ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917598 全員に公開 ハイキング京都・北摂

梅雨明け知らすヒグラシの声 深山・舩谷山

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー nack74_sg
天候午前早い時間に梅雨前線通過
雨は早めに止んだものの
前線に伴う雲でやや不安定な気候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:JR亀岡駅からバス 土ヶ畑口BSまで
帰り:るり渓温泉から送迎バス 能勢電鉄日生中央駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
2時間6分
合計
6時間0分
S土ヶ畑口バス停08:5809:17土ヶ畑バス停09:37深山登山口09:4110:55深山11:0711:28船谷山11:4211:58深山13:3414:58るり渓温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口からのルートは一般的なハイキングコース。

下山に使った東への下りルートは一部不明瞭で余りオススメできないかも。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

亀岡運動公園バスターミナルで
ふるさとバスに乗り換え。
絶賛梅雨前線通過中。
2016年07月17日 08:17撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀岡運動公園バスターミナルで
ふるさとバスに乗り換え。
絶賛梅雨前線通過中。
バス内より。
雨は上がったものの
田園風景の背後は煙る山々。
2016年07月17日 08:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス内より。
雨は上がったものの
田園風景の背後は煙る山々。
2
赤線繋ぎのため土ヶ畑口BSで降車。
府道をブラブラ歩き土ヶ畑の集落が見えてきた。
2016年07月17日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤線繋ぎのため土ヶ畑口BSで降車。
府道をブラブラ歩き土ヶ畑の集落が見えてきた。
先程まで乗っていたバス。
ここは終点土ヶ畑。
2016年07月17日 09:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程まで乗っていたバス。
ここは終点土ヶ畑。
集落から府道を登って交差点。
左折するとR173。
登山口は直進すぐ。
2016年07月17日 09:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落から府道を登って交差点。
左折するとR173。
登山口は直進すぐ。
こちらが深山登山口になっております。
2016年07月17日 09:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが深山登山口になっております。
1
瑠璃渓ゴルフ場の脇を登ります。
2016年07月17日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑠璃渓ゴルフ場の脇を登ります。
最初は割と急坂。
2016年07月17日 09:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は割と急坂。
雨上がり、
粘土状の地質は滑りやすい…
2016年07月17日 10:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がり、
粘土状の地質は滑りやすい…
1
至る所にあった能勢電標石。
地主さん…?
2016年07月17日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所にあった能勢電標石。
地主さん…?
さほど長くない急坂を登りきると
一面ススキ原、
知ってたけど白い。
2016年07月17日 10:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さほど長くない急坂を登りきると
一面ススキ原、
知ってたけど白い。
最初のピーク。
深山山頂へは
何個かのピークを越えるようです。
2016年07月17日 10:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のピーク。
深山山頂へは
何個かのピークを越えるようです。
1
随分の高さまで伸びてきている
笹の青草分け行って。
2016年07月17日 10:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随分の高さまで伸びてきている
笹の青草分け行って。
何個目かのピーク。
ちょっと休憩。
2016年07月17日 10:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何個目かのピーク。
ちょっと休憩。
管理道路に出てきます。
こっから舗装路歩き。
2016年07月17日 10:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理道路に出てきます。
こっから舗装路歩き。
京都・大阪府境沿いです。
2016年07月17日 10:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都・大阪府境沿いです。
唐突なスローガン。
このあとも何個かw
2016年07月17日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐突なスローガン。
このあとも何個かw
1
霧の中のレーダー雨量観測所。
裏手が山頂になります。
2016年07月17日 10:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の中のレーダー雨量観測所。
裏手が山頂になります。
1
深山宮に到着。
お辞儀。
2016年07月17日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山宮に到着。
お辞儀。
2
御神体は石。
これはこれで幻想的。
2016年07月17日 11:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神体は石。
これはこれで幻想的。
2
鳥居の向うに三角点。
2016年07月17日 11:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居の向うに三角点。
1
展望?
なんのことですか。
2016年07月17日 11:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望?
なんのことですか。
1
ピークををトラバースして
北西を下り
しばらく雑木林を行きます。
2016年07月17日 11:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークををトラバースして
北西を下り
しばらく雑木林を行きます。
緩いアップダウンの後
20分程で舩谷山。
2016年07月17日 11:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩いアップダウンの後
20分程で舩谷山。
2
知る人ぞ知る
三府県交点。
2016年07月17日 11:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
知る人ぞ知る
三府県交点。
1
右脚:京都、左脚:大阪、右手:兵庫。(多分)
やらなければいけない気がしたので。
2016年07月17日 11:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右脚:京都、左脚:大阪、右手:兵庫。(多分)
やらなければいけない気がしたので。
1
ピストンで再び深山山頂へ。
まだ白いねぇ。。
2016年07月17日 11:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピストンで再び深山山頂へ。
まだ白いねぇ。。
舩谷山方面を振り返る。
ちょっとマシになった…か?
2016年07月17日 12:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舩谷山方面を振り返る。
ちょっとマシになった…か?
吹き上げる上昇気流や予報図を見つつ
これは霧は早めに晴れるのではと予測。
案の定天王の集落が見えてきました。
2016年07月17日 12:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き上げる上昇気流や予報図を見つつ
これは霧は早めに晴れるのではと予測。
案の定天王の集落が見えてきました。
1
遠望とは行きませんが
近くの山並みが見えてきました。
半国山方面。
2016年07月17日 12:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠望とは行きませんが
近くの山並みが見えてきました。
半国山方面。
3
真ん中、
大船山も顔を覗かせてくれました。
2016年07月17日 12:56撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中、
大船山も顔を覗かせてくれました。
2
先ほどの天王集落方面。
右奥にはうっすらと白髪岳も。
2016年07月17日 12:56撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの天王集落方面。
右奥にはうっすらと白髪岳も。
1
大野山。
2016年07月17日 13:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野山。
3
弥十郎ヶ嶽。
2016年07月17日 13:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥十郎ヶ嶽。
3
舩谷山から庫坂峠。
奥に多紀アルプスも見えてます。
2016年07月17日 13:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舩谷山から庫坂峠。
奥に多紀アルプスも見えてます。
2
こちらは北方面。
丹波はまだまだ深い。
2016年07月17日 13:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北方面。
丹波はまだまだ深い。
1
南はまだまだ見通しが良くないですが
中山連山と東六甲がうっすらと。
2016年07月17日 13:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南はまだまだ見通しが良くないですが
中山連山と東六甲がうっすらと。
2
鳶もくるりと輪を描き始めました。
2016年07月17日 13:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳶もくるりと輪を描き始めました。
1
少し戻り山頂を振り返る。
2016年07月17日 13:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻り山頂を振り返る。
1
774mピークまで戻ってみます。
剣尾山・横尾山を背後に
谷は土ヶ畑、手前はゴルフ場。
2016年07月17日 13:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
774mピークまで戻ってみます。
剣尾山・横尾山を背後に
谷は土ヶ畑、手前はゴルフ場。
2
ゴール予定のるり渓温泉も目視できます。
2016年07月17日 13:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール予定のるり渓温泉も目視できます。
1
更に前のピークにも人が。
2016年07月17日 13:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に前のピークにも人が。
2
ハイキングコース、管理道路の選択肢もありましたが、
右折して東斜面を降りることに。
一応下調べはしてたんですけどねぇ。。
2016年07月17日 13:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコース、管理道路の選択肢もありましたが、
右折して東斜面を降りることに。
一応下調べはしてたんですけどねぇ。。
1
まだこのあたりも植林はなく
地形を確認しつつ踏み跡頼りに行きます。
2016年07月17日 13:57撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだこのあたりも植林はなく
地形を確認しつつ踏み跡頼りに行きます。
2
途中で道が切れたので引き返し、
地理院地図に載っている道へ出るため
笹漕ぎする羽目に。
2016年07月17日 14:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で道が切れたので引き返し、
地理院地図に載っている道へ出るため
笹漕ぎする羽目に。
1
なんとか出てこれました。
ここからは地図通りに下りられます。
2016年07月17日 14:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか出てこれました。
ここからは地図通りに下りられます。
鹿がやたらいた山道を下りきって
ネットを開閉し下界へ。
2016年07月17日 14:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿がやたらいた山道を下りきって
ネットを開閉し下界へ。
1
…ん
ゴルフ場内に出てきてしまった。。
2016年07月17日 14:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…ん
ゴルフ場内に出てきてしまった。。
1
何個か出口がありましたが施錠されており、
仕方なく車両出入り口から出させてもらいました。
掃雲峰も回りたかったですが、
山頂で時間を取ったので今回は割愛。
2016年07月17日 14:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何個か出口がありましたが施錠されており、
仕方なく車両出入り口から出させてもらいました。
掃雲峰も回りたかったですが、
山頂で時間を取ったので今回は割愛。
1
ブラブラと歩きるり渓温泉到着。
日生中央まで無料バスはほんと有難いです。
2016年07月17日 14:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラブラと歩きるり渓温泉到着。
日生中央まで無料バスはほんと有難いです。
振り返って。
右手前が下りてきた741峰、
深山山頂はその奥ですね。
左奥2つのピークは先程見下ろしたところかな。
2016年07月17日 15:00撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
右手前が下りてきた741峰、
深山山頂はその奥ですね。
左奥2つのピークは先程見下ろしたところかな。
1

感想/記録

色々ありましたが、
しばらく山頂に留まり
強風に煽られ霧が晴れていくさまは
来てよかったと感じ入ったひと時。

丁度次の日梅雨明け宣言が出され、
霧が晴れて間もなく大合唱を始めたヒグラシが
それを告げたとか出来杉くんやねw


訪問者数:196人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ