ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902876 全員に公開 沢登り奥秩父

【大菩薩】泉水谷大黒茂谷

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー pmon, その他メンバー4人
天候曇りのち時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青梅街道を丹波山村から柳沢峠方面へ向かうと、側道のような分岐がある。これを入ると三条新橋を渡り登山口となる林道ゲートにたどり着く。ゲート前に車7〜8台とめられるスペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間12分
休憩
31分
合計
11時間43分
Sスタート地点05:2805:55小室川下降点06:30大黒茂谷出合06:4011:3015m大滝14:20稜線登山道14:3014:10丸川荘(丸川峠)14:2116:27小室川下降点16:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大黒茂谷出合いまで林道歩き4.5辧ちょっと長いので、アプローチは自転車がおすすめ。大黒茂谷までは舗装道路。
その他周辺情報夜中に青梅街道にローリング族が出没するので、寝不足注意。道の駅「たばやま」に温泉あり。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ザック 行動食 地図(地形図) 携帯 タオル ハーネス ヘルメット 確保機 ディッセンダー 渓流シューズ
共同装備 ロープ ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング

写真

さて、これから登る大黒茂谷の周辺案内図でし。
2016年06月19日 05:29撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、これから登る大黒茂谷の周辺案内図でし。
人が通るのがやっとの林道入り口のゲート。ここからおよそ4.5km先に大黒茂谷出合いがある。
2016年06月19日 05:29撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が通るのがやっとの林道入り口のゲート。ここからおよそ4.5km先に大黒茂谷出合いがある。
魅惑の泉水谷。本流遡行も面白そう!
2016年06月19日 06:00撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅惑の泉水谷。本流遡行も面白そう!
というわけで、出合い到着。林道から出合いまでは明瞭な作業道があり、それを利用して沢床に降りる。
奥に巨岩帯が見える。
2016年06月19日 06:40撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけで、出合い到着。林道から出合いまでは明瞭な作業道があり、それを利用して沢床に降りる。
奥に巨岩帯が見える。
巨岩帯は頑張って水線通しを登る。容易に巻くこともできる。
2016年06月19日 07:08撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩帯は頑張って水線通しを登る。容易に巻くこともできる。
とある巨岩の上から俯瞰。
2016年06月19日 07:11撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とある巨岩の上から俯瞰。
巨岩帯を過ぎると堰堤が現れる。右から越える。
2016年06月19日 07:29撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩帯を過ぎると堰堤が現れる。右から越える。
堰堤を過ぎると、しばしゴーロ歩きとなる。
2016年06月19日 07:29撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を過ぎると、しばしゴーロ歩きとなる。
沢の中の大岩。
2016年06月19日 07:47撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中の大岩。
大岩を過ぎるとゴルジュになる。全部で6〜7個の滝をかける。入口の淵は途中までへつれるが、その先は泳ぐしかなく、やむを得ず左岸から巻く。巻き道はゴルジュ出口まで続いているが、途中で10mの懸垂で沢床に降り、後半の滝を登ることにする。
2016年06月19日 07:51撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を過ぎるとゴルジュになる。全部で6〜7個の滝をかける。入口の淵は途中までへつれるが、その先は泳ぐしかなく、やむを得ず左岸から巻く。巻き道はゴルジュ出口まで続いているが、途中で10mの懸垂で沢床に降り、後半の滝を登ることにする。
ゴルジュを抜けるとゴーロ状になる
2016年06月19日 08:46撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュを抜けるとゴーロ状になる
支沢のスダレ状滝。
2016年06月19日 09:06撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支沢のスダレ状滝。
ちんけな50mナメ…。
2016年06月19日 09:10撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちんけな50mナメ…。
再び大岩。
2016年06月19日 09:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び大岩。
ナメ。
2016年06月19日 09:22撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ。
2段8m。
2016年06月19日 09:24撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段8m。
最初の作業道横断地点。作業道は計3か所横断地点がある。
2016年06月19日 10:01撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の作業道横断地点。作業道は計3か所横断地点がある。
記憶では2mくらいだったのだが…。階段状4m滝。
2016年06月19日 10:05撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記憶では2mくらいだったのだが…。階段状4m滝。
なんとも風変わりな草花。
2016年06月19日 10:58撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとも風変わりな草花。
さて、本日のハイライト!大滝15m出現。遠目で見ると30m位ありそうだが、近づくとやっぱり15mだった。
2016年06月19日 11:30撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、本日のハイライト!大滝15m出現。遠目で見ると30m位ありそうだが、近づくとやっぱり15mだった。
出だしは左岸フェース状を登り中段に上がり、上部は水線を渡るように落ち口に立つ。卦蕁
2016年06月19日 11:42撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは左岸フェース状を登り中段に上がり、上部は水線を渡るように落ち口に立つ。卦蕁
その上の8mナメ。水線左をテケテケ登る。掘楜蕁
2016年06月19日 12:03撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上の8mナメ。水線左をテケテケ登る。掘楜蕁
落ち口から俯瞰。意外と高度感がある。
2016年06月19日 12:07撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口から俯瞰。意外と高度感がある。
最後の10m滝。右のクラックから直登できる。掘楜蕁写真は左岸を巻いているところ。
2016年06月19日 12:21撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の10m滝。右のクラックから直登できる。掘楜蕁写真は左岸を巻いているところ。
さて、大滝を越えると、いよいよ源頭で苔むしたナメ滝なんかが出てくる。
2016年06月19日 12:46撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、大滝を越えると、いよいよ源頭で苔むしたナメ滝なんかが出てくる。
そろそろ終わり?っていうところで右の尾根に逃げ、主稜線の支尾根に抜ける。支尾根上には獣道が続いているので迷わないように尾根上を進むと、やがて登山道に出る。
2016年06月19日 13:23撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ終わり?っていうところで右の尾根に逃げ、主稜線の支尾根に抜ける。支尾根上には獣道が続いているので迷わないように尾根上を進むと、やがて登山道に出る。
あと、もう少しで丸川峠というところで、視界が開け草原状になる。ん〜!癒し系…。
2016年06月19日 14:06撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと、もう少しで丸川峠というところで、視界が開け草原状になる。ん〜!癒し系…。
丸川峠で一息入れ、あとは緩い登山道と長〜い林道歩きで車まで戻る。
2016年06月19日 14:08撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸川峠で一息入れ、あとは緩い登山道と長〜い林道歩きで車まで戻る。
撮影機材:

感想/記録
by pmon

久しぶりに登った大黒茂谷だけど、昨日の深入沢に比べると水量も多く沢らしさを感じる遡行でした。行程が長く、いつもながら車に戻ってくる頃には夕暮れ時でした。
訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ