ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 911577 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

弥山・八経ヶ岳 16032

日程 2016年07月06日(水) [日帰り]
メンバー fukuchi36, その他メンバー2人
天候
風:時々微風〜4m/s
気温:出発時・18℃、山頂・17〜18℃(体感)、下山時・22℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 6:00 発 行者還トンネル西口P 8:47 着(立寄り11分含む)
復路:行者還トンネル西口P 17:00 発 泉北 19:38 着(立寄り6分含む)
                   延走行距離:207.8

駐車場:有料(1,000円)、50台前後、有料トイレあり。
    オオヤマレンゲ開花期の土日は早朝に満車になります。

みたらい渓谷沿いのR309(天川川合〜行者還トンネル西口)は工事に伴う通行規制(写真参照)があるのでご注意ください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:12 行者還トンネル西口登山口出発 ー(58分)ー 奥駈道出合 10:19 ー(22分)ー 弁天ノ森 10:46 ー(26分)ー 聖宝ノ宿跡 11:22 ー(44分)ー 弥山小屋 12:29 ー(3分)ー 弥山 12:39 ー(2分)ー 弥山小屋 12:42 ー(26分)ー 八経ヶ岳 13:36 ー(24分)ー 弥山小屋 14:10 ー(38分)ー 聖宝ノ宿跡 14:55 ー(23分)ー 弁天ノ森 15:22 ー(15分)ー 奥駈道分岐 15:44 ー(48分)ー 行者還トンネル西口登山口帰着 16:36

歩行時間:5時間29分(9:12〜16:36)
歩行距離:11.0
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 基本的に危険個所はありません。登山口から奥駈道出合までは標高差≒430mの急登です。ザレ・ガレ・木の根が多いので、特に下山時は転滑落に注意して下さい。

登山ポスト:あり

花の状況:
 オオヤマレンゲは花期終盤です。ナルコユリ・カラマツソウ・バイケイソウが見頃です。サンカヨウが沢山の実をつけています。
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 TN西口駐車場に売店・便所があります。近くに洞川温泉・入之波温泉等があります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

天川川合からのR309は通行規制があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天川川合からのR309は通行規制があります。
1
50付近でシカの親子3頭を見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50付近でシカの親子3頭を見ました。
2
9:12 登山届を提出して出発。桟橋が綺麗になっています。クマの目撃情報が貼ってあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:12 登山届を提出して出発。桟橋が綺麗になっています。クマの目撃情報が貼ってあります。
2
急登に喘ぐこと小一時間・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登に喘ぐこと小一時間・・・
1
・・・やっと奥駈道に出合いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・やっと奥駈道に出合いました。
2
弁天ノ森手前に小さなニカワホウキタケが沢山ありました。サンコタケは見当たりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天ノ森手前に小さなニカワホウキタケが沢山ありました。サンコタケは見当たりません。
2
弁天ノ森の三等三角点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天ノ森の三等三角点です。
バイケイソウが見頃です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウが見頃です。
1
八経ヶ岳・弥山小屋のビューポイントです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳・弥山小屋のビューポイントです。
2
理源大師前で一息入れて・・・急登沿いにショウキランを探すも発見できず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
理源大師前で一息入れて・・・急登沿いにショウキランを探すも発見できず。
1
大普賢岳方面を遠望しながら・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳方面を遠望しながら・・・
1
・・・最後の木製階段に息も絶え絶えです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・最後の木製階段に息も絶え絶えです。
2
弥山小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋が見えてきました。
1
弥山神社にお参りして・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山神社にお参りして・・・
1
・・・八経ヶ岳を背景にパチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・八経ヶ岳を背景にパチリ。
4
古今宿から標高差≒100mを登ると八経ヶ岳山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古今宿から標高差≒100mを登ると八経ヶ岳山頂です。
オオヤマレンゲ自生地柵内にはナルコユリや・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ自生地柵内にはナルコユリや・・・
1
・・・サンカヨウ(結実)・カラマツソウ等が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・サンカヨウ(結実)・カラマツソウ等が。
一年振りのご対面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一年振りのご対面。
6
オオヤマレンゲは花期終盤でしたが、初登頂のLeafさんは大喜びです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲは花期終盤でしたが、初登頂のLeafさんは大喜びです。
2
八経ヶ岳山頂錫杖の向こうに釈迦ヶ岳方面を遠望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳山頂錫杖の向こうに釈迦ヶ岳方面を遠望。
4
日本百名山10座目で初登頂のLeafさんと八経ヶ岳登頂8回目のManaさん。山頂標識の位置が変わっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本百名山10座目で初登頂のLeafさんと八経ヶ岳登頂8回目のManaさん。山頂標識の位置が変わっていました。
3
弥山小屋の向こうに山上ヶ岳・大普賢岳等を遠望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋の向こうに山上ヶ岳・大普賢岳等を遠望。
2
花期終盤で花数が少なくなっていますが、何回見てもいいものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花期終盤で花数が少なくなっていますが、何回見てもいいものです。
4
雨が降り出す前にと気は急きますが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降り出す前にと気は急きますが・・・。
お父さんガンバレ・・・!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お父さんガンバレ・・・!
3
雨の心配も薄れ、八経ヶ岳・弥山ビューポイントで一息入れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の心配も薄れ、八経ヶ岳・弥山ビューポイントで一息入れます。
奥駈道分岐に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈道分岐に到着しました。
1
行者還トンネル西口への下りは本日一番の難所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口への下りは本日一番の難所です。
テルテル姫をザックに付けた山美女二人に背後から終日天気のお礼を・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テルテル姫をザックに付けた山美女二人に背後から終日天気のお礼を・・・。
3
ここまで下ればもう安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで下ればもう安心です。
2
16:36 登山口に無事帰着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:36 登山口に無事帰着しました。
1

感想/記録

 梅雨期の晴れ間を狙ってオオヤマレンゲを見に八経ヶ岳へ出掛ける。筆者は12回目、相方のManaさんは8回目の八経ヶ岳登山であったが、山友のLeafさんは初登頂なので最短ルートの行者還トンネル西口登山口からのピストン山行を選択した。前日にかなり降雨があったようだが、思ったほど足元は悪くなかった。例年なら最盛期のはずのオオヤマレンゲは既に花期終盤であったが、青空に映える純白の花が各所に咲いていた。蕾も若干残っていたのでもう数日は楽しめるであろう。今年はどの花も1週間程度開花が早いようである。Leafさんの日本百名山10座目の八経ヶ岳初登頂を好天のもとでサポートできたのは幸いであった。下山時にテルテル姫を背負った山美女二人と出会い、好天のお礼を言っている内に登山口へ帰着した。青空と四周の眺望に恵まれて、楽しい山行であった。
                            fukuchi36
訪問者数:417人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/29
投稿数: 3600
2016/7/9 19:53
 すれ違ってたんですね〜
fukuchi36さん、今晩は。
ジャガイモ頭の孫の写真があったのでビックリです
天気が良くて青空の下のオオヤマレンゲは滅多に見ることが出来ませんものね〜
また、どこかでお会いした時はよろしくお願いします
登録日: 2013/12/4
投稿数: 34
2016/7/10 0:09
 Re: すれ違ってたんですね〜
jijiさん コメントいただきありがとうございます。
 午後2時半過ぎに擦れ違いました。楽ちん気分の坊やの笑顔にシャッターを押しました。しっかりと歩いているおねーちゃんに直後に出合い、声をかけたところでした。大きなザックを背にして歩いておられたのがjijiさんとは気付きませんでしたが、3世代で登山される様を微笑ましく思いました。
 jijiさんのレコを拝見して昨年10月19日の午後2時頃に奥駈道出合でお会いしたことを思い出しました。奥駈道縦走中で水不足のために当日弥山小屋に泊る予定だと仰っていました。その後9日ほど山歩きを続けられたと知り、大いに驚いたことを覚えています。
                              fukuchi36
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ