ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917273 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

2週間前のリベンジ・鳳凰三山

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー tsktty
天候稜線まで霧と小雨、稜線上は晴れ時々霧、下山時は雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間35分
休憩
16分
合計
11時間51分
S青木鉱泉駐車場05:3006:11中道ルート登山口06:58林道出合09:31御座石10:54薬師岳10:5511:42観音岳(鳳凰山)11:4512:15鳳凰小屋分岐12:1613:00赤抜沢ノ頭13:0113:19地蔵ヶ岳13:2614:08鳳凰小屋14:1015:11白糸の滝15:1217:21青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

4時30分出発の予定が、二度寝をしてしまい、寝坊。
5時30分出発。
昨晩通ってきた林道を戻ります。
2016年07月16日 05:34撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時30分出発の予定が、二度寝をしてしまい、寝坊。
5時30分出発。
昨晩通ってきた林道を戻ります。
1
昨晩は、手前から来て右に行きましたが、今日は、右から来て左の砂利道へと進みます。
2016年07月16日 05:37撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨晩は、手前から来て右に行きましたが、今日は、右から来て左の砂利道へと進みます。
1
沢の水が綺麗〜
2016年07月16日 06:01撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水が綺麗〜
1
登山道入り口。
少し登ったところで、いきなり道間違え。
後ろの方にお教えいただき感謝です。
2016年07月16日 06:14撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。
少し登ったところで、いきなり道間違え。
後ろの方にお教えいただき感謝です。
1
笹の間を登っていきます。
2016年07月16日 06:58撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の間を登っていきます。
1
右にテント場みたいなところ、発見。
2016年07月16日 07:01撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にテント場みたいなところ、発見。
笹の道、続きます。
2016年07月16日 07:29撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の道、続きます。
あと3時間、ずっと登り。
2016年07月16日 08:07撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと3時間、ずっと登り。
苔生した所が気持ちいい。
2016年07月16日 08:20撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生した所が気持ちいい。
新しい葉が伸びてます。自然の息吹を感じますね。
2016年07月16日 08:28撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい葉が伸びてます。自然の息吹を感じますね。
登山道入り口から3時間15分。やっと御座石。
めちゃくちゃ汗をかいていたので、ここでしばし休憩するも寒くなってきましたので、さっさと体を温め汗をかきに出発。
2016年07月16日 09:31撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口から3時間15分。やっと御座石。
めちゃくちゃ汗をかいていたので、ここでしばし休憩するも寒くなってきましたので、さっさと体を温め汗をかきに出発。
なかなか森林限界が来ない中、上空はスカッと晴れ間が見えてきました!
これを見るとテンションが上がります。
2016年07月16日 10:24撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか森林限界が来ない中、上空はスカッと晴れ間が見えてきました!
これを見るとテンションが上がります。
3
いい感じになってきたぁ〜
2016年07月16日 10:31撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じになってきたぁ〜
白砂が眩しい。
2016年07月16日 10:51撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂が眩しい。
3
燕岳のイルカちゃんを思い出させてくれますねぇ〜
2016年07月16日 10:59撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳のイルカちゃんを思い出させてくれますねぇ〜
2
薬師岳に到着。
ちょっとガスってきた。
2016年07月16日 10:59撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に到着。
ちょっとガスってきた。
4
北岳の方向。
向こうからガスが沸いてきてます。
2016年07月16日 11:06撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の方向。
向こうからガスが沸いてきてます。
3
観音岳方面。
ガス、切れてよ〜
2016年07月16日 11:08撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳方面。
ガス、切れてよ〜
2
北岳方面、ガスがどんどん沸いてきます。
2016年07月16日 11:26撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳方面、ガスがどんどん沸いてきます。
観音岳まで、もう一息。
2016年07月16日 11:33撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳まで、もう一息。
1
観音岳に到着。
2016年07月16日 11:42撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳に到着。
3
遠くに地蔵岳のオベリスクが見えます。
2016年07月16日 11:44撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに地蔵岳のオベリスクが見えます。
1
観音岳の山頂は、団体さんが来ていて混雑。
集合写真の撮影をお手伝い。
私は少し先でオベリスクを鑑賞しながら昼食。
2016年07月16日 11:53撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳の山頂は、団体さんが来ていて混雑。
集合写真の撮影をお手伝い。
私は少し先でオベリスクを鑑賞しながら昼食。
3
甲斐駒はなかなか姿を現してくれません、、、、、
2016年07月16日 12:01撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒はなかなか姿を現してくれません、、、、、
赤抜沢ノ頭に登って、また下って、賽の河原、そしてやっと地蔵岳ですね。
2016年07月16日 12:21撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭に登って、また下って、賽の河原、そしてやっと地蔵岳ですね。
3
ぐぐっと下って一度樹林帯に張ります。
2016年07月16日 12:29撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐぐっと下って一度樹林帯に張ります。
赤抜沢ノ頭までもう一息。
赤抜沢ノ頭を右に曲がらなくてはいけないところを、注意をしないとまっすぐ行ってしまいますよ。
2016年07月16日 12:32撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭までもう一息。
赤抜沢ノ頭を右に曲がらなくてはいけないところを、注意をしないとまっすぐ行ってしまいますよ。
後ろを振り返って、観音岳。
2016年07月16日 12:45撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返って、観音岳。
1
近づいてきてます。
オベリスクの天辺はどんなところなんだろぉ〜
2016年07月16日 12:51撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてきてます。
オベリスクの天辺はどんなところなんだろぉ〜
1
賽の河原に到着。
2016年07月16日 13:08撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原に到着。
近くで見ると、最上部の尖がりが意外と低く見えます。
2016年07月16日 13:10撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くで見ると、最上部の尖がりが意外と低く見えます。
1
前のお二方が登りに行ってます。
では、私も登ってみましょっと。行ける所までね。
2016年07月16日 13:14撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前のお二方が登りに行ってます。
では、私も登ってみましょっと。行ける所までね。
3
途中にあった祠。
2016年07月16日 13:17撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあった祠。
行けるところまで行って、テッペンの写真を撮るとこんな感じ。
実際、この先はほぼ垂直です。
このテッペンが地蔵岳の山頂2764メートルのようです。普通の人が山頂に行くのは難しいですね。
2016年07月16日 13:24撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行けるところまで行って、テッペンの写真を撮るとこんな感じ。
実際、この先はほぼ垂直です。
このテッペンが地蔵岳の山頂2764メートルのようです。普通の人が山頂に行くのは難しいですね。
3
山頂を離れて、さぁ下山。
2700メートルから1090メートルまでずっっっっっと下ります。コースタイムは5時間20分。それじゃあ19時じゃないか。
2016年07月16日 13:37撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を離れて、さぁ下山。
2700メートルから1090メートルまでずっっっっっと下ります。コースタイムは5時間20分。それじゃあ19時じゃないか。
2
2週間前に強風のため、敗退したのはこの辺だったかな。
2016年07月16日 13:39撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2週間前に強風のため、敗退したのはこの辺だったかな。
振り返るとオベリスクはガスの中に消えていってしまいました。
2016年07月16日 13:45撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとオベリスクはガスの中に消えていってしまいました。
南アルプスの水量は豊富。
利根川水系に頼っている東京東部の住民にとってはうらやましい限りです。
2016年07月16日 17:10撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの水量は豊富。
利根川水系に頼っている東京東部の住民にとってはうらやましい限りです。
よっしゃぁ〜、明るいうちに戻ってきました。
下山のタイムは4時間。やれやれ、、、、
青木鉱泉の施設は、現在人手不足のため休業中。施設の営業を手伝ってくれる方を募集中だそうです。
2016年07月16日 17:22撮影 by DMC-TZ55, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よっしゃぁ〜、明るいうちに戻ってきました。
下山のタイムは4時間。やれやれ、、、、
青木鉱泉の施設は、現在人手不足のため休業中。施設の営業を手伝ってくれる方を募集中だそうです。
1

感想/記録
by tsktty

2週間前の7月3日にドンドコ沢から登りましたが、強風のため砂地獄の途中で敗退しました。今回はそのリベンジです。
ドンドコ沢の滝は前回見たので、今回は中道コースからの登りでドンドコ沢下山の周回としました。
稜線に出るまでは霧と雨でしたが、稜線上では好天に恵まれ、昨年登った燕岳や甲斐駒ケ岳のような白い砂がとっても眩しく、初めての鳳凰三山を楽しめました。
訪問者数:493人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 森林限界 ガス 林道 テン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ