ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910222 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

早池峰

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー petegari827
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間25分
休憩
32分
合計
8時間57分
S馬留05:0005:38又一ノ滝05:4307:13薬師岳山頂分岐07:13薬師岳07:59小田越08:04小田越山荘08:15小田越08:1708:35御門口09:16御金蔵09:1809:41天狗の滑り岩09:4409:50剣ヶ峰分岐09:5109:53門馬コース分岐09:5409:59早池峰山頂避難小屋10:0310:24門馬コース分岐10:2510:35天狗の滑り岩10:3710:46御金蔵11:12御門口11:27小田越11:2811:33小田越山荘11:4313:36丸木橋渡渉点13:57馬留登山口13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報小田超小屋は峠から少し下ったところにあるので静かです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

馬留
2016年07月03日 04:59撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬留
白い?
2016年07月03日 06:54撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い?
1
薬師手前、稜線に出るがガス
2016年07月03日 06:59撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師手前、稜線に出るがガス
薬師岳山頂
2016年07月03日 07:14撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂
1
小田越管理員小屋
2016年07月03日 08:06撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田越管理員小屋
ハヤチネウスユキソウ
2016年07月03日 08:50撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハヤチネウスユキソウ
1
ガスが切れた
2016年07月03日 09:15撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが切れた
登ってきたルートとその向こうは薬師岳の稜線も見えた
2016年07月03日 10:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたルートとその向こうは薬師岳の稜線も見えた
薬師堂
2016年07月03日 12:46撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師堂
下山
2016年07月03日 13:57撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山

感想/記録

今日は家でおとなしくしている予定が、昨日の夜、曇り降水確率30%に下がったので急遽、天候は良くなくても早池峰にウスユキソウを見にいくことにした。
ルートは、早池峰の南の薬師岳を越えて早池峰を往復することにした。
夜、車を走らせ薬師岳の南側のアスファルトから地道に変るところに駐車して仮眠。
朝起きて、エアリアマップの薬師岳の登山ルートを読むと、今駐車しているところから地道を500m進むと馬留に行けると判ったので、地道をゆっくり走ると馬留があった。もちろん、車はなし。下山しても車がなかったので今日このルートを使ったのは私1人だけだった。
出発して沢沿いを進むと又一の滝。梅雨時期の為、水量豊富でりっぱな滝だった。ルートは、滝の左岸を登っていくと滝の上部はナメがつづいt思わず沢靴に履き替えてズボズボと歩きたくなった。
天気は曇りで予想とおりで、途中 クマに出会わないこと祈りながら登ると薬師岳山頂にでた。風は強くガスっていたのでそのまま小田超まで一旦山を下る。
小田超に着くとバスで来た登山客が多くいた。バスに乗って帰る登山者もいたので早くから登ってもう帰るのかと思った。
早池峰を登りだすと下山してくる登山者とすれ違った。何人か抜かしながら登るとハイ松にかわるころから風が出てきた。同時に雨も混じってきて顔に当る雨が痛い。
どんどん標高を高くすると岩陰で風避けに数人が身を寄せていた。その横を黙々と風に耐えながら登ると突然、ガスが切れて早池峰の山頂が見れたが間も無く再びガスり雨も強くなってきた。途中ですれ違った登山客は風の為、登頂を諦めて下山してきたのだとわかった。途中、ハヤチネウスユキソウの写真を撮りながら風に耐えながらゆっくり登り、やがて頂上直下の岩についたはしごを風で飛ばされないように慎重に超えると、山頂まで0.5Kの看板があった。稜線は風はあまり強くなく庭園のように木道とお花畑が続いていてやがて、早池峰頂上に到着。三角点にタッチして非難小屋の中に入り落ち着く。
小屋の中に自然監視人の方がおられて、今日登頂してきたのは私で7人目だとのこと。山頂で再びがすがきれ南に薬師の稜線が上部だけ望めた。
小屋で簡単に食事してから下山。風は強いがガスが切れてきた。やがて、小田超に着き小田超小屋に入ると立派な小屋だったが、バス停から少し下った山道の中にあるため小屋におられたのはただ一人だけだった。しかも、その人は朝、薬師岳から降りる時にすれ違った大きな三脚を持って登ってこられた人だった。小屋を出る準備をしていると、3人の家族グループが入ってきた。
後は、馬留まで戻るだけ。天気が回復すれば再び薬師岳に登って早池峰を見てみたかったがガスが切れるのはダメだと思ったのでう回ルートをとることにした。
う回ルートなのでアップダウンがあり距離も長い。やがで、日差しが・・・。薬師を登っていれば早池峰が望めたかも?今日は、まだ元気だったので後悔した。
黙々とトラバース道を足元が草付きで滑らないよう注意しながら、漸く又一の滝に出て車に戻った。

訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ