ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934260 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

立山-大洞山-三国山-鉄砲木ノ頭(明神山)(STYコース下見1日目)

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー glg, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
46分
合計
5時間43分
S道の駅すばしり12:1312:22東口本宮冨士浅間神社12:4515:09畑尾山15:13アザミ平15:1515:41大洞山(角取山)16:04楢木山16:15ヅナ峠16:23三国山16:3716:46三国峠17:01鉄砲木ノ頭(明神山)17:0517:34切通峠17:3717:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三国山から切通峠までの区間中、何度か藪の中を移動する動物の気配あり。
内一度は熊の可能性が大きく、十分注意を払ってください。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

浅間神社
2016年08月06日 12:21撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社
お詣りをしてから出発します
2016年08月06日 12:28撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お詣りをしてから出発します
登り初めはこんな感じです。
この後かなりの急坂で汗だくになりました。
2016年08月06日 13:04撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り初めはこんな感じです。
この後かなりの急坂で汗だくになりました。
やっとここまで・・・と思った後
スマホ落としたのに気付いて引き返しました。
2016年08月06日 13:48撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとここまで・・・と思った後
スマホ落としたのに気付いて引き返しました。
軽快に尾根道を進みます。
2016年08月06日 15:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽快に尾根道を進みます。
途中見通しのきく広い道に。
2016年08月06日 15:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中見通しのきく広い道に。
三国峠からの激登り。
立ち止まって後ろを振り返るとすばらしい景色が、ただ富士山が雲で隠れているのが残念でした。
2016年08月06日 16:54撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国峠からの激登り。
立ち止まって後ろを振り返るとすばらしい景色が、ただ富士山が雲で隠れているのが残念でした。
登り切って振り返ると、雲間から富士山頂上が見えていました。
2016年08月06日 17:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って振り返ると、雲間から富士山頂上が見えていました。
ここから切通峠目指して降りていきます。
2016年08月06日 17:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから切通峠目指して降りていきます。
富士山がしっかりと現れました。
2016年08月06日 18:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がしっかりと現れました。

感想/記録
by glg

今回、知り合いの方がウルトラトレイル・マウントフジのSTY部門に参戦するので、その為のコース下見に付き合う形できました。
他にサポートとして車で迎えに来て頂ける方も居るので、かなり行程が楽になりそうです。

まずは、道の駅すばしりに車を停め、浅間浅間神社へお詣りをします。
ここでサポートして頂ける方とは切通峠過ぎた辺りで迎えに来てもらうこととし一旦お別れ。

ここからSTYのルート図を見ながらこちらも出発です。
さすがに走る体力は持ち合わせていないので、足を引っ張らないようにと頑張って登っていきます。
が、序盤からアクシデント。
やっとの思いで急な坂を登り終えて、ここからしばらく尾根道が続くであろう立山まで来た時にスマホを途中で落としたことに気付きます。
汗だくになりながら登った道を延々引き返す羽目に陥りました。

登ってきた道を降るとなると、これが嘘のように早く、おまけにほぼ登り初めの位置くらいまで降った段階で無事スマホが見付かりました。

安心したのも束の間で、また汗だくになりながら登り返していきます。
スマホを落としたことに気付いた場所まで帰ってくると、この日の体力半分使った気分でした。

ともあれここからは尾根歩き。
いくらかのアップダウンはある物の、三国山まで歩きやすい道が続きます。
時折涼しい風が吹き抜けていくので、気分良く歩けます。
ただ、見晴らしの良い所でも、今日の富士山は雲に隠れて何処にあるのかも分からない状態で見ることが出来なかったのが残念。

三国山から三国峠までも順調に降ってきますが、ここから鉄砲木ノ頭(明神山)まで急坂を直登気味に登ります。
この坂は太陽を遮る陰が無く、汗ばんだ肌をじりじり焼かれる感じがします。
いくら登っても頂上が遠く滅入りそうになりながらも黙々と登り続け、ふと後ろを振り向くとすばらしい景色が広がっていました。
この景色で少し気が晴れ、頂上に着く頃にはそれまで雲に隠れていた富士山も見ることが出来、山中湖も日に照らされて湖面が輝いてきれいです。
しばしその情景を堪能し、後は切通峠まで降るのみ。
切通峠からは、山中湖方面へ下って行きます。
森の中を向けきると大きなグラウンドが出現し、さらに進むとクリケットの練習をしている団体が見えてきました。
これからバスで帰るようで、片付けの真っ最中。
こちらも迎えの車は何処にいるのかと探しながら歩いていると、グラウンドに面した空き地に車を停めて待っている人影を発見。

冒頭のアクシデントがなければ、石割山〜二十曲峠までのルートも行く予定でしたが、明日に回してこの日の予定は終了となりました。

※ここからは注意事項です。
三国山から切通峠までの間で何度か動物が藪の中を移動する音がしましたが、そのうち1回だけうなるような鳴き声と共にその場を去っていく音がしました。
その姿は全く見えなかったですが、雰囲気的に熊が見えない人の気配に気付いて逃げた感じがします。
熊の目撃情報もあることですし、しっかりと熊鈴を鳴らしながら歩く様にしないといけませんね。
訪問者数:163人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

熊鈴 直登 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ