ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904968 全員に公開 沢登り丹沢

水無川水系 モミソ岩〜モミソ沢(沢登り講習)

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー kamog(CL), yamasemi150
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新茅荘横駐車場
・今日は7台程度駐車していました。
・モミソ沢出合までは徒歩10分
コース状況/
危険箇所等
■モミソ沢
  表丹沢では珍しく小規模ながらゴルジュで構成される。
  遡行距離も短く、水も少しで涸れてしまうので、リーダーがしっかりして
  いれば初心者向きの沢である。
  核心は580mに出てくる3段12m滝の上段(卦蕁棔銑元蕁次砲
  670mに出てくる12m涸棚(落ち口が核心で元蕁砲離ライミングです。
  それより上流部は詰めの5m涸棚以外は平凡な小沢。
  遡行グレード:1級
   ※ただしクライミング力のある程度あるリーダー同行のこと。
    安易な高巻きは落ちれば墜落距離も出るので要注意。

■モミソ沢右岸尾根(ソグラ沢との界尾根)
  概ね植林帯の全体的に太った尾根なので読図力は必須です。
  車を新茅荘に置いたならば、この尾根を下降し、ソグラ沢を右下に見て、
  末端部は495m小ピークの手前の小コルから左側の薄っすら付いた植林作業径路
  を辿り水無川へ。
  徒渉して水無川の左岸を少し歩けば、ソグラ沢出合のちょうど対岸あたりから
  明瞭な径路をジグザグ登れば新茅荘横に出る。

  ディート成分入り虫除けスプレーは個人装備必携です。

■沢登り、クライミング、読図講習等(マウントファーム登山学校)
  http://mt-farm.info/
  遭難対策の視点から基礎技術、理由などを初心者から伝授いたします。

■丹沢エリア限定沢登り記録集(by kamog)
  http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

モミソ岩でトレ中の他会の仲間たち
がんばってね〜
我々はここで沢に必要な基本ロープワーク、懸垂下降(ラペリング)、必要ギア使用上の注意点(正しい扱い方とその理由)を約2時間行ってから入渓しました。
2016年06月26日 11:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミソ岩でトレ中の他会の仲間たち
がんばってね〜
我々はここで沢に必要な基本ロープワーク、懸垂下降(ラペリング)、必要ギア使用上の注意点(正しい扱い方とその理由)を約2時間行ってから入渓しました。
岩場の隣がモミソ沢です
2016年06月26日 11:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の隣がモミソ沢です
入るとすぐに小ゴルジュ帯内に小滝
2016年06月26日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入るとすぐに小ゴルジュ帯内に小滝
楽しい小滝が続きます
2016年06月26日 11:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい小滝が続きます
yamasemiさん初めての沢登りです
2016年06月26日 11:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamasemiさん初めての沢登りです
1
580m3段12m滝の下段を登るyamasemiさん
2016年06月26日 11:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
580m3段12m滝の下段を登るyamasemiさん
核心の一つである上段を登ってくるyamasemiさん
2016年06月26日 12:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心の一つである上段を登ってくるyamasemiさん
なおもゴルジュになっています
2016年06月26日 12:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なおもゴルジュになっています
狭いトイ状棚を登ります
2016年06月26日 12:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭いトイ状棚を登ります
CS小滝
2016年06月26日 12:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CS小滝
落ち口に古くから倒木が架かった2段7m滝は左から巻き登ります
2016年06月26日 12:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口に古くから倒木が架かった2段7m滝は左から巻き登ります
こんな感じ
2016年06月26日 12:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
今日のメインディッシュ
核心の12m涸棚
リードのビレイ練習も兼ねてここはkamogがリード
落ち口の右足がスラブのスメアリングになります
2016年06月26日 12:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のメインディッシュ
核心の12m涸棚
リードのビレイ練習も兼ねてここはkamogがリード
落ち口の右足がスラブのスメアリングになります
1
yamasemiさんも何とか突破〜
2016年06月26日 13:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamasemiさんも何とか突破〜
この先は平凡になるため涸棚上の2m棚から右岸支尾根へ
下に見える涸棚は井戸のよう
2016年06月26日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は平凡になるため涸棚上の2m棚から右岸支尾根へ
下に見える涸棚は井戸のよう
モミソ沢右岸尾根を読図下降し水無川へ下りてきました
2016年06月26日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミソ沢右岸尾根を読図下降し水無川へ下りてきました
対岸に出合うソグラ沢
この沢は中盤に5〜7m級の滝があってそこそ面白いです
2016年06月26日 14:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に出合うソグラ沢
この沢は中盤に5〜7m級の滝があってそこそ面白いです
新茅荘に向かう明瞭な径路を上がる
2016年06月26日 14:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新茅荘に向かう明瞭な径路を上がる
新茅荘が少しで見えてきました
2016年06月26日 14:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新茅荘が少しで見えてきました
駐車場着♪ お疲れ様でした
2016年06月26日 14:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場着♪ お疲れ様でした
撮影機材:

感想/記録
by kamog

梅雨の間の晴れ間。
沢登り初めてのyamasemiさんをお連れして
水無川水系では初心者向けのモミソ沢で講習してきました。
ここは出合が高さ20mほどのモミソ岩(懸垂岩)があり
古くからクライミングというよりも岩登り初心者に使われてきました。
(でもちゃんとルート名が幾つか付けられており最難は5.10bもあるのですよ)
沢登りに必要な基本ロープワーク(エイトノット、エイトノットループ、
クローブヒッチ、ムンターヒッチ、マッシャー等フリクションヒッチ)、
ラペリング(懸垂下降)の手順と事故を起こさないための注意点、
カラビナの種類と正しい使い方、スリングの長所短所など
ギアの基本説明をここで行いました。

軽く行動食を食べいざモミソ沢へ入渓。
滝登り(クライミング)の基本的ムーブをお教えしながら
すぐに水のなくなるゴルジュ小滝をどんどん登りました。
核心の12m涸棚をクライミングしたのち、右岸尾根を目指し
植林帯を登ってから読図下降しました。

今日は少し蒸し暑かったなぁー。
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/3
投稿数: 16
2016/6/27 18:49
 ありがとうございました
Kamog先生
初ロープワーク、初壁よじ登り。壁の中ほどで足場が見つけられず動けなくなった時は正直かなりビビりましたが何とか無事に乗り越えられました。沢登りは山の技術の全てが必要な「総合格闘技」と言うのにはホント納得です。
 慣れ親しんだ丹沢ですが今回は苔むしたゴルジュや滝、湧水といった、将に沢を登った者のみが見る事が出来る光景に出合えて良かったです。
またよろしくお願いします。    yamasemi
登録日: 2005/11/15
投稿数: 470
2016/6/27 19:03
 Re: ありがとうございました
yamasamiさん、梅雨の晴れ間のすがすがしい陽気に恵まれよかったですね。
技術的なことはほんの一握りしか行えませんでしたが
少しずつでも消化していってくださいませ。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ