ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913107 全員に公開 ハイキング中国

熊山(板場池〜本四連繋線 車峠)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー ymiyake
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
頂上へ向かう車道、山陽道少し北の 広くなった路肩に駐車(車峠からここへ降りてくる予定)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
14分
合計
4時間8分
Sスタート地点09:2511:58熊山12:02熊山遺跡12:1512:19熊山12:2013:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
板場池コース。久しぶりでした。途中からテープが見つけられずに、間違えて藪漕ぎ。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

最初は車道。
2016年07月10日 09:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は車道。
まだ残っていました。
2016年07月10日 09:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ残っていました。
2
川の音を聞きながら。
2016年07月10日 09:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の音を聞きながら。
ここから山道に入ります。この付近青ゲラの大きい鳴き声がして樹上を飛び交っていました。そう思ってみてみると、木々に巣のような穴がたくさん。
2016年07月10日 09:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山道に入ります。この付近青ゲラの大きい鳴き声がして樹上を飛び交っていました。そう思ってみてみると、木々に巣のような穴がたくさん。
2
砂防ダムの先の岩ゴロゴロ。雨の後で水が多い。
2016年07月10日 09:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの先の岩ゴロゴロ。雨の後で水が多い。
どこから対岸に取りつくのか思いだせず、ウロウロ。
2016年07月10日 10:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから対岸に取りつくのか思いだせず、ウロウロ。
ここから取りつくとテープがたくさん。
2016年07月10日 10:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから取りつくとテープがたくさん。
1
川に沿って。
2016年07月10日 10:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川に沿って。
1
途中からテープを見失う。
2016年07月10日 10:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からテープを見失う。
板場池を目指していくと道にでた。
以前は池の南側にまっすぐに来たんだが、今回は池の北側へ出た。
2016年07月10日 10:49撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板場池を目指していくと道にでた。
以前は池の南側にまっすぐに来たんだが、今回は池の北側へ出た。
1
板場池。本当に久しぶりに来てみたらこんなことになっていた。
2016年07月10日 10:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板場池。本当に久しぶりに来てみたらこんなことになっていた。
2
池の南側の道をたどる。
2016年07月10日 11:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の南側の道をたどる。
1
すぐに工事の林道になる。
2016年07月10日 11:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに工事の林道になる。
1
ため池改修工事とのこと。まもなく終わっても、池までこの広い道は残るんでしょうね。
2016年07月10日 11:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ため池改修工事とのこと。まもなく終わっても、池までこの広い道は残るんでしょうね。
大滝山からの車道と合流。ここから頂上まで車道歩き。
しばらく行って、杖を忘れたことが分かり、引き返す。
2016年07月10日 11:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山からの車道と合流。ここから頂上まで車道歩き。
しばらく行って、杖を忘れたことが分かり、引き返す。
1
頂上から。ほかに数組いらっしゃいました。
水道で顔と手を洗ってすっきりしてから弁当。
2016年07月10日 12:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から。ほかに数組いらっしゃいました。
水道で顔と手を洗ってすっきりしてから弁当。
1
熊山駅最短コース。ここから段谷分岐です。
2016年07月10日 12:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊山駅最短コース。ここから段谷分岐です。
2
車道出会いの少し先から右へ。本四連繋線。
2016年07月10日 12:54撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道出会いの少し先から右へ。本四連繋線。
鉄塔を3つ過ぎる。
2016年07月10日 12:58撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を3つ過ぎる。
車峠(くるまががお)から右へ。
2016年07月10日 13:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車峠(くるまががお)から右へ。
イノシシ柵を開けて。
2016年07月10日 13:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イノシシ柵を開けて。
1
車道のここへ。車着。
2016年07月10日 13:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道のここへ。車着。
1

感想/記録

○3年ぶりくらいの板場池でした。テープを見落としたり、杖を忘れて採りに戻ったり。気温はそれほどでもなかったのですが、湿度が高くて参ってしましました。
○前回お茶をもっていって、汗をかきすぎて、家に帰ってから足がつって大変だったので、今回はポカリ(粉を溶かすタイプ)を指定の濃度で1.5L(氷をたくさん入れて)と冷凍したお茶0.5Lをもっていきました。合計2Lが丁度良かったです。(本当に汗をよくかきます。) 
○バナナ、せんべい、梅干し入りおにぎり2個。
訪問者数:153人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 イノシシ 藪漕ぎ 砂防ダム
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ