ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925982 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

初めての燕岳

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー Gipfel, その他メンバー7人
天候cloud/rain
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
2時間20分
合計
9時間20分
S中房温泉登山口06:0006:40第1ベンチ07:10第2ベンチ07:2007:40第3ベンチ09:10合戦小屋09:4009:50合戦山(合戦沢ノ頭)10:20燕山荘10:5011:00いるか岩11:10めがね岩11:20燕岳11:3011:40めがね岩11:50いるか岩12:00燕山荘13:0013:30合戦山(合戦沢ノ頭)13:40合戦小屋13:50富士見ベンチ14:10第3ベンチ15:20中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉からスタート
富士見ベンチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ
花崗岩が目立ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩が目立ってきた
1
合戦小屋の謂れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋の謂れ
クルマユリでいいのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリでいいのかな?
1
上り坂がなだらかになってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り坂がなだらかになってきた。
晴れてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた!
2
燕山荘
まぶし過ぎる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘
まぶし過ぎる!
5
北鎌と硫黄尾根
登りたい…!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌と硫黄尾根
登りたい…!
4
気持ちの良い稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線
3
イルカ岩とコマクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩とコマクサ
3
燕山荘に戻ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻ってきた。
昼食を終え、下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食を終え、下山開始
1
富士見ベンチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ

感想/記録
by Gipfel

北アルプスへは何回か行ったことがあるものの、
常念山脈は一昨年に一回だけ蝶ヶ岳を目指したものの、風が強く断念したキリだった。
今回は、北アルプスの麓に住んでいる知人に誘ってもらい、ピストンで燕岳へ登ることになりました。

仕事を終えて、車を走らせて山梨で知人を拾い、麓に一泊しました。
早朝に中房温泉まで車を走らせていくと、既に第三駐車場が埋まりそうなレベルでした。

車を停めた場所から登山口までは1kmほどありました。
それぞれ別々の車で来たので、登山口の中房温泉で集合しました。

登り始めるとスグに渋滞が始まりました。
普段は少人数で登りますが、今回は大人数だったので、できるだけペースを合わせるように気をつけました。

序盤から急登だったので、第一ベンチで息を整えてから先へ進みました。
人酔いする程の盛況ぶりで、譲ってもらうべきか、むしろこちらが後続を譲るか難しいところでした。

第二ベンチを過ぎ、第三ベンチでも休憩をしました。
富士見ベンチはスルーして、地面に花崗岩が増えてくると合戦小屋でした。

合戦小屋では名物のスイカを頂きました。
よく冷えていて美味しかったです!

ここから少し登ると三角点のある合戦沢の頭でした。
ガスが掛かっていなければ、ここから燕山荘が見えるそうです。
今回は残念ながら、その姿を見ることはできませんでした。

急坂が終わり、なだらかな登りになりトラバース地点には階段やクサリの手すりがありましたが、難所はありませんでした。

稜線にあがると高瀬川を挟んで向こう側は晴れていました。
訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ