ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929934 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

西平尾根の支尾根を二本ばかり歩いてみた

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー yasuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
人見入橋の袂、墓地入り口の小さな空き地に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
1時間0分
合計
4時間56分
Sスタート地点06:4008:33大遠見山09:0309:26西平山09:3110:46奥秩父線34号鉄塔11:1111:19柏木橋バス停11:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■大遠見山北尾根
危険個所は特に無し。それなりに歩かれてる様で踏み跡がある。ただしそれは標高650m辺りの林道までで、以後山頂までは藪がちになり、踏み跡も疎ら。林道から尾根に復帰するためのルートも無い。

■西平山北東尾根
2年前に下った隣尾根も含め、3本中最も危険な尾根だった。標高630m付近の岩場は、ロープ無しだと危ない。標高550m辺りで尾根の流れのままに進むと、更に危険な岩場を下る事になる。これはルートミスなので要注意。以後は特に危険個所無し。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

人見入林道のバリケードが置かれた所から、踏み跡が対岸へ続いていた。こいつを辿ってみる。
2016年07月31日 06:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人見入林道のバリケードが置かれた所から、踏み跡が対岸へ続いていた。こいつを辿ってみる。
18
対岸には道型が在った。林道開通前の旧道だろか。それとは別に斜面を登る踏み跡が在ったので、そちらへ行ってみた。これよく見たら、ブロックパターンのオフロードタイヤ痕だった。こんな所まで進入してるのか。
2016年07月31日 06:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸には道型が在った。林道開通前の旧道だろか。それとは別に斜面を登る踏み跡が在ったので、そちらへ行ってみた。これよく見たら、ブロックパターンのオフロードタイヤ痕だった。こんな所まで進入してるのか。
6
左手に巨岩が横たわる。やっぱこの辺は岩稜基調なのかな。
2016年07月31日 06:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に巨岩が横たわる。やっぱこの辺は岩稜基調なのかな。
8
前方に二つのピークが見えて来た。左がP476の様なのでそちらへ。右は地形図にも表れないただのコブだった。
2016年07月31日 07:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に二つのピークが見えて来た。左がP476の様なのでそちらへ。右は地形図にも表れないただのコブだった。
4
尾根に乗ってP476へ。里山だけあって、この辺は頻繁に人が入っている雰囲気。
2016年07月31日 07:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗ってP476へ。里山だけあって、この辺は頻繁に人が入っている雰囲気。
8
暫く進んで500m峰。なんと通せん棒が置かれてた。杣人に必要とは思えないから、同好の士によるものか? 自分以外にもこんな所を歩く物好きが居るんだな。
2016年07月31日 07:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く進んで500m峰。なんと通せん棒が置かれてた。杣人に必要とは思えないから、同好の士によるものか? 自分以外にもこんな所を歩く物好きが居るんだな。
23
通せん棒に従い、左に折れて急斜面を下る。
2016年07月31日 07:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通せん棒に従い、左に折れて急斜面を下る。
4
はっきりと道が在る所も。
2016年07月31日 08:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりと道が在る所も。
3
唯一の障害物はこの岩だけだった。窪んだ所を簡単に乗り越えられる。
2016年07月31日 08:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の障害物はこの岩だけだった。窪んだ所を簡単に乗り越えられる。
8
林道にぶつかる。ここが一番厄介な所。尾根復帰のルートが無いから、這い登って正面突破!
2016年07月31日 08:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にぶつかる。ここが一番厄介な所。尾根復帰のルートが無いから、這い登って正面突破!
9
林道から上はあまり歩かれてない様だ。灌木を避け尾根を外して歩く所も在る。山頂直下は広尾根で踏み跡も疎ら。
2016年07月31日 08:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から上はあまり歩かれてない様だ。灌木を避け尾根を外して歩く所も在る。山頂直下は広尾根で踏み跡も疎ら。
5
山頂着。前回からもう2年も経つのか。恐ろしいほど早く感じる。ここは居心地良くて30分も長居してしまった。
2016年07月31日 08:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着。前回からもう2年も経つのか。恐ろしいほど早く感じる。ここは居心地良くて30分も長居してしまった。
19
この景色にはちょっと衝撃を受けた。武川岳から山伏峠へ続く尾根に、林道らしき横線が見える。3年前にあそこを下った時は林道なんて無かった筈。いつの間に出来たんだ。
2016年07月31日 09:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色にはちょっと衝撃を受けた。武川岳から山伏峠へ続く尾根に、林道らしき横線が見える。3年前にあそこを下った時は林道なんて無かった筈。いつの間に出来たんだ。
33
西平山。5分ほど休んで発つ。
2016年07月31日 09:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西平山。5分ほど休んで発つ。
5
数分歩くと通せん棒が置いてあった。林道がU字に囲ってる為だった。
2016年07月31日 09:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分歩くと通せん棒が置いてあった。林道がU字に囲ってる為だった。
3
南側に林道へ下りる経路あり。
2016年07月31日 09:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側に林道へ下りる経路あり。
3
ここから西平尾根の続き。でもここは行かない。
2016年07月31日 09:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから西平尾根の続き。でもここは行かない。
3
すぐ北のミラーの裏辺りに尾根が下ってる筈。
2016年07月31日 09:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ北のミラーの裏辺りに尾根が下ってる筈。
9
ちょっと草藪を掻き分けてみたが、ここからの進入は無理そう。
2016年07月31日 09:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと草藪を掻き分けてみたが、ここからの進入は無理そう。
5
17写真の所に戻り、ここから回り込んで尾根に乗る事にした。
2016年07月31日 09:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17写真の所に戻り、ここから回り込んで尾根に乗る事にした。
6
尾根に乗った所から林道方向。垂直壁になっていた。一番短い所でも3m位ある。無理に進入しないで良かったー。
2016年07月31日 09:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗った所から林道方向。垂直壁になっていた。一番短い所でも3m位ある。無理に進入しないで良かったー。
8
ちょっと視界が開けた。下に集落が見える。人見自治会館の辺りだな。
2016年07月31日 09:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと視界が開けた。下に集落が見える。人見自治会館の辺りだな。
15
こんな岩下りがあってしんどい尾根だ。広角レンズのためスケール感が伝わらないが、正面は10m位の垂直壁。左のもう少し低い所から下りたけど、ロープ無しは危険だった。
2016年07月31日 09:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩下りがあってしんどい尾根だ。広角レンズのためスケール感が伝わらないが、正面は10m位の垂直壁。左のもう少し低い所から下りたけど、ロープ無しは危険だった。
12
更に進むと尾根が突然20mほど切れ落ちた。下り切ってから見上げた写真。ところがこれ、ルートミスだった。なんて無駄な事を…
2016年07月31日 10:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進むと尾根が突然20mほど切れ落ちた。下り切ってから見上げた写真。ところがこれ、ルートミスだった。なんて無駄な事を…
12
トラバースして尾根復帰する。シルエットで見えるのが下る尾根。
2016年07月31日 10:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースして尾根復帰する。シルエットで見えるのが下る尾根。
4
末端の390m峰に着いた。22写真と同じ辺りを撮っている。もう下りたも同然なんで、のんびり過ごす。
2016年07月31日 10:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
末端の390m峰に着いた。22写真と同じ辺りを撮っている。もう下りたも同然なんで、のんびり過ごす。
10
鉄塔が在るのは予想してた。なので巡視路で下るつもりだったのだが、見当たらない。
2016年07月31日 11:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔が在るのは予想してた。なので巡視路で下るつもりだったのだが、見当たらない。
5
尾根筋を下って行くと、沢沿いの山道に出た。この道が巡視路だったらしい。入口に東電ポールが立っていた。
2016年07月31日 11:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋を下って行くと、沢沿いの山道に出た。この道が巡視路だったらしい。入口に東電ポールが立っていた。
17
撮影機材:

感想/記録

午後は山沿いで雨が降る可能性ありとの予報だった。遠征しようかと思っていたが、これでは迂闊に遠くへ出掛けられない。近くの山を午前中だけ歩く事にした。

毎度登山詳細図にも載ってるルートばかりじゃ興ざめだなあと思い、敢えて外した山域を選ぶ。この詳細図、どうも自分の嗜好に丸被りなのだ。事実、過去に歩いたルートが幾つか載っている。同じ傾向なら文句無いと思うだろうが、そうではない。やっぱり自分が開拓したいのだな。詳細図に載ったルートはどうしても色褪せて見え、ワンランク落ちてしまう。

さて、今回選んだ山は大遠見山と西平山だ。一般ハイカーには「どこそれ?」と言われることだろう。それこそ望むところだ。そもそも主尾根の西平尾根からしてバリエーションなのだが、更にその支尾根を登り下りしたのだから、絶対に誰にも会わない静かな登山が出来ると確信していた。だが甘かった。世は夏休み。暇を持て余した学生がバイクで林道を走りに来ていた。煩いなあと思いはするが、道を走っているだけの相手に文句は言えないか。

登山詳細図のお陰?)でだいぶ不自由になったと感じる奥武蔵だが、来年は更に山と高原地図も大改訂を控えていると言う。どう変わるのか分からないが、益々狭くなるのではないかと今から戦々恐々だ。

訪問者数:437人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 高原 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ