ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945065 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

吾妻連峰・東大顛・明月荘

日程 2016年08月19日(金) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー kibitaki99
天候19日:晴れ 20日:雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間59分
休憩
31分
合計
4時間30分
Sリフト頂上13:4113:43北望台登山口14:54人形石15:56藤十郎15:5716:43弥兵衛平分岐17:0317:15東大巓17:2517:34弥兵衛平分岐18:11明月荘(弥兵衛平小屋)
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目:8時10分出発→11時10分リフト頂上着
コース状況/
危険箇所等
コースの半ば以上が木道で,歩きやすい。登山道が荒れて泥にまみれるような場所はまったくない。高低差が少ない楽なコース。

装備

備考 タブレット用の予備バッテリーが充電不足で使えず,コース途中で電源が落ちてGPSログが途切れてしまった。

写真

ロープウェイとリフトを乗り継いで標高1,820mの北望台へ。12:20の遅い出発なので,他の客はいない。
2016年08月19日 12:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイとリフトを乗り継いで標高1,820mの北望台へ。12:20の遅い出発なので,他の客はいない。
天元台高原のリフト乗り場近くにある「幸福の鐘」。これと,リフト終点にある「安全の鐘」は見るのだけど,その中間にあるという「希望の鐘」はまだ見たことがない。どこにあるんだろう。
2016年08月19日 12:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天元台高原のリフト乗り場近くにある「幸福の鐘」。これと,リフト終点にある「安全の鐘」は見るのだけど,その中間にあるという「希望の鐘」はまだ見たことがない。どこにあるんだろう。
1
リフトに乗って進むうち,眼下の草地に単独行動の大きいオスザルがいた。リフトの乗車客は何も手出しできないことを知っているせいか,逃げるでもなくじっとこちらを見つめている。
2016年08月19日 12:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトに乗って進むうち,眼下の草地に単独行動の大きいオスザルがいた。リフトの乗車客は何も手出しできないことを知っているせいか,逃げるでもなくじっとこちらを見つめている。
2
さらに進むと,同じようにアナグマが草地を歩いていた。こちらにはまったく無関心で,見上げてみようともしない。
2016年08月19日 12:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと,同じようにアナグマが草地を歩いていた。こちらにはまったく無関心で,見上げてみようともしない。
3
晴れてきた。湿った東風の影響を受ける蔵王や浄土平を避けて,太平洋岸から遠い山に出かけたのが大当たり。
2016年08月19日 13:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた。湿った東風の影響を受ける蔵王や浄土平を避けて,太平洋岸から遠い山に出かけたのが大当たり。
リフトの両側に連なるのは,トウヒやアオモリトドマツ,シラカバの見事な大木。鳥の目線で樹々の間を進む。
2016年08月19日 13:06撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの両側に連なるのは,トウヒやアオモリトドマツ,シラカバの見事な大木。鳥の目線で樹々の間を進む。
リフトを降りて樹林帯の道を登る。道には岩が多く,しっかりしていて歩きやすい。
2016年08月19日 13:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトを降りて樹林帯の道を登る。道には岩が多く,しっかりしていて歩きやすい。
アオモリトドマツが甘い匂いを振りまく。蔵王にあるものよりも背が高く,まっすぐに育っている。
2016年08月19日 14:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオモリトドマツが甘い匂いを振りまく。蔵王にあるものよりも背が高く,まっすぐに育っている。
人形岩に出る。彼方に,これから向かう東大顛が見える。その左側には明月荘の建物もある。奥の一切経山方面は雲に閉ざされている。
2016年08月19日 14:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人形岩に出る。彼方に,これから向かう東大顛が見える。その左側には明月荘の建物もある。奥の一切経山方面は雲に閉ざされている。
頭上に雲が飛んでくる。雲の断片が強い陽射しを受けて輝く。
2016年08月19日 15:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上に雲が飛んでくる。雲の断片が強い陽射しを受けて輝く。
藤十郎と東大顛,その手前にある湿原。
2016年08月19日 15:12撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤十郎と東大顛,その手前にある湿原。
1
木道の両側にリンドウが咲き,訪れる者の目を楽しませる。
2016年08月19日 15:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の両側にリンドウが咲き,訪れる者の目を楽しませる。
今まさに見頃を迎えているリンドウの花。
2016年08月19日 16:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まさに見頃を迎えているリンドウの花。
4
湿原と木道。どこまでも平坦で,大した苦労もなく広々とした景観を楽しめる。南蔵王の芝草平を思い出すが,それよりずっとスケールが大きい。
2016年08月19日 15:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原と木道。どこまでも平坦で,大した苦労もなく広々とした景観を楽しめる。南蔵王の芝草平を思い出すが,それよりずっとスケールが大きい。
クロマメノキの茂みが至る所にあり,黒い果実が熟しつつある。蔵王では見たことがなかったが,ここにはたくさんあった。口に入れると,甘酸っぱくて濃厚な味。
2016年08月19日 15:38撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキの茂みが至る所にあり,黒い果実が熟しつつある。蔵王では見たことがなかったが,ここにはたくさんあった。口に入れると,甘酸っぱくて濃厚な味。
3
池塘に写る空と雲。
2016年08月19日 15:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘に写る空と雲。
2
オオカメノキの実が赤く熟している。
2016年08月19日 16:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキの実が赤く熟している。
池塘と磐梯山,そして猪苗代湖。
2016年08月19日 16:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘と磐梯山,そして猪苗代湖。
5
振り返れば藤十郎と中大顛,天狗岩と西吾妻岳。このコースはとても気に入った。また来たい。
2016年08月19日 16:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば藤十郎と中大顛,天狗岩と西吾妻岳。このコースはとても気に入った。また来たい。
東大顛の頂上は縦走路から少し外れた場所にあり,樹に囲まれており展望はない。2.5万分の1の地図には,東大顛のすぐ東から明月荘に降りる道が記してあるが,ここは通れなかった。
2016年08月19日 17:15撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大顛の頂上は縦走路から少し外れた場所にあり,樹に囲まれており展望はない。2.5万分の1の地図には,東大顛のすぐ東から明月荘に降りる道が記してあるが,ここは通れなかった。
今晩泊まる明月荘に到着。傷みは少なく,大人数が泊まれる広さがある。水場は,小屋の前から滑川温泉へと下る道の途中にあり,少し歩かされる。
2016年08月19日 17:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今晩泊まる明月荘に到着。傷みは少なく,大人数が泊まれる広さがある。水場は,小屋の前から滑川温泉へと下る道の途中にあり,少し歩かされる。
3
夜半までは星が見える晴天だったのに,明け方からは一変して嵐となる。
2016年08月19日 22:24撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜半までは星が見える晴天だったのに,明け方からは一変して嵐となる。
1
大雨の中を,水を汲みに出かける。ピートの中を流れる浅い帯水層から出るらしく,昨日は無色透明だった水が,ジンジャーエールのように着色していた。ゴミはまったく入っていない。
2016年08月20日 06:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雨の中を,水を汲みに出かける。ピートの中を流れる浅い帯水層から出るらしく,昨日は無色透明だった水が,ジンジャーエールのように着色していた。ゴミはまったく入っていない。
2
ロープウェイの山麓駅で買った「米沢牛入りソーセージ」を直火であぶり,おいしくいただく。
2016年08月20日 07:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの山麓駅で買った「米沢牛入りソーセージ」を直火であぶり,おいしくいただく。
5
小屋を引き払い,中大顛に向けて出発する。たたきつけるような雨と強い風。湿原の上を霧が流れる。
2016年08月20日 08:47撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を引き払い,中大顛に向けて出発する。たたきつけるような雨と強い風。湿原の上を霧が流れる。
1
木道の下は水が沢になって流れており,長靴の丈より深い淵もあった。木道ができる前,今日のように雨が降ったときにはさぞかし歩きにくかっただろう。
2016年08月20日 08:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の下は水が沢になって流れており,長靴の丈より深い淵もあった。木道ができる前,今日のように雨が降ったときにはさぞかし歩きにくかっただろう。
ここに足を乗せると深く沈むので要注意でっす。
2016年08月20日 08:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに足を乗せると深く沈むので要注意でっす。
中大顛を登り,人形石まで戻ってきた。つかの間の晴れ間も見えたが,またすぐ雲に覆い隠されて雨が降ってくる。
2016年08月20日 10:27撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中大顛を登り,人形石まで戻ってきた。つかの間の晴れ間も見えたが,またすぐ雲に覆い隠されて雨が降ってくる。
南側の斜面に入ると風は止んでいた。樹林帯のなかを下る。樹々の梢から頭上へ滴が降ってくる。
2016年08月20日 10:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の斜面に入ると風は止んでいた。樹林帯のなかを下る。樹々の梢から頭上へ滴が降ってくる。
ロープウェイの設備が見えるたのでほっとした。何人かの登山客とすれ違う。
2016年08月20日 11:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの設備が見えるたのでほっとした。何人かの登山客とすれ違う。
2

感想/記録

登山道は荒廃しておらず,歩きやすくて良いルート。晴天時なら,磐梯山から飯豊連峰,朝日連峰,蔵王連峰,月山に鳥海山と,南東北の名山がすべて見えるのでは。
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ