ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918619 全員に公開 ハイキング関東

荒船山紀行

日程 2016年07月09日(土) [日帰り]
メンバー shaichan, その他メンバー13人
天候
アクセス
利用交通機関
東武東上線鶴ヶ島駅西口からチャーターマイクロバスを往復利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
27分
合計
5時間18分
Sスタート地点08:3410:06星尾峠10:1310:42荒船山10:4610:56経塚入口11:37相沢分岐11:41艫岩11:5711:59荒船山避難小屋13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨の影響で各所でスリップに注意した。
一箇所特に危ない所がありました。(文中写真で紹介)
その他周辺情報荒船の湯
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 このような雨天の山行にはヘルメットの携行も必要かも。

写真

バスを降り歩き始める。
2016年07月09日 08:40撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを降り歩き始める。
乗用車であれば荒船不動尊まで上がれるが、大型のマイクロの為、林道入り口から歩いた。
2016年07月09日 08:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗用車であれば荒船不動尊まで上がれるが、大型のマイクロの為、林道入り口から歩いた。
荒船不動尊
2016年07月09日 09:21撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船不動尊
ヤマボウシの花が満開。
2016年07月09日 10:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマボウシの花が満開。
橋を渡ると木片が滑り大変危険山側を注意しながら歩いた。
2016年07月09日 10:18撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると木片が滑り大変危険山側を注意しながら歩いた。
荒船山最高峰、行塚山頂上 1422.5m
2016年07月09日 10:44撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船山最高峰、行塚山頂上 1422.5m
皇朝最古修武之碑。
ここで昼食をとった。
2016年07月09日 11:11撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇朝最古修武之碑。
ここで昼食をとった。
何も見えない荒船山頂上 1356m。
2016年07月09日 11:44撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えない荒船山頂上 1356m。

感想/記録

7月山行は当初予定していました浅草岳から西上州の荒船山に変更になりました。
以下は山行幹事から寄せられた荒船山山行記です。
7/9 荒船山 山行記 (手書き文章を原文のまま)
例年になく遅い台風発生の影響か、終日雨の予報で、登れるか、止めた方がいいか、
ギリギリ登山口まで悩みました。でも とりあえず行こうと、14名、心持浮かない
足取りで歩きだしました。雨足は気にならない程度だったり、やたら本降りに
なったり、足元悪く、荒船不動尊から星尾峠まではモクモクと、樹林帯の中、
合い間をみて束の間に昼食をほおばり、何とか展望台のトモ岩まで頑張りました。
ガスで真っ白でしたが、おぼろげに切り立った岩壁が目の前にあり、晴れていれば
今すごい所に立っているのがわかりました。下山も滑りやすい悪路続きを何とか
クリアー。荒船の湯で少しは気分も爽やかさを取り戻し、各々打ち上げの宴に
ひたりました。印象薄!の一日となってしまいましたが、是非晴れた日にスリリングさを味わってみたいと思いました。個人的にお疲れ様でした。 
訪問者数:449人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 山行 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ