ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926062 全員に公開 ハイキング奥秩父

金桜神社から金峰山古道の旅〜初めてのテント泊

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー okamo413
天候曇り
アクセス
利用交通機関
甲府市森林浴広場から通行止めの林道を歩いていきます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
30分
合計
10時間0分
S甲府市森林浴広場08:0010:50造林記念碑11:0012:20水晶峠12:3014:20片手廻し岩16:40五丈石16:5017:00金峰山18:00金峰山小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に金峰山の道標あり。その後、造林記念碑までは道標なし。テープあり。造林記念碑からは道標もあり、ルートも除草されていました。御室小屋後から五丈岩まで、はしごあり、くさりあり、ロープあり、重いザックでは少しきついなあと思いました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック
備考 ラジオ

写真

テントの中で、4時頃から、早く夜が明けないかなあと思っていました。
2016年07月24日 05:23撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントの中で、4時頃から、早く夜が明けないかなあと思っていました。
2
五時頃、この広場に車が一台停まりました。テントの外に出ると、イワナ釣りのおじさんがいました。
2016年07月24日 05:23撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五時頃、この広場に車が一台停まりました。テントの外に出ると、イワナ釣りのおじさんがいました。
1
通行止めの林道を歩きます。歩いて行くと金峰山の道標があります。
2016年07月24日 08:14撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めの林道を歩きます。歩いて行くと金峰山の道標があります。
1
道標を上がっていくと、防火帯があり、コンパスを使って歩いていきます。
2016年07月24日 09:20撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標を上がっていくと、防火帯があり、コンパスを使って歩いていきます。
1
道標です。
2016年07月24日 10:52撮影 by D5788, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標です。
1

感想/記録

23日(土)19:30頃、寝ました。テントの中は意外に暖かいなあと感じながら。沢を流れる水の音だけの世界です。
24日(日)3時頃、目が覚めましたが、早いのでもう少し寝ました。4時に起きました。外が明るくなってきたので、外へ出ました。誰もいません。またテントに入りました。5時頃、この広場に車の音がしました。外に出てみると、イワナ釣りのおじさんがいました。こんにちはと挨拶しました。おじさんは45年、このあたりでイワナ釣りをしているとのことでした。今日は、午前中釣って帰ると言っていました。沢に下りれるのと聞くと、下りれるとのこと。水がなくて困ってたというと、この辺の水はきれいだよと答えてくれました。ところで、どこに行くのかときかれたので、金峰山までと答えると、あの道は誰も歩かないから、熊が出るよ、俺も去年でかい熊にあったと言っていました。気を付けてと言われました。
10分くらいおじさんと話をして、沢へ水をくみに行きました。広場に帰ってくるとおじさんはいませんでした。朝食は、チーズぞうすいです。ガスでお湯を沸かし、ご飯とぞうすいの素を入れて出来上がり。おじさんと話したことでほっとして、のんびりしています。コーヒーも入れ、マドレーヌを食べました。
ゆっくり食事をして、再び沢へ顔を洗いに行きました。帰ってきて、テントを畳みました。
さあ、出発です。8時です。通行止めの林道まで歩きます。林道をひたすら進んで行きます。どこに取り付きがあるのだろう、熊に遭いませんようにと歩いて行きました。道の左に、金峰山の道標がありました。急坂を上がってみると、防火帯に出ました。ナビとコンパスで方向を確認して、上がってい行きます。真っ直ぐ上がっていくと、1709.0を登ってしまうので、注意しながら。テープがありました。左に少しくだりました。テープを目印に歩いて行くと、10:53に造林記念碑に着きました。
ここからは、ルートも除草されていて、テープも多く、歩きやすかった。ただし、ブヨが多く、虫よけスプレーを何度もふりかけて、歩きました。
12:25水晶峠。13:09御室小屋跡。昼食兼ねて、20分くらい休憩。
小屋跡からはきつい登りが待っていました。鎖、はしご、ロープも随所にあり、荷物が重いので少しきつい。疲れもあって、なかなか前に歩けません。
片手回し岩に着いたのは14:23。五丈岩は遠いなあと思いました。16:46、五丈岩です。やっと付きました。誰もいません。少し休んで、金峰山。
金峰山小屋はもう少し先から下りると思いこんでいました。何も考えずに金峰山から、朝日だけの方へ30分歩きました。下り口が見つかりません。地図を見ました。やってしまいました。30分引き返しました。金峰山小屋に着いたのは18時過ぎ。綺麗な小屋でした。前日は満員だそうです。今日は僕を含め8人でした。ビールを飲んで食事をして20時前に床に着きました。
僕の目的の金峰山古道の旅は金峰山まで来たので、満足です。ありがとうございました。
追伸:写真は撮ったのですが、ヤマレコの残量がなく、掲載できません。ごめんなさい。

訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ