ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919649 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

稲子岳南壁を貸切り、左カンテルート

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー pochi23, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
1時間11分
合計
7時間35分
S唐沢鉱泉10:0011:13渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐11:1711:55黒百合ヒュッテ12:1212:16中山峠13:10左カンテルート取付13:2514:45左カンテルート終了14:5715:00稲子岳頂上稜線15:1816:00中山峠16:05黒百合ヒュッテ16:1016:43渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐17:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルート上は浮石が多く十分な注意が必要。
ナチュラルプロテクション類は有効。

写真

木漏れ日の中を稲子岳へ向けて出発です。
2016年07月18日 10:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中を稲子岳へ向けて出発です。
黒百合ヒュッテ、今日はいい天気です。
パラソルがいかにも夏を思わせます。
2016年07月18日 11:57撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ、今日はいい天気です。
パラソルがいかにも夏を思わせます。
天狗の奥庭方面も良い雰囲気です。
2016年07月18日 11:58撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭方面も良い雰囲気です。
中山峠からみどり池方面へ登山道を10分ほど下り、稲子岳南壁へアプローチします。
2016年07月18日 12:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠からみどり池方面へ登山道を10分ほど下り、稲子岳南壁へアプローチします。
左カンテルート取付より。
1P目、右寄りの赤いハーケン側から入りましたが-位。多くの人が靴噺世辰討い襪里如右から入らない方が良いのですかね。
2016年07月18日 13:15撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左カンテルート取付より。
1P目、右寄りの赤いハーケン側から入りましたが-位。多くの人が靴噺世辰討い襪里如右から入らない方が良いのですかね。
2P目、カンテというイメージはないですが。薫焚爾任后
2016年07月18日 13:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目、カンテというイメージはないですが。薫焚爾任后
3P目、中央チムニーを登り上部で左に抜けるのが一般的なようです(ハンガーボルト2本あり、-くらい)。チムニー左壁にボルトが1本あり、今回そちらを登りました(,5.7)。
2016年07月18日 13:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目、中央チムニーを登り上部で左に抜けるのが一般的なようです(ハンガーボルト2本あり、-くらい)。チムニー左壁にボルトが1本あり、今回そちらを登りました(,5.7)。
中央やや下に、しらびそ小屋が見えています。
2016年07月18日 13:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央やや下に、しらびそ小屋が見えています。
4P目、あのてっぺんまで行くんでしょうか。
2016年07月18日 14:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4P目、あのてっぺんまで行くんでしょうか。
3P目のチムニーを見下ろす。
2016年07月18日 14:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目のチムニーを見下ろす。
4P目を一気に登り終えました。途中浮石だらけでロープとの接触による落石を誘発注意です。岩峰に上がる部分がやや悪い(犬△襪ないか)。ただしここは若干脆く浮いているホールドがあり注意。ピンはハーケン3本、うち1本は効きが甘い。
2016年07月18日 14:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4P目を一気に登り終えました。途中浮石だらけでロープとの接触による落石を誘発注意です。岩峰に上がる部分がやや悪い(犬△襪ないか)。ただしここは若干脆く浮いているホールドがあり注意。ピンはハーケン3本、うち1本は効きが甘い。
1
稜線が目の前です。正面にクラックが走る小岩峰があったのですが、壁横に真っすぐほぼ水平に草付きに踏み跡あり、ここで終わることにしました。この状況で、今さら左の小さな壁をルートとしているなんて思わなかった。
2016年07月18日 14:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が目の前です。正面にクラックが走る小岩峰があったのですが、壁横に真っすぐほぼ水平に草付きに踏み跡あり、ここで終わることにしました。この状況で、今さら左の小さな壁をルートとしているなんて思わなかった。
岩峰上に終了点があるとのことで、折角なのでガチャ一式を背負って運動靴のまま最終ピッチのクラックをひとり登りました。左下が切れ落ちていてちょっと緊張(+)。
2016年07月18日 14:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰上に終了点があるとのことで、折角なのでガチャ一式を背負って運動靴のまま最終ピッチのクラックをひとり登りました。左下が切れ落ちていてちょっと緊張(+)。
右手の壁も結構大きい。
2016年07月18日 14:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の壁も結構大きい。
柵に沿って、明瞭な踏み跡を中山峠へ向かって。
2016年07月18日 15:17撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵に沿って、明瞭な踏み跡を中山峠へ向かって。
1

感想/記録

 先月末に稲子岳南壁を偵察してきましたが、折角覚えてきたアプローチを忘れてしまう前にということで、左カンテルートを登ってきました。無積雪期の八ヶ岳では初のクライミングとなりました。

 この3連休は天気に翻弄された感じでしたが、今日はすっきり良い天気です。賑わっている唐沢鉱泉を少し外れれば、ぐっと静かな山道。黒百合ヒュッテに到着すれば日差しが強くいかにも夏山。

 左カンテルートの取り付きまではスムーズ。時間が遅かったため壁は貸切り。
 1P目の出だしが若干悪く(-)感じましたが以降ほとんど歩きに近いレベル。ビレーポイントがところどころあり、適当にピッチを切ります。
 3P目はチムニーを登るのが一般的なようですが、その左壁がスッキリしていて面白そうだったため(ハンガーボルト1本あり)、今日はそのラインを登りました(,5.7)。フォローの妻はチムニーから登ってきましたが犬△襪ないか程度とのこと。
 4P目は浮石の多い岩尾根を歩き、岩峰に上がります(-、一部脆い)。途中、バンドを左側のルンゼに沿うように進むのか(奥にボルトが見える)、右横へ回り込むのかちょっと悩みましたが、右へ回り込んでみるとハンガーボルトが打ってあり、こちらがメインということが分かりました。
 4P目を登り終えると、目の前が稜線で草付きを辿れば良いだけ。ここであっけなく終了、ガチャ物を整理して妻が先に稜線へ。終了点の頭上岩峰に終了点があるとのこと、わざわざ目の前の小岩峰をルートとしていることが分かりました。ガチャ全てを背負って運動靴のままですが、あとあと悔いの無いよう、ややワイドのクラックを登って終了しました(+)。ここは左下が切れ落ちているので、ちょっと緊張しました。ここまでロープをつけて登ってきてわざわざ最後にソロというのも馬鹿げていると自らを笑ってしまいました。

 帰り道、黒百合ヒュッテも唐沢鉱泉も静まり返っていました。

 久しく本チャンから離れていましたが(前回がいつだったのか記憶にない)、天気が良かった事もあり気持ちよく登れました。1時間半にも満たないショートルート、かつ浮石が多いのは難点ですが、たまにはこんな一日も良いものです。
訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/11/23
投稿数: 21
2016/7/21 13:59
 プチ・クライミング楽しそうですね。
八ヶ岳でクライミングというと、冬壁の入門ルートやアイスクライミングのイメージでしが、無積雪期の八ヶ岳でもクライミングができるんですね。
でも、やはり浮石が多そうですね。 
八ヶ岳に近いからこんなクライミングも思いつくままにできていいですね。
登録日: 2015/7/13
投稿数: 32
2016/7/21 22:56
 Re: プチ・クライミング楽しそうですね。
こんばんは。
私も八ヶ岳=冬というイメージでした。今回の稲子岳は、私がクライミングを始めたころ(今から30年以上前ですが)は登山体系には記載があるが、ボロ壁で登る人はまれと聞いていました。近年は西上州のボロ壁も同じですが、こんな壁を登ろうという人が再び出てきているようです。大同心も10aくらいで登れるようですが、写真を見ると脆そうで気が引けちゃうんですよね。ちなみに、今回のルートより子持の獅子岩の方が楽しかったですよ。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ