ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907356 全員に公開 ハイキング東海

宇連山(東尾根→中上臈→国体尾根)

日程 2016年06月30日(木) [日帰り]
メンバー sht
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
愛知県民の森の駐車場を利用(20時〜7時はゲートクローズで出入りできませんので要注意)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
25分
合計
6時間1分
Sスタート地点08:2709:48東尾根展望台10:11北尾根出合10:1210:38中上臈10:4911:11北尾根出合12:24西尾根出合12:2712:41宇連山分岐12:52宇連山13:0213:12宇連山分岐13:52国体尾根分岐14:23不動滝14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
県民の森内はもちろん、上臈岩・宇連山へのコースも良く整備されていて、迷うところや危険なところはありませんでした(スリッピーな濡れた岩は要注意)

但し、「県民の森」の名称や千mに満たない宇連山の標高とは裏腹の、細かなアップダウンを繰り返す中々ハードなコースです

県民の森ハイキングマップ
http://www.aichi-park.or.jp/kenmin/pdf/hiking_map.pdf

その他周辺情報モリトピアで、11〜15時まで入浴できます(400円)

写真

愛知県民の森が基点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛知県民の森が基点
1
リゾートホテルのような回廊
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リゾートホテルのような回廊
2
Aキャンプサイトを抜けてシャクナゲ尾根に取付きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Aキャンプサイトを抜けてシャクナゲ尾根に取付きます
2
よく整備されていて歩きやすい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されていて歩きやすい道
2
但しアップダウンをいくつも越えるコースです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
但しアップダウンをいくつも越えるコースです
1
とても“遊歩道”とは言えないハードな道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても“遊歩道”とは言えないハードな道
2
スリッピーな濡れた岩は要注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリッピーな濡れた岩は要注意
5
それでも良く整備されていてありがたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも良く整備されていてありがたい
1
尾根コースなので展望は良好
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根コースなので展望は良好
2
東尾根展望台到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根展望台到着
1
この時間帯、宇連山は雲の中ですが〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間帯、宇連山は雲の中ですが〜
2
鳳来寺山には雲がかからず♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山には雲がかからず♪
1
東尾根‐北尾根ジャンクションに到着し、展望地の上臈岩に寄り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根‐北尾根ジャンクションに到着し、展望地の上臈岩に寄り道
3
このコースも良く踏まれていて、テープマークもあり迷いません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースも良く踏まれていて、テープマークもあり迷いません
1
案内表示もありとても参考になります・・ gakukohさん ありがとうございます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内表示もありとても参考になります・・ gakukohさん ありがとうございます
1
今回は中上臈に向いますが、その途中の展望地から鳳来湖と明神山・・クラクラきそうな高度感です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は中上臈に向いますが、その途中の展望地から鳳来湖と明神山・・クラクラきそうな高度感です
7
中上臈に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中上臈に到着
3
鳳来湖と奥に宇連ダム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来湖と奥に宇連ダム
6
朝方より天候回復してくれラッキーでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方より天候回復してくれラッキーでした
5
縦アングルで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦アングルで
5
北尾根を進むと〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根を進むと〜
1
宇連山頂の雲が取れてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇連山頂の雲が取れてきた!
1
こちらは鳶ノ巣山〜高土山のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鳶ノ巣山〜高土山のよう
1
鳶ノ巣山をズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳶ノ巣山をズーム
2
大岩を回り込むと〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を回り込むと〜
4
北尾根展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根展望台
2
静岡県境の浅間山方面でしょうが、雲が厚くてイマイチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静岡県境の浅間山方面でしょうが、雲が厚くてイマイチ
2
エスケープ可能ポイントの大幸田峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エスケープ可能ポイントの大幸田峠
1
そこからもアップダウンが続きます・・等高線に現われないような小さいのも多々あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからもアップダウンが続きます・・等高線に現われないような小さいのも多々あります
2
湿気の多さにまいりながらも西尾根出合に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿気の多さにまいりながらも西尾根出合に到着
1
棚山との分岐に新しい道標あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚山との分岐に新しい道標あり
4
やや遅れ気味ながら宇連山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや遅れ気味ながら宇連山に到着
2
降られなかったのがラッキーで、展望はしょうがないですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降られなかったのがラッキーで、展望はしょうがないですね
2
下山は、西尾根からこちらも初の国体尾根へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は、西尾根からこちらも初の国体尾根へ
2
眺めが良くて気持ちの良い尾根道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めが良くて気持ちの良い尾根道
3
右手には南尾根のギザギザ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には南尾根のギザギザ
1
宇連山が岩の山だということがよく判ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇連山が岩の山だということがよく判ります
2
国体尾根はモリトピアへの最短下山コースのよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国体尾根はモリトピアへの最短下山コースのよう
3
渓流のせせらぎが気持ち良い午後
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流のせせらぎが気持ち良い午後
1
蒸し蒸しにはまいりましたが何とかゲート帰着・・水2L準備しておいて正解でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し蒸しにはまいりましたが何とかゲート帰着・・水2L準備しておいて正解でした
2

感想/記録
by sht

本日は早朝から雲が低く垂れこめる梅雨らしい天気でしたが、予報によれば回復傾向とのことで、奥三河の宇連山に向いました。

コースは初の東尾根・国体尾根を含む周回で、展望地の上臈岩にも寄り道します。
ヤマビルやマダニなどの気になる季節なので、行政がシッカリ管理してくれている安心感もあっての選択です。

「県民の森」の名称からは遊歩道のようなイメージが湧きますが、実際のところの東尾根→北尾根はアップダウンが連続する(等高線に現れない小さいのも多々ある)中々ハードな道。湿度の高さもあって登りはかなりキツく、これからのアルプスシーズンに向けていい負荷になった感じです。

立寄った上臈岩(中上臈)では、クラクラきそうな高度感のある素晴らしい眺めを楽しめ、梅雨の合間にいい山行ができました。
訪問者数:398人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/7/4 20:31
 またおいでください
shtさま、はじめまして!
上瓩緩問、御苦労さまです。
私も7月3日に行きました。少しシダが道にはみ出して来てました。
冬になったらシダの整理をしたいと思います。
上瓩斑罎両纛瓩猟樟椒襦璽箸箜阿両纛瓩覆豹靴燭文どころもできる予定ですので、又お出でください。(g)
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/7/5 7:06
 gakukohさん おはようございます
案内看板だけでなく、登山道の整備もしていただいているのですね!
絶景ポイントを楽しませていただき、本当にありがとうございます。

ルート開拓を含めた3山縦走、お疲れ様でした。ケガも快癒されて何よりです。 私もこのエリアにまた訪問させていただきたいと思います。

コメントいただきありがとうございました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ