ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 中吾妻山

中吾妻山(なかあづまやま)

最終更新:2015-04-24 20:52 - Shamineko
基本情報
標高 1931m
場所 北緯37度42分56秒, 東経140度11分08秒
山頂

中吾妻山の日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時34分 6時35分 6時36分 6時36分 6時37分 6時38分 6時39分
日の入り 16時30分 16時30分 16時30分 16時30分 16時31分 16時31分 16時31分

中吾妻山 (標高1931m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-5.1
平均気温
-7.7
最低気温
-11
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 2.9 時間/日
降水量 4 mm/日
最深積雪 44 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

中吾妻山
中吾妻山
中吾妻山
中吾妻山
中吾妻山

山の解説 - [出典:Wikipedia]

中吾妻山(なかあづまやま)は、福島県耶麻郡猪苗代町にある火山である。磐梯朝日国立公園に属する。
吾妻連峰を構成する山の一つ。福島県と山形県の県境にある吾妻連峰の東大巓(ひがしだいてん、1,927.9m)を主稜とし、そこから南に続く中吾妻火山群の南端にあり、継森(つぐもり、1,910.2m)の南に続く。標高は1,930.6m。三等三角点「中吾妻」が設置されている。
東側には谷地平湿原と大倉川、西側には中津川の峡谷があり、両河川とも秋元湖に注ぐ。山体は緩やかな勾配の斜面で構成されており、侵食されていない原形地形を呈するが、東西両側は両河川による侵食谷が発達し、火山地形と峡谷との地形境界が明確である。南斜面の標高1,400m以上は山頂までオオシラビソ、コメツガなどの亜高山帯針葉樹林に覆われ、標高1,400m未満と峡谷壁にはブナ帯林が広がる。
古くから信仰の対象の山であり、西側中腹には吾妻山神社が祀られ、修験道の山とされた。山頂に至る登山道は存在しない。かつては中吾妻山北側鞍部を東西に越える道筋、および吾妻山神社からヤケノママを経由して県境の縦走路に至る道筋があったが、現在はほぼ完全に消滅した。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「中吾妻山」 に関連する記録(最新10件)

磐梯・吾妻・安達太良
  18    7 
2016年03月21日(3日間)
磐梯・吾妻・安達太良
  31     72  11 
2015年04月24日(日帰り)
ページの先頭へ