ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936278 全員に公開 沢登り磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山・烏川から

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー tochimochi
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
25分
合計
6時間2分
S奥岳登山口08:0708:13あだたら渓谷奥岳自然遊歩道08:2012:08仙女平分岐13:08安達太良山13:1113:23沼尻分岐13:45鉄山14:0014:09鉄山避難小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

安達太良高原スキー場から出発しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良高原スキー場から出発しました。
1
ここからすぐ安達太良渓谷自然歩道に下りていくとこの橋があります。ここから入渓しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからすぐ安達太良渓谷自然歩道に下りていくとこの橋があります。ここから入渓しました。
2
小滝を一つ越えると 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 小滝を一つ越えると
1
エメラルドグリーンの釜を持つ滝が見えてきました。一目で諦めました。右側から自然歩道に上がって上に見える橋を渡り、再入渓しました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す エメラルドグリーンの釜を持つ滝が見えてきました。一目で諦めました。右側から自然歩道に上がって上に見える橋を渡り、再入渓しました。
3
きれいなナメ滝が続きます。自然歩道は渓谷美を楽しめるように何ヶ所か橋がかけてあります。遡行していると、突然頭上から声が聞こえてきました。上を見ると3人の方が声援を送ってくれていました。目障りな橋と思っていましたが、こういう時はうれしくなります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す きれいなナメ滝が続きます。自然歩道は渓谷美を楽しめるように何ヶ所か橋がかけてあります。遡行していると、突然頭上から声が聞こえてきました。上を見ると3人の方が声援を送ってくれていました。目障りな橋と思っていましたが、こういう時はうれしくなります。
2
しかし滝がほとんど出てきません。この小滝も左を登れば簡単ですが、あえて右の水流に飛び込みました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す しかし滝がほとんど出てきません。この小滝も左を登れば簡単ですが、あえて右の水流に飛び込みました。
2
その後もナメばかりで単調な遡行が続きます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す その後もナメばかりで単調な遡行が続きます。
1
左岐を過ぎると流れも細くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岐を過ぎると流れも細くなってきました。
1
このまま詰めてしまうかと思っていたころ、突然30m斜瀑が現れました。ゴーロと言ってもいいような滝で下部は足だけでも登れます。しかし上部は斜度が出てくるので左岸に寄って越えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま詰めてしまうかと思っていたころ、突然30m斜瀑が現れました。ゴーロと言ってもいいような滝で下部は足だけでも登れます。しかし上部は斜度が出てくるので左岸に寄って越えました。
2
キンコウカがあちこちに咲いていました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キンコウカがあちこちに咲いていました。
1
ここを過ぎると木の枝がかぶさってくるようになり、歩きにくくなってきました。ふと左を見ると踏み跡らしきものが・・・稜線まで最短と思われるのでここから上がることにしました。水を汲み、靴を履き替えたところで単独の方が追い付いてきました。このまま沢を詰めるということです。
私は沢を離れましたが、すぐ激ヤブに突入しました。格闘すること35分、やっと登山道に合流しました。少し登って、この仙女平分岐に出るのが正規ルートらしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを過ぎると木の枝がかぶさってくるようになり、歩きにくくなってきました。ふと左を見ると踏み跡らしきものが・・・稜線まで最短と思われるのでここから上がることにしました。水を汲み、靴を履き替えたところで単独の方が追い付いてきました。このまま沢を詰めるということです。
私は沢を離れましたが、すぐ激ヤブに突入しました。格闘すること35分、やっと登山道に合流しました。少し登って、この仙女平分岐に出るのが正規ルートらしいです。
2
さらに山頂を目指して登っていきます。
2016年08月07日 12:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに山頂を目指して登っていきます。
1
程なく乳首山が見えてきました。
2016年08月07日 12:53撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく乳首山が見えてきました。
1
山名板が足下にあるとは知りませんでした。
2016年08月07日 13:02撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名板が足下にあるとは知りませんでした。
2
さらに鉄山方面に歩いていきます。沼の平火口はいつ見ても荒涼とした風景です。
2016年08月07日 13:25撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに鉄山方面に歩いていきます。沼の平火口はいつ見ても荒涼とした風景です。
1
鉄山直下まで来ました。ここは左に巻いていきます。
2016年08月07日 13:43撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山直下まで来ました。ここは左に巻いていきます。
1
鉄山山頂に着きました。山名板は見当たりません。
2016年08月07日 13:48撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山山頂に着きました。山名板は見当たりません。
1
その先に地震観測計が設置されていました。そしてその隣に先ほど別れた単独の方が休んでいました。沢沿いに詰めていくとヤブ漕ぎはほとんどなかったそうです。仙台から来られたそうで、今日は足慣らし、本番は剱辺りの沢に入るそうです。
2016年08月07日 13:49撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に地震観測計が設置されていました。そしてその隣に先ほど別れた単独の方が休んでいました。沢沿いに詰めていくとヤブ漕ぎはほとんどなかったそうです。仙台から来られたそうで、今日は足慣らし、本番は剱辺りの沢に入るそうです。
1
やっときれいな避難小屋に着きました。今日はもう歩く必要はありません。
2016年08月07日 14:08撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっときれいな避難小屋に着きました。今日はもう歩く必要はありません。
1
中もきれいです。濡れたものを乾かしたり、寝転んだりワンセグを見たりして過ごしました。今夜は貸し切りかと思っていた頃、2人パーティが入ってきました。沼尻から登ってきたそうです。写真撮影が目的ということで機材がいっぱい入った大きなザックを担いでいました。
2016年08月07日 15:00撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中もきれいです。濡れたものを乾かしたり、寝転んだりワンセグを見たりして過ごしました。今夜は貸し切りかと思っていた頃、2人パーティが入ってきました。沼尻から登ってきたそうです。写真撮影が目的ということで機材がいっぱい入った大きなザックを担いでいました。
1
そして日が沈むと撮影タイムです。上弦の月[三日月]がくっきりと見えていました。
星も瞬いていましたが三脚なしではとても無理です。でもすぐガスがかかって見えなくなってしまいました。
明日のご来光に期待して眠りにつきました。
2016年08月07日 19:33撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして日が沈むと撮影タイムです。上弦の月[三日月]がくっきりと見えていました。
星も瞬いていましたが三脚なしではとても無理です。でもすぐガスがかかって見えなくなってしまいました。
明日のご来光に期待して眠りにつきました。
2

感想/記録

烏川は滝と言えるものはほとんど無く、ナメ歩きに終始します。暑さもしのげて初心者には最適の沢と思います。ただし詰めはあまりすっきりとはしません。今回はヤブに突入してしまいましたが、次回行くことがあれば沢沿いに詰めてみます。
鉄山避難小屋は稜線上にある珍しい小屋です。夜景やご来光を見るには最適の立地条件で、撮影のために泊まる方も多いそうです。一人と思っていた夜も3人いれば賑やかです。山談義にも話が弾みました。山を始めて3年だそうですが、とてもそうは思えない迫力と博識の方でした。
またお気に入りの小屋が増えました。
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ