ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916235 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走積丹・ニセコ・羊蹄山

ニセコ連山全山日帰り縦走【岩内道の駅から】

日程 2016年07月14日(木) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候曇り / 上の方はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩内道の駅に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
17時間19分
休憩
39分
合計
17時間58分
Sスタート地点02:4704:07雷電温泉口BS04:1004:53朝日温泉04:5706:41前雷電山06:4406:57雷電山08:01岩内岳08:0509:13目国内岳09:1810:14新見峠10:50白樺山11:57シャクナゲ岳12:0212:52チセヌプリ12:5413:46ニトヌプリ13:5014:31イワオヌプリ(山頂標識)15:05ニセコ町五色温泉インフォメーションセンター16:14ニセコアンヌプリ16:55五色温泉野営場17:0118:40神仙沼レストハウス駐車場18:4320:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
全工程歩き
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

まだ暗い道の駅を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ暗い道の駅を出発
2
トンネルの中を進む
3.5kmもある長いトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの中を進む
3.5kmもある長いトンネル
2
朝日温泉入り口に到着
ようやく夜が明けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日温泉入り口に到着
ようやく夜が明けた
2
積丹方向を眺める
気持ちがいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積丹方向を眺める
気持ちがいい!
9
朝日温泉
ここから登山道に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日温泉
ここから登山道に入る
4
少し登って後ろを振り返ると…、素晴らしい景色!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って後ろを振り返ると…、素晴らしい景色!
5
でも上の方はガスが出ていて風も強そう…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも上の方はガスが出ていて風も強そう…
2
雷電山に到着
真っ白で何も見えないし風も強いので通過するだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷電山に到着
真っ白で何も見えないし風も強いので通過するだけ
3
ほんの少しだけ花も咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの少しだけ花も咲いていた
ガスの中をひたすら進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中をひたすら進む
五つ沼
ガスでよく見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五つ沼
ガスでよく見えない
岩内岳山頂
やっぱり風が強くて寒い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩内岳山頂
やっぱり風が強くて寒い
17
国内岳方向を見上げる
コルまで下ると視界はいいのだけど、上の方はやっぱりガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国内岳方向を見上げる
コルまで下ると視界はいいのだけど、上の方はやっぱりガス
途中の池に癒された
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の池に癒された
3
目国内岳山頂
真っ白…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目国内岳山頂
真っ白…
5
前目国内方向へ続く道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前目国内方向へ続く道
ガスの下に岩内の街が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの下に岩内の街が見えた
2
新見峠に一旦下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新見峠に一旦下山
2
白樺山へ続く稜線
やっぱり上の方はガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺山へ続く稜線
やっぱり上の方はガス
1
白樺山山頂
通過するだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺山山頂
通過するだけ
7
真っ白で写すものがない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白で写すものがない…
1
シャクナゲ岳より先は濡れた岩で滑りやすいところも多かった
一度大きく転んでしまいひどい目にあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ岳より先は濡れた岩で滑りやすいところも多かった
一度大きく転んでしまいひどい目にあった
2
チセヌプリ山頂で記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チセヌプリ山頂で記念撮影
14
また車道と合流
次にニトヌプリへの登りが始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また車道と合流
次にニトヌプリへの登りが始まる
イワオヌプリが近づくと白い石が増えてくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオヌプリが近づくと白い石が増えてくる
1
イワオヌプリへの登り
しつこいけどやっぱりガス…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオヌプリへの登り
しつこいけどやっぱりガス…
1
五色温泉
どんよりしていてさみしい雰囲気だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色温泉
どんよりしていてさみしい雰囲気だった
1
アンヌプリへ登っているときに一瞬だけガスが晴れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンヌプリへ登っているときに一瞬だけガスが晴れた
1
アンヌプリ山頂
寒いので写真を一枚写してすぐに下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンヌプリ山頂
寒いので写真を一枚写してすぐに下山
11
最後は車道を戻る
岩内まで28km、遠いね…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は車道を戻る
岩内まで28km、遠いね…
5
黙々と車道を進む
この頃には岩内岳(正面右側)の上の方にかかっていたガスも晴れていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と車道を進む
この頃には岩内岳(正面右側)の上の方にかかっていたガスも晴れていた
1
岩内の街まで戻った時には夜になってしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩内の街まで戻った時には夜になってしまった
9

感想/記録

ニセコの山々を縦走してみた。

周回コースが組めないニセコの山々を単独で縦走する場合、下山後に車の回収をどうするかが悩ましいところ。自転車や電車・バスを利用する方法もあるけど準備が面倒だったり時間の制約があったりして僕にはちょっと利用しにくい。なので今回はシンプルに五色温泉から車道を歩いて駐車場所まで戻る計画とした。

まずは岩内道の駅から約15km歩いて朝日温泉を目指す。朝日温泉からはほぼ一本道の縦走路をひたすら五色温泉まで歩いて行く。五色温泉からはアンヌプリを往復。最後は車が置いてある岩内道の駅まで約28km車道を歩いたり走ったりしながら戻る。
全行程約82kmのうち約半分が車道歩きという登山なのか何なのかがよくわからないルートとなってしまった。五色温泉からの戻りは時間と体力を無駄に使うより、やっぱり自転車を使った方が良かったかも。

天気は稜線から上はガスと強風。ひたすら真っ白な中を進むという修行のような山行だった。もう少しいい天気を予想していただけに少し残念。ただ風のおかげか虫がいないし涼しいしで、その点は超快適な山行だった。

この日は約6リッターの水を背負った。幸い風が強く涼しかったおかげで途中でなくなってツラい思いをしなくて済んだ。それでもギリギリ足りた感じ。少しでも暑かったら絶対に量が足りなかったような気がする。五色温泉まで行けば自販機があったのでそれを利用するのもありかもしれない。

このルートは車道歩きが多いためトレラン用の軽量な靴を履いていった。しかしこれは大失敗だった。まったく防水性がない靴のため登山道に入った直後から濡れたブッシュで靴の中までビショビショになってしまいめっちゃ不快だった。

距離は長いけどニセコの山々をフルに満喫出来るなかなかいい感じのルートだった。それにこの日は結局5組ぐらいとしかスライドせず超静かな山歩きを堪能できた。
今度は天気のいい日にまたいつか歩こうと思う。
訪問者数:712人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/5
投稿数: 164
2016/7/15 20:44
 絶句
80km・・・^^;
イワオヌプリとアンヌプリだけで一杯一杯だった
自分からするとおそろしい距離ですね
お疲れ様でした!
登録日: 2014/1/11
投稿数: 67
2016/7/16 0:08
 Re: 絶句
こんにちは!

体力的にはまだまだ大丈夫だったのですが、
下山後に約30キロ車道を歩くというのは精神的にしんどかったです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス コル 一本 白樺 シャクナゲ 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ