ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934808 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

戸隠山から高妻山、おまけに乙妻山!ハード山行でした(>_<)

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー noster
天候全体的に曇り〜晴れをいったりきたり。
風は強くなく、時折快適な涼風を頂戴しました♪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
18:20 自宅発 - 22:31 戸隠キャンプ場 登山者専用駐車場着 266km

キャンプ場から道を挟んだ、大きめの登山者専用の無料駐車場です。
道路を渡ればきれいなトイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間57分
休憩
1時間33分
合計
13時間30分
S登山者専用駐車場04:0004:29さかさ川歩道、奥社方面分岐05:00戸隠神社奥社05:55百猟慌06:38蟻の戸渡り06:48八方睨06:5507:04戸隠山07:1107:47九頭竜山07:5708:38一不動避難小屋08:5209:42五地蔵山10:14八観音10:2211:28高妻山11:4012:29乙妻山12:4513:34高妻山15:05五地蔵山15:1015:48一不動避難小屋15:58氷清水16:1217:05弥勒尾根との分岐17:30駐車場着G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4:00 登山開始
4:29 さかさ川歩道終了
5:00 戸隠神社奥社
5:55 百猟慌
6:38 蟻の戸渡り
6:48 八方睨〜6:55
7:04 戸隠山〜7:11
7:47 九頭竜山〜7:57
8:38 一不動避難小屋〜8:52
9:42 五地蔵山
10:14 八観音〜10:22
11:28 高妻山〜11:40
12:29 乙妻山〜12:45
13:34 高妻山
15:05 五地蔵山〜15:10
15:48 一不動避難小屋
15:58 氷清水〜16:12
17:05 弥勒尾根との分岐
17:30 駐車場着
その他周辺情報戸隠神告げ温泉 湯行館 大人600円
http://togakushi-21.jp/active/2011/09/post-24.php
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

真っ暗闇のスタート。
キャンプ場トイレの左側から「さかさ川歩道」を歩き、
戸隠側へ移動します。
下山してからの移動は嫌だもんね〜(^^;
2016年08月07日 04:03撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗闇のスタート。
キャンプ場トイレの左側から「さかさ川歩道」を歩き、
戸隠側へ移動します。
下山してからの移動は嫌だもんね〜(^^;
1
黙々と歩き、およそ30分で戸隠奥社へ向かう立派な道に合流。
2016年08月07日 04:30撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と歩き、およそ30分で戸隠奥社へ向かう立派な道に合流。
巨木の並木が続きます。
尊厳な雰囲気出てました♪
2016年08月07日 04:44撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木の並木が続きます。
尊厳な雰囲気出てました♪
2
奥社の手前に左折分岐の登山口があります。
2016年08月07日 04:59撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥社の手前に左折分岐の登山口があります。
せっかくここまで来たのだから、奥社まで歩いてみました。
階段を登ればあります。
2016年08月07日 05:03撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくここまで来たのだから、奥社まで歩いてみました。
階段を登ればあります。
登山道を進み始めてすぐ、背後から煌々と照らされます。
お日様の光、ありがたい!
2016年08月07日 05:09撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を進み始めてすぐ、背後から煌々と照らされます。
お日様の光、ありがたい!
向かう方向、見上げると一筋縄ではいかなそうな岩峰が。
2016年08月07日 05:15撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう方向、見上げると一筋縄ではいかなそうな岩峰が。
2
最初の名所(?)百猟慌亜
すごいえぐれかたをしています。
2016年08月07日 05:55撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の名所(?)百猟慌亜
すごいえぐれかたをしています。
1
長屋を越え、少し登りあげてからの振り返り。
2016年08月07日 05:58撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長屋を越え、少し登りあげてからの振り返り。
1
道中はいろんなお花も咲き乱れていました♪
これはシモツケソウ?
2016年08月07日 05:58撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中はいろんなお花も咲き乱れていました♪
これはシモツケソウ?
2
いよいよ鎖場がスタート!
皮の手袋装備ヨシ!
2016年08月07日 06:04撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ鎖場がスタート!
皮の手袋装備ヨシ!
登って、右に移行して、また登って…
2016年08月07日 06:20撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って、右に移行して、また登って…
かなり垂直…

しかし全ての鎖場、しっかりとしたホールドがあるので、
鎖を利用せずに登れます♪ガバガバです♪
2016年08月07日 06:35撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり垂直…

しかし全ての鎖場、しっかりとしたホールドがあるので、
鎖を利用せずに登れます♪ガバガバです♪
このような切り立った高所が始終付きまといます。
なんつー登山道だw!
2016年08月07日 06:37撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような切り立った高所が始終付きまといます。
なんつー登山道だw!
1
いよいよ辿り着きました!蟻の戸渡り!
ガスってない写真もあるのですが、あえて神々しい方を掲載。
2016年08月07日 06:38撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ辿り着きました!蟻の戸渡り!
ガスってない写真もあるのですが、あえて神々しい方を掲載。
5
グレーの前半、赤茶けた後半と分けて考えていいですかね。
前半の方がやや足場が広いです。
そして前半終了時に一息つける場所があります。
2016年08月07日 06:41撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グレーの前半、赤茶けた後半と分けて考えていいですかね。
前半の方がやや足場が広いです。
そして前半終了時に一息つける場所があります。
後半スタート。
赤茶けた足場は靴幅の2倍ほどかな?
怖い人は無難にまたがるか、一段下がった部分を歩いた方が◎。

も、もちろん上をテケテケ歩きましたよ♪
2016年08月07日 06:42撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半スタート。
赤茶けた足場は靴幅の2倍ほどかな?
怖い人は無難にまたがるか、一段下がった部分を歩いた方が◎。

も、もちろん上をテケテケ歩きましたよ♪
安定した場所まで移動して振り返り。
すごい難所だ!
2016年08月07日 06:45撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安定した場所まで移動して振り返り。
すごい難所だ!
2
八方睨に到着〜♪
雲をまとった西岳。
2016年08月07日 06:48撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨に到着〜♪
雲をまとった西岳。
1
そして五地蔵から高妻への素晴らしい稜線!
最後めっちゃ急なのバレバレですから!
2016年08月07日 06:48撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして五地蔵から高妻への素晴らしい稜線!
最後めっちゃ急なのバレバレですから!
2
東に目を向けると飯縄山。
2016年08月07日 06:56撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に目を向けると飯縄山。
最初のピーク、戸隠山へ到着〜♪
八方睨の方がいいピークに感じましたが(^^;
標高が4m高いばっかりにw
2016年08月07日 07:07撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のピーク、戸隠山へ到着〜♪
八方睨の方がいいピークに感じましたが(^^;
標高が4m高いばっかりにw
2
ここから先も、右手側は大体このように切れ落ちています。
2016年08月07日 07:12撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先も、右手側は大体このように切れ落ちています。
下りの土道。
さっきまで一本も鎖を使っていないのに、
あっけなくロープに頼ります(^^;すべるすべる。
2016年08月07日 07:17撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの土道。
さっきまで一本も鎖を使っていないのに、
あっけなくロープに頼ります(^^;すべるすべる。
そこかしこに沢山の花が。
強張った神経を癒してくれます♪
2016年08月07日 07:26撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこかしこに沢山の花が。
強張った神経を癒してくれます♪
急激に落ちる谷筋。
2016年08月07日 07:38撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急激に落ちる谷筋。
あのピークが九頭竜山かな?なんて、何度も何度も騙されましたw
2016年08月07日 07:38撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あのピークが九頭竜山かな?なんて、何度も何度も騙されましたw
1
花と渓谷。
マルバダケブキ?
2016年08月07日 07:40撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花と渓谷。
マルバダケブキ?
いくつかのピークをやり過ごして、やっと九頭竜山。
ゼーハー。
2016年08月07日 07:49撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかのピークをやり過ごして、やっと九頭竜山。
ゼーハー。
1
九頭竜から結構な下り道を経て、一不動避難小屋へ到着。
ここまでが「戸隠編」、ここからが「高妻編」。
2016年08月07日 08:39撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九頭竜から結構な下り道を経て、一不動避難小屋へ到着。
ここまでが「戸隠編」、ここからが「高妻編」。
小屋内で軽く休憩。
2016年08月07日 08:39撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内で軽く休憩。
避難小屋が1、高妻山が10、そして乙妻が13となっており、
道中の小ピークにもそれぞれ番号が割り振られています。

一不動はピークではありません。避難小屋のある鞍部です。
2016年08月07日 08:39撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が1、高妻山が10、そして乙妻が13となっており、
道中の小ピークにもそれぞれ番号が割り振られています。

一不動はピークではありません。避難小屋のある鞍部です。
最初の小ピークにある「二釈迦」。
2016年08月07日 09:03撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の小ピークにある「二釈迦」。
さっき見たよりも近づいて来たかな?
2016年08月07日 09:04撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき見たよりも近づいて来たかな?
2
「三文殊」ははっきりとしたピークではなかったかな?
2016年08月07日 09:11撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「三文殊」ははっきりとしたピークではなかったかな?
五地蔵山への登り上げもキツそう(+_+)
2016年08月07日 09:24撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山への登り上げもキツそう(+_+)
「四普賢」も道すがらあったような。
2016年08月07日 09:24撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「四普賢」も道すがらあったような。
そしてぐ〜っと登りあげた山頂に「五地蔵」。
一息つくのにいい感じの場所です♪
2016年08月07日 09:43撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてぐ〜っと登りあげた山頂に「五地蔵」。
一息つくのにいい感じの場所です♪
1
先ほどの五地蔵を越え、すぐに右への分岐があります。
分岐の先にまた「五地蔵」。
2016年08月07日 09:45撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの五地蔵を越え、すぐに右への分岐があります。
分岐の先にまた「五地蔵」。
五地蔵からあっという間に「六弥勒」があります。
分岐右折、尾根道で降る事も出来ます。
ここも日陰なので、いい感じの休憩場でした。
2016年08月07日 09:48撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵からあっという間に「六弥勒」があります。
分岐右折、尾根道で降る事も出来ます。
ここも日陰なので、いい感じの休憩場でした。
六弥勒から一度大きく下って、また登り上げ。「七薬師」。
お供えの「八海山」が残念!次に置こうよ!
2016年08月07日 09:54撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六弥勒から一度大きく下って、また登り上げ。「七薬師」。
お供えの「八海山」が残念!次に置こうよ!
七薬師からまた大きく下り、八はまだか〜(+_+)とぜーはーな頃に「八観音」。
ぐったりして座り込んで休憩。
2016年08月07日 10:14撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七薬師からまた大きく下り、八はまだか〜(+_+)とぜーはーな頃に「八観音」。
ぐったりして座り込んで休憩。
八〜九間はそんなに距離なかったかな?
「九勢至」。
2016年08月07日 10:32撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八〜九間はそんなに距離なかったかな?
「九勢至」。
九から見上げる最後の急登がもちろんクライマックス!
進むにつれて斜度も増す見事さ!
2016年08月07日 10:32撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九から見上げる最後の急登がもちろんクライマックス!
進むにつれて斜度も増す見事さ!
2
歩いてきた戸隠や、その先の西岳を見て急登の疲れを紛らわせます。
2016年08月07日 10:34撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた戸隠や、その先の西岳を見て急登の疲れを紛らわせます。
でも間違いなく山頂は近づいてる!
下山される方々に励まして貰えてうれしかったです♪
2016年08月07日 10:49撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも間違いなく山頂は近づいてる!
下山される方々に励まして貰えてうれしかったです♪
疲れててあまりいい写真がなかったです(^^;
こんな道は全然マシで、両手も使って登るような壁道が結構ありました。
2016年08月07日 11:00撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れててあまりいい写真がなかったです(^^;
こんな道は全然マシで、両手も使って登るような壁道が結構ありました。
一旦岩場が終わると、ビクトリーロードの始まり始まり〜♪
2016年08月07日 11:22撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦岩場が終わると、ビクトリーロードの始まり始まり〜♪
山頂手前、南峰の「十阿弥陀」。
2016年08月07日 11:25撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前、南峰の「十阿弥陀」。
1
十から山頂周辺はこのような岩場。
鋭い!
2016年08月07日 11:26撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十から山頂周辺はこのような岩場。
鋭い!
山頂はガスっちゃったけど、無事に辿り着けました\(^o^)/
2016年08月07日 11:35撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はガスっちゃったけど、無事に辿り着けました\(^o^)/
4
一息ついたら、躊躇せずに先へ進みます。

…いえ、本当は躊躇しまくりでしたw
2016年08月07日 11:44撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一息ついたら、躊躇せずに先へ進みます。

…いえ、本当は躊躇しまくりでしたw
「十一阿閦(あしゅく)」までの道のりが険しいです。
ルートがわかりにくい箇所あります。さすが破線ルート。
2016年08月07日 11:54撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「十一阿閦(あしゅく)」までの道のりが険しいです。
ルートがわかりにくい箇所あります。さすが破線ルート。
十一より先は全編のほほんコースでした\(^o^)/
高妻の、あの岩場より先にまさかこんな素敵風景が広がっているとは!!
2016年08月07日 12:11撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十一より先は全編のほほんコースでした\(^o^)/
高妻の、あの岩場より先にまさかこんな素敵風景が広がっているとは!!
2
「十二大日」はピークではなく鞍部に。
この辺でごろ寝したい!

ってか復路でごろ寝しました。
2016年08月07日 12:14撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「十二大日」はピークではなく鞍部に。
この辺でごろ寝したい!

ってか復路でごろ寝しました。
1
長い長い乙妻山までの道のり、無事に到達♪
いえ、帰り道もあるのですよ?
2016年08月07日 12:29撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い長い乙妻山までの道のり、無事に到達♪
いえ、帰り道もあるのですよ?
4
全部の荷物を放り出して寝っ転がります!
最高です!
2016年08月07日 12:40撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全部の荷物を放り出して寝っ転がります!
最高です!
この山頂が「十三虚空蔵(こくうぞう)」です。
残念ながらシールが完全に剥がれ落ちてしまっています。
2016年08月07日 12:43撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山頂が「十三虚空蔵(こくうぞう)」です。
残念ながらシールが完全に剥がれ落ちてしまっています。
またアップダウンを繰り返し、十一から高妻山への登り返し。
鋭い岩場、切れ落ちた断崖絶壁。
2016年08月07日 13:27撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またアップダウンを繰り返し、十一から高妻山への登り返し。
鋭い岩場、切れ落ちた断崖絶壁。
1
同じ道なので復路はほぼ撮影なし。
一不動まで戻り、沢沿いの道を下ります。
2016年08月07日 16:00撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ道なので復路はほぼ撮影なし。
一不動まで戻り、沢沿いの道を下ります。
待望の命の水ゲット!
体中に染み渡る!!!!!
2016年08月07日 16:05撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待望の命の水ゲット!
体中に染み渡る!!!!!
沢そのものを下って行くような登山道のようです。
滑りそうで案外滑りませんでした。
2016年08月07日 16:15撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢そのものを下って行くような登山道のようです。
滑りそうで案外滑りませんでした。
ここが「帯岩」かな?
横に鎖があってあります。
イメージよりも遥かに歩きやすいです。
2016年08月07日 16:19撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが「帯岩」かな?
横に鎖があってあります。
イメージよりも遥かに歩きやすいです。
おそらく不動滝。
2016年08月07日 16:21撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく不動滝。
滑滝の鎖場。
上から見ると、やはり滑りそうで怖い。
2016年08月07日 16:27撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑滝の鎖場。
上から見ると、やはり滑りそうで怖い。
下り終えると、思った以上に歩きやすかったです(^^)
2016年08月07日 16:28撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終えると、思った以上に歩きやすかったです(^^)
滝以降も、何度も右往左往しますが、水濡れの心配などはなさそうです。
純粋に楽しく歩ける感じで良い登山道でした♪
2016年08月07日 16:43撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝以降も、何度も右往左往しますが、水濡れの心配などはなさそうです。
純粋に楽しく歩ける感じで良い登山道でした♪
沢も段々と太くなっていきます。
2016年08月07日 16:50撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も段々と太くなっていきます。
水の気配がなくなったらほぼ終了です。
2016年08月07日 17:00撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の気配がなくなったらほぼ終了です。
戸隠牧場の中を歩かせていただきます。
牛さんのために靴裏消毒してからIN。
2016年08月07日 17:01撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠牧場の中を歩かせていただきます。
牛さんのために靴裏消毒してからIN。
牧場内、キャンプ場内の賑わいを抜け、およそ30分弱で駐車場。
2016年08月07日 17:02撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場内、キャンプ場内の賑わいを抜け、およそ30分弱で駐車場。
水場で「水最高!これ以上の贅沢はねぇ!!」と思った1時間後。

「コーラ最高!これ以上の贅沢はねぇ!!」
2016年08月07日 17:14撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場で「水最高!これ以上の贅沢はねぇ!!」と思った1時間後。

「コーラ最高!これ以上の贅沢はねぇ!!」
3
撮影機材:

感想/記録
by noster

久々に遠出をし、久々の百名山。やっぱりデカいですね〜♪
せっかく長野まで行くのだからと欲を出し、+戸隠、+乙妻。

奥社側に車を停めてしまうと、下山後に水平移動30分が残ってしまうので、
牧場側に駐車しました。
真っ暗闇のさかさ川歩道は、整備の行き届いた安心した歩道なので助かりました。

八方睨までの登り上げは、危険個所は多いものの、じりじりと高度をあげていく感が気持ち良いです。
その先、戸隠から九勢至までの延々と続くアップダウンが核心部と感じます。
もちろん九勢至から高妻山までの急登は言わずもがなです(^^;

行程が長いので、水分の心配をしすぎる程した方が良いでしょう。
下山時はだいぶ節水しながらだったので、氷清水がありがたかったです!
訪問者数:376人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/20
投稿数: 3445
2016/8/9 19:12
 厳しそうwww〜(*´Д`)
nosterさん こんにちは

お久しぶりの遠征でしたか
それにしても蟻の戸渡りは怖そうです
私は立っては歩けそうもありません

そして百名山の高妻山へのルート
これも厳しそうですネェ〜!
以前NHKの日本百名山か何かで見た記憶があって
かなりハードなルートだろうなって思いましたが
このレコ見ると文字通りタフなルートの様ですね
レコではnosterさんがあまりきつく無さそうなのでさすがと感心しました
遠征して気持ちよく歩けたみたいで何よりでしたね
登録日: 2011/10/19
投稿数: 601
2016/8/9 21:43
 >BOKUTYANNさん
こんばんは(^^)/

栃木県全般はお隣県ですし、群馬や福島県南部辺りまでは何となく遠征と言うのは大袈裟?という事で、それ以上遠くに行ったのは本当に久しぶりな感じです♪

高速代払って長野まで行くからにゃあ只では帰れまい!と欲張りすぎちゃいましたね(^^;
サラッと歩いているかのように感じますが、高妻山本邦への登り上げ、
復路で八〜三辺りの繰り返すアップダウンにはヘトヘトでした(汗)

百名山の高妻山を登るというだけであれば、
沢沿いの面白ルート→1〜10の小刻みなアップダウン→6から直接下る尾根道で、
そこまで大変ではないと思われるルートが無難でしょう♪

乙妻山へ行くか行かないか相当迷いましたけど、
無事に帰ってきた今になれば、きつかったけど行ってよかったな♪と思える選択でした\(^o^)/
登録日: 2013/11/8
投稿数: 620
2016/8/10 6:21
 いわいわ〜
nosterさんおはようございます。
登りも下りも随分とワイルドな道なのですね〜
山の形が凄くかっこいいです!
ロングルートを歩かれてのコーラって最高!!
今回も充実のレコを楽しませていただきました
登録日: 2011/10/19
投稿数: 601
2016/8/10 21:36
 >satomi-さん
戸隠の登りは国内有数の有名危険ポイントだけど、
高妻の下りは一般的なルートで、程よく楽しめるアスレチックみたいで楽しかったよ♪

もう「コーラ」なんて贅沢言わないから…す、水分〜!!って勢いだったので、
コーラの旨さが至福過ぎましたw

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ