではわかりにくいですが巨大です!
2016年06月18日 14:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に唯一と言ってよい見どころの御座石がありました!写真ではわかりにくいですが巨大です!
2
半分以上過ぎたところから笹原の中をひたすら下山していく感じに変わります。
2016年06月18日 15:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分以上過ぎたところから笹原の中をひたすら下山していく感じに変わります。
1
ここで林道に出たかと思ったら違いました。まだ下りがありました。
2016年06月18日 16:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで林道に出たかと思ったら違いました。まだ下りがありました。
1
ようやく本当の中道の取り付きに到着しました。しかし長かったです。
2016年06月18日 16:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく本当の中道の取り付きに到着しました。しかし長かったです。
1
あとはこんな林道を20分程度あるいて青木鉱泉に戻ります。
2016年06月18日 17:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはこんな林道を20分程度あるいて青木鉱泉に戻ります。
3

感想/記録
by attsun

梅雨の晴れ間に鳳凰三山行ってきました。心なしか登られている人も少なかったような気がします。とにかく天気が最高で周囲の南アルプスの山々や八ヶ岳方面など非常にきれいに見えてました。初めて見たオベリスクの巨大さに圧倒されました。昔から信仰されていたのが理解できました。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 ザレ 渡渉 直登 山行 地蔵 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ