ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > エイトノット

エイトノット(えいとのっと) / フィギュアエイトノット、8の字結び

最終更新:2015-05-27 12:01 - chusakai
基本情報
クライマーが自身のハーネスにロープをジョイントするための結び方。
以前はボウラインノット(ブーリン結び、もやい結び)が主流であったが、一部危険な(ほどける)使用方法が報告されてから、現在はエイトノットが一般的となった。
ただし、以下の三点をしっかり守っておくこと。
・8の字内の2本のロープが途中で交差していないこと(ねじれていないこと)
・8の字内の2本のロープとも遊びがないこと(きっちり締めてあること)
・締め込んだ段階でロープ末端は最低20cmは出しておくこと

関連する写真リスト

エイトノットで
エイトノット 止め結び
エイトノットも忘れ気味
エイトノットに末端処理。
まずはエイトノットの作り方。

「エイトノット」 に関連する記録(最新3件)

丹沢
  69     25  2 
kamogontheroad, その他2人
2016年11月20日(日帰り)
丹沢
  14   20 
Tamba, その他13人
2016年11月13日(日帰り)
九州・沖縄
  46     14  2 
shyguy, その他1人
2016年11月05日(2日間)
ページの先頭へ