ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920807 全員に公開 沢登り日高山脈

ポンヤオロマップ川南西面直登沢〜南東面直登沢

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー kudo2012(SL), Fumiya2012(CL), hazuki2012r(SL)
天候1日目:晴れ〜曇り
2日目:曇り〜雨
3日目:小雨〜曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東尾根登山口への林道はゲートが閉まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間45分
休憩
1時間5分
合計
8時間50分
Sゲート05:4007:35ペテガリ東尾根登山口08:0008:30入渓地点09:40Co435二股10:2012:00F1下13:00F1上14:30C1
2日目
山行
12時間40分
休憩
15分
合計
12時間55分
C104:3504:55大滝下07:10大滝上10:15ポンヤオロマップ岳10:3016:45南東面直登沢出合17:30C2
3日目
山行
4時間20分
休憩
25分
合計
4時間45分
C204:4507:00ペテガリ東尾根登山口07:2509:30ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7/16 晴れ〜曇り
ゲート(5:40)東尾根登山口(7:35-8:00)入渓地点(8:30)Co435二股(9:40-10:20)Co500F1下(12:00)F1上(13:00)C1(14:30)
東尾根登山口まで車が入れると思っていたら、歴舟川本流沿いの林道との分岐でゲートが閉まっていた。仕方なく車を止めて入山。ひたすら林道を歩いてペテガリ東尾根登山口まで。登山口からポンヤオロマップ川の左岸には踏み跡があり30分ほど歩く。最初に沢が東西に大きく屈曲する所を越えた所で入渓。綺麗な渓相。しばらく単調な河原歩き。所々ゴルジュが現れるがいずれも通過は容易。左右の棚状を捲いたり泳いだりして通過していく。Co435の二股、沢がゴルジュ状になる手前で釣りを試みるが成果無し。しばらく特に何もない。南東面直登沢出合を過ぎて、Co500付近のゴルジュ状にF1。F、ロープ引っ張って泳ぎ、水流際の右岸から取り付く。右岸直登する。滝上に抜けてザイルFixする。後続のK氏トライするも越えられず右岸捲く。H氏トライ、1手ゴボウで惜しいが突破。なんだかんだで1h程ここにいた。Co515の函滝は泳いで中を突破。その後もゴルジュが続いて泳いだりしながら突破していく。Co680の大滝手前まで進めたがあまり良いテンバがないため、手前の二股まで戻って左股に入り、少し進んだところの河原でC1。すぐ先には20m程の直瀑が流れ落ちている。


7/17 曇り〜雨
C1(4:35)大滝下(4:55)大滝上(7:10)ポンヤオロマップ岳(10:15-10:30)南東面直登沢出合(16:45)C2(17:30)
本流に戻ってCo680、多段80m大滝まで。1段目、シャワークライム。2段目右岸バンド状を登る。3~5段目まで適当にノーザイルで直登していく。最上段手前はザイル出してK氏トップで左岸直登。左岸の灌木の生えたテラスまで。20m程。最上段Fトップで直登する。出だしバンド状を登っていくが、岩が脆く逆層でやや悪い。落ち口直下は水流をもろに浴びながら右岸に渡って直登。ザイルFixして後続も直登する。大滝後の15m〜20m程の滝は右岸のルンゼを詰めて捲く。その後ナメ滝などが続く。70m規模のナメ滝もあり快適に直登していく。その後も滝が続くが適当に登っていく。最後は藪漕ぎもなくポンヤオロマップ岳西コル付近の夏道に出る。ピークを踏んで、少し夏道を進んだところから南東面直登沢に下降する。上部はかなり急な草付き斜面でジグを切りながら下っていく。ほどなく岩盤状になり滝や段差が現れ、捲いたりクライムダウンしながら下降していく。Co900付近の30m程の滝は右岸をab。その後も滝のcdやabの連続。Co800付近にゴルジュ地形側壁にかかる40m程の大滝。左岸をab1p、40mぎりぎりで降りる。その後もab,cdを繰り返す。Co600あたりで2段の40m大滝。左岸をab、2psで降りる。その後は傾斜が緩くなりいくつか函や小滝が現れるのみで南東面出合に出る。しばらく河原を歩くが時間切れでCo440付近の河原でC2。

7/18 小雨〜曇り
C2(4:45)東尾根登山口(7:00-7:25)ゲート(9:30)
河原歩き。函は適当に捲いたりしながら来た道を戻る。登山口からは延々と林道を歩いて下山。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ポンヤオロマップ川下部の河原を歩く。
2016年07月16日 09:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポンヤオロマップ川下部の河原を歩く。
F1、泳いで取り付き右岸を直登する。
2016年07月16日 12:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1、泳いで取り付き右岸を直登する。
F1、フォロー
2016年07月16日 12:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1、フォロー
ここは泳いで直登。
2016年07月16日 13:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは泳いで直登。
Co515函Fも泳いで直登
2016年07月16日 13:30撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co515函Fも泳いで直登
ゴルジュ、滝が続く。
2016年07月16日 13:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ、滝が続く。
Co680、80m大滝。上部は見えない。
2016年07月17日 05:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co680、80m大滝。上部は見えない。
1段目直登
2016年07月17日 05:04撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1段目直登
大滝を直登していく。
2016年07月17日 05:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝を直登していく。
1
最上段の手前、左岸のテラスまでザイル出して登る。
2016年07月17日 05:43撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最上段の手前、左岸のテラスまでザイル出して登る。
1
左岸テラスから大滝最上段を登る。左岸バンド状を落ち口直下へ向かう。
2016年07月17日 06:20撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸テラスから大滝最上段を登る。左岸バンド状を落ち口直下へ向かう。
1
大滝最上段の抜け口は水浴びしながら。
2016年07月17日 06:41撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝最上段の抜け口は水浴びしながら。
大滝後の15m~20mF
2016年07月17日 07:44撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝後の15m~20mF
その後も70mほどのナメ滝などが続き登っていく。
2016年07月17日 07:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も70mほどのナメ滝などが続き登っていく。
集合写真
2016年07月17日 10:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集合写真
2
南東面沢に下降する。かなり急。
2016年07月17日 10:44撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東面沢に下降する。かなり急。
Co800付近の40m大滝。左岸をab1p,40m。
2016年07月17日 14:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co800付近の40m大滝。左岸をab1p,40m。
Co600付近2段40m大滝。下段を懸垂下降する。
2016年07月17日 16:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co600付近2段40m大滝。下段を懸垂下降する。
1

感想/記録

雪渓は南西面直登沢のCo900付近に残骸があるのみで他は無かった。

下降した南東面直登沢は渓相は汚いがスケールの大きな滝が連続する。
ab多数で時間かかった。7-8回ほどabした。

林道長い。
訪問者数:595人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ