ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > フラットフッティング

フラットフッティング(ふらっとふってぃんぐ)

最終更新:2015-03-23 13:41 - matoyan
基本情報
アイゼンによる雪山歩行方法の1つ。アイゼンを斜面に対してフラットに置く歩き方を指す。

関連する写真リスト

フラットフッティングで登っているのでふくらはぎがパンパン! カリカリな斜面だけれど歩きやすい♪ 向かって左手
フラットフッティングを意識しているつもりだが、正しいのかな。見た目違和感があるような…。
チェーンスパイクは、フラットフッティングで慎重に
小屋を出てほどなくつく、一番の難所。ロープはありますが、右の凍結箇所をアイゼン聞かせて登るのが楽です。ただし、アイゼンの技術が問題。 さっそく、チェーンアイゼンの方がスリップ。 フラットに足をおいて、とアドバイスしたら、滑らずにあがれていました。 というように、フラットフッティングがきちんとできていないと、アイゼンは役に立ちません。
意外と滑りやすい。登りはフラットフッティングすれば行けるけれども降りは滑らない様注意する必要があります(※ここかなり滑ります)

「フラットフッティング」 に関連する記録(最新3件)

関東
  9    16  4 
nyanco228, その他11人
2017年01月22日(日帰り)
大台ケ原・大杉谷・高見山
  39    35 
yos894, その他1人
2017年01月15日(日帰り)
ページの先頭へ