ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905371 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

稲子岳逍遥

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー pochi23
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
2時間21分
合計
4時間40分
Sミドリ池入口09:5810:29こまどり沢 水場10:49ミドリ池10:5310:49しらびそ小屋10:5311:20稲子岳南壁への分岐13:2013:52しらびそ小屋14:0514:17こまどり沢 水場14:34ミドリ池入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 一般道から分かれて稲子岳南壁へは、稲子岳手前の標高2290m小ピークを越えて、少し登り返したあたり、正面に岩場が見えた地点(写真)を右に折れてトラバースしていくのが最もロスがないと思います。
 今回はガスで壁が全く見えなかったこともあり、かなり下側からアプローチしましたが、人跡未踏を思わせる苔に覆われたボルダーと倒木でNG。あちこち歩き回った結果、先のルートでできるだけ壁近くをトラバースするのが良いです。
 一般道の2100m付近からのアプローチも気にしてみましたが、特に際立った踏み跡は見えなかったため、みな適当にアプローチしているのかもしれません。
コース状況/
危険箇所等
今回歩いた稲子岳周辺は、一般コースではないところを歩いています。
その他周辺情報八峰(ヤッホー)の湯(\500)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

林道から直ぐに右手の山道に入り、早速、北八らしい雰囲気となります。
2016年06月26日 10:06撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から直ぐに右手の山道に入り、早速、北八らしい雰囲気となります。
清らかな水の流れが美しい。
2016年06月26日 10:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清らかな水の流れが美しい。
みどり池は静まり返る。
2016年06月26日 10:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みどり池は静まり返る。
1
しらびそ小屋、初めて立ち寄りました。
2016年06月26日 10:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそ小屋、初めて立ち寄りました。
中山峠まで40分の道しるべ。ここから中山峠ヘ上がる一般道を外れ、右手にミドリのロープをくぐって踏み跡を稲子岳南壁方面を目指します。
2016年06月26日 11:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠まで40分の道しるべ。ここから中山峠ヘ上がる一般道を外れ、右手にミドリのロープをくぐって踏み跡を稲子岳南壁方面を目指します。
途中こんな踏み跡が続く。
2016年06月26日 11:27撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中こんな踏み跡が続く。
ようやく左カンテらしい壁が現れました。ガスが濃く壁が見えなかったため、ここへたどり着くのに苦労しました。
2016年06月26日 12:10撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく左カンテらしい壁が現れました。ガスが濃く壁が見えなかったため、ここへたどり着くのに苦労しました。
1
左カンテルートの取り付きです。中央の浅い凹角がラインのようです。
メットとフラットソール持ってきましたが、ガスと小雨で岩が濡れていて今日は中止です。
2016年06月26日 12:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左カンテルートの取り付きです。中央の浅い凹角がラインのようです。
メットとフラットソール持ってきましたが、ガスと小雨で岩が濡れていて今日は中止です。
壁取り付き周辺をあちこち歩き回りましたが、藪岩ルートとして考えれば面白そうなルートはいくつも取れそうです。
2016年06月26日 12:40撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁取り付き周辺をあちこち歩き回りましたが、藪岩ルートとして考えれば面白そうなルートはいくつも取れそうです。
先の道しるべから歩いてた方向を振り返って。
右下から登ってきて、左方向へ壁に沿って踏み跡を辿ります。
2016年06月26日 12:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の道しるべから歩いてた方向を振り返って。
右下から登ってきて、左方向へ壁に沿って踏み跡を辿ります。
先の写真位置より少し道しるべ方向へ戻った地点。
南壁へは奥の方向へ緩やかに登っていく。
2016年06月26日 13:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の写真位置より少し道しるべ方向へ戻った地点。
南壁へは奥の方向へ緩やかに登っていく。
中山峠への一般道へ戻ってきました。霧雨で濡れた苔が鮮やか。
2016年06月26日 13:21撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠への一般道へ戻ってきました。霧雨で濡れた苔が鮮やか。
みどり池に戻ってくると、稲子岳南壁が見えていました。
ようやく薄日が差していました。
2016年06月26日 13:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みどり池に戻ってくると、稲子岳南壁が見えていました。
ようやく薄日が差していました。
1
左カンテは左奥の壁ですね。
2016年06月26日 13:51撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左カンテは左奥の壁ですね。
1
池の水量が少なかったですが、静かで落ち着ける場所でした。
2016年06月26日 13:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の水量が少なかったですが、静かで落ち着ける場所でした。
1
青空が見えてきましたが、すごい積乱雲です。
2016年06月26日 14:02撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えてきましたが、すごい積乱雲です。
駐車場の林道ゲートまで戻ってきました。下は天気がまあまあでした。
2016年06月26日 14:33撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の林道ゲートまで戻ってきました。下は天気がまあまあでした。

感想/記録

 天気がいまひとつのため、近場でちょっと気になっていた稲子岳南壁に遊びに行ってきました。朝起きると八ツにはべっとりと雲が張り付いて、こんな日はたいがい丸一日雲が取れないことが多いため、クライミングルートの取り付きが確認できればラッキー程度。

 みどり池への登山口には十数台の車。そこそこ人が入っているようです。このルートは初めてで山道に入ってすぐに北八ツらしい雰囲気に。写真を撮りながらのんびりと進みますが、途中からは重機が通れる程度の道幅で、石ごろの道になり少々興ざめ。静けさ真っ只中のみどり池を過ぎ、晩秋を思わせるような空模様です。

 中山峠への急登途中から稲子岳南壁へ一般コース外へ。濃いガスと時に霧雨で、こんな状況でもクライマーのコールが聞こえてきます。あちこち歩き回り、壁取り付きの概要が大まか把握できました。天気が良かったら左カンテルートを登ろうとメットとクライミングシューズを持参しましたが、壁が濡れていたので中止しました。このルートには複数パーティが取り付いていた様子でした。戻り路、稲子岳に登りかけましたが、雨で濡れた藪でビッショリになりそうだったのでこれもヤメ。

 下山はあっという間。近くの八峰の湯に立ち寄り帰りました。次回は天気の良い日に登りに来ます。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 林道 積乱雲 コール
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ