ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910155 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢 鉄砲沢〜茅の木棚沢下降

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー snowfield, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
40分
合計
8時間50分
Sスタート地点07:2008:50鉄砲沢09:1013:20茅ノ木棚沢ノ頭14:40茅ノ木棚沢15:0016:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

鍋割峠〜茅の木棚の頭の登山道に落ちてました。
BLACKFLYのサングラス。
お心当たりの人はコメントで連絡ください。
保管しております。
2016年07月04日 12:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割峠〜茅の木棚の頭の登山道に落ちてました。
BLACKFLYのサングラス。
お心当たりの人はコメントで連絡ください。
保管しております。
玄倉林道ゲートの駐車スペース。
まだ余裕あり。熊出没情報の影響?そんなことないか。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲートの駐車スペース。
まだ余裕あり。熊出没情報の影響?そんなことないか。
長い林道歩きも健康のためと思えばなんのその。
鉄砲沢到着。
2016年07月02日 08:59撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道歩きも健康のためと思えばなんのその。
鉄砲沢到着。
山椒の実を採取。
これでまた佃煮ができるぞ。
2016年07月02日 09:22撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山椒の実を採取。
これでまた佃煮ができるぞ。
堰堤、左。
2016年07月02日 09:27撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤、左。
虎ロープの淵。埋まって浅い
ロープはそのうち支点が抜けるだろう。
2016年07月02日 09:29撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ロープの淵。埋まって浅い
ロープはそのうち支点が抜けるだろう。
私は虎ロープ使ってトラバース。
JKさんは腰まで入って、右から。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は虎ロープ使ってトラバース。
JKさんは腰まで入って、右から。
さすがに7月、水温も上がっていて、キンチジミも縮まない。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す さすがに7月、水温も上がっていて、キンチジミも縮まない。
綺麗に削られた緑の支流。
2016年07月02日 09:52撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に削られた緑の支流。
一番の見どころ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 一番の見どころ。
1
特に難しい滝はない。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 特に難しい滝はない。
CSの淵。水中が気持ち良い。
2016年07月02日 09:55撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CSの淵。水中が気持ち良い。
そしてツッパリで。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す そしてツッパリで。
1
日の当たる河原で休憩。
思わず「鉄砲の湯」に入浴。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の当たる河原で休憩。
思わず「鉄砲の湯」に入浴。
1
小滝、ナメ、釜、が続いて飽きさせない。
2016年07月02日 10:36撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝、ナメ、釜、が続いて飽きさせない。
木漏れ日の沢歩き。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木漏れ日の沢歩き。
二俣を左に入ると、さらに左からナメ滝が。
快適そうなので行ってみる。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣を左に入ると、さらに左からナメ滝が。
快適そうなので行ってみる。
その上に6m滝。
左、右を試すが、ボロボロ岩で怖い。戻ってナメ滝もクライムダウン。
※なんと、この滝が核心の滝だった!
何も意識なく、支流の寄り道と思って、戻っちゃった・・・。
2016年07月02日 11:08撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上に6m滝。
左、右を試すが、ボロボロ岩で怖い。戻ってナメ滝もクライムダウン。
※なんと、この滝が核心の滝だった!
何も意識なく、支流の寄り道と思って、戻っちゃった・・・。
戻ってから、右沢を素直につめていくと、最後のルンゼ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 戻ってから、右沢を素直につめていくと、最後のルンゼ。
1
ちょっとムズい。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ちょっとムズい。
ザレルンゼを想定して、アイスハンマー持参。
正解でした。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレルンゼを想定して、アイスハンマー持参。
正解でした。
1
上がった尾根。キレッット状。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 上がった尾根。キレッット状。
1
苔でフカフカのヤセ尾根。
2016年07月02日 11:56撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔でフカフカのヤセ尾根。
うまそうなハンバーガーが落ちていた。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す うまそうなハンバーガーが落ちていた。
2
茅の木棚沢へ下降。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 茅の木棚沢へ下降。
支流のルンゼを降りて、沢床に。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 支流のルンゼを降りて、沢床に。
ナメ滝、懸垂下降。
二人降りたら、ロープ抜けずに回収できず。
途中、確認したんだけどなあ・・・。
登り返して、結局クライムダウン。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝、懸垂下降。
二人降りたら、ロープ抜けずに回収できず。
途中、確認したんだけどなあ・・・。
登り返して、結局クライムダウン。
1
すぐに続いて一番厳しい滝。落ち口の倒木を支点に懸垂。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す すぐに続いて一番厳しい滝。落ち口の倒木を支点に懸垂。
試しに登ってみたが、中間がホールド無く、脆くてヤバい。
ソロは気をつけた方がいい滝だ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試しに登ってみたが、中間がホールド無く、脆くてヤバい。
ソロは気をつけた方がいい滝だ。
1
河原が長く続き、滝がでてくると林道は近い。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 河原が長く続き、滝がでてくると林道は近い。
1
林道の上を流れる出合に到着。
あとはゲートまで1時間半だ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の上を流れる出合に到着。
あとはゲートまで1時間半だ。
お疲れ様でした。
2016年07月02日 16:13撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。

感想/記録

鉄砲沢:ナメ、小滝、釜で楽しく登れる。
    弥七沢よりも小さく、小割沢よりは大きい って感じ。
    玄倉流域の特徴がコンパクトにおさまった沢。    
茅の木棚沢:鉄砲沢に比べると、河原が長いが、同じような地形。

林道歩きのハイカーが多いのにビックリ。
「神奈川の秘境、ユーシン渓谷」という切り口で紹介されだして、散策コースとして人気がでているようだ。16時くらいから奥に向かっていくカップルやファミリーに、ちょっとビックリしました。玄倉ダムは水抜いちゃってるから、ユーシンブルーは見れないのになあ。
訪問者数:160人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ