また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395175 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

吾妻連峰縦走/全ての吾妻山と巓を結ぶ旅

日程 2018年03月03日(土) 〜 2018年03月04日(日)
メンバー
天候両日とも快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
車は福島駅近くのタイムズ福島本町(39台、900円/日)に駐車。
【往路】
福島駅06:01-06:49郡山駅06:52-07:36猪苗代駅(JR東北本線、磐越西線。1490円)
猪苗代駅07:40-08:30グランデコ(予約制のシャトルバス、無料)
https://secure.grandeco.com/bus/attention1.php
【復路】
高湯温泉17:10-17:48福島駅西口(福島交通バス、820円)
http://busget.fukushima-koutu.co.jp/fromto/result/298/4240/?week=1
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間24分
休憩
24分
合計
7時間48分
S第4クワッドリフト終点09:1210:12西大巓10:1610:50西吾妻小屋10:5111:02西吾妻山11:0311:19天狗岩(吾妻連峰)11:45かもしか展望台11:4611:51中大巓12:09人形石12:36藤十郎13:10弥兵衛平分岐13:19東大巓13:2114:39継森14:4315:50中吾妻山16:0117:00谷地平小屋
2日目
山行
7時間44分
休憩
49分
合計
8時間33分
谷地平小屋06:0407:42姥地蔵07:52姥ヶ原分岐07:5408:34東吾妻山08:3709:15浄土平09:2709:52吾妻小富士09:5410:10浄土平10:3211:53前大巓12:0012:52五色沼分岐12:5312:58家形山避難小屋13:10硯石14:37高湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
強風と直前の降雨の影響で稜線はガリガリのアイスバーン、山腹は昇温により湿雪のため転倒などに注意。
その他周辺情報下山後は花月ハイランドホテルの日帰り入浴(700円)。もしくは高湯温泉あったか湯(250円)。どちらも近くにバス停あり。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー 長袖フリース ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 着替え ザック 食糧 タオル ナイフ カメラ ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 地図(地形図) コンパス GPS 計画書 スキー板 ストック ブーツ ビンディング シール クトー ヘルメット ビーコン シャベル プローブ サングラス ゴーグル スリング数本 カラビナ数枚

写真

グランデコのゲレンデトップからスタート。早速プチモンスターがお出迎え(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グランデコのゲレンデトップからスタート。早速プチモンスターがお出迎え(笑)
5
西大巓までの登りも、振り返れば絶景。雪を纏った磐梯山がかっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓までの登りも、振り返れば絶景。雪を纏った磐梯山がかっこいい。
4
西大巓の山頂から飯豊連峰。あちらもいつか、雪の季節に縦走したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓の山頂から飯豊連峰。あちらもいつか、雪の季節に縦走したい。
4
西大巓からの西吾妻山。快晴で気持ちよく進めそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓からの西吾妻山。快晴で気持ちよく進めそう。
2
西吾妻小屋の二階のドア、開きっぱなしで雪が吹き込んでいました…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻小屋の二階のドア、開きっぱなしで雪が吹き込んでいました…。
3
西吾妻山まで来るとモンスターがお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻山まで来るとモンスターがお出迎え。
2
モンスターたちの生息域は春になるにつれて徐々に狭まり…そろそろ撤退かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターたちの生息域は春になるにつれて徐々に狭まり…そろそろ撤退かな?
8
西吾妻山の山頂はこれと言って特徴もなく。山頂標識も雪の下ですしね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻山の山頂はこれと言って特徴もなく。山頂標識も雪の下ですしね。
中大巓から振り返って西吾妻山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中大巓から振り返って西吾妻山。
2
稜線上にはところどころにツアーコースの標識がありますが、これは吹雪いてたら見えないだろうな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上にはところどころにツアーコースの標識がありますが、これは吹雪いてたら見えないだろうな…。
藤十郎の手前から振り返って西吾妻山(左)と中大巓(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤十郎の手前から振り返って西吾妻山(左)と中大巓(右)。
2
東大巓に向かってなだらかに登ります。右奥の山頂だけ白いのが東吾妻山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大巓に向かってなだらかに登ります。右奥の山頂だけ白いのが東吾妻山。
1
景色が良いので何度も振り返って堪能。西大巓が見えなくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が良いので何度も振り返って堪能。西大巓が見えなくなりました。
1
東大巓が近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大巓が近づいてきました。
右手にはこれから歩く稜線。あの一番右、中吾妻山まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にはこれから歩く稜線。あの一番右、中吾妻山まで。
2
東大巓の山頂から西吾妻山〜中吾妻山〜藤十郎の稜線。飯豊連峰とはここでしばしのお別れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大巓の山頂から西吾妻山〜中吾妻山〜藤十郎の稜線。飯豊連峰とはここでしばしのお別れ。
1
東大巓からは夏道を外れて南下。目指す中吾妻山はあの向こう側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大巓からは夏道を外れて南下。目指す中吾妻山はあの向こう側。
2
左手には常に東吾妻山が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には常に東吾妻山が見えています。
2
1760mあたりから。右手前が継森、左奥がP1933かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1760mあたりから。右手前が継森、左奥がP1933かな。
1
中央あたりの森の中の雪原が今日の宿泊地、谷地平ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央あたりの森の中の雪原が今日の宿泊地、谷地平ですね。
1
継森から振り返って東大巓。だいぶなだらかだな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継森から振り返って東大巓。だいぶなだらかだな…。
P1933の向こうに、本日の最終ピーク中吾妻山が見えてきた…!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1933の向こうに、本日の最終ピーク中吾妻山が見えてきた…!
1
P1933から中吾妻山。中吾妻山は1930mなのでこちらの方が高いのに無名峰。不思議。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1933から中吾妻山。中吾妻山は1930mなのでこちらの方が高いのに無名峰。不思議。
4
コルから直登を試みましたが、これは失敗。先人に倣い北西の1900ポコとのコルを目指すべきでした。ここまでガリガリ急登で苦戦した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから直登を試みましたが、これは失敗。先人に倣い北西の1900ポコとのコルを目指すべきでした。ここまでガリガリ急登で苦戦した。
1
そしてついに!中吾妻山に到着!西吾妻山方面の景色が最高…あそこからぐるっと回ってきたのか…いやはや、よく歩いたわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてついに!中吾妻山に到着!西吾妻山方面の景色が最高…あそこからぐるっと回ってきたのか…いやはや、よく歩いたわ。
6
東大巓は継森に隠れて見えてない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大巓は継森に隠れて見えてない。
明日の最初のピークは左側の東吾妻山。右奥の箕輪山〜鉄山〜安達太良山も縦走してみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日の最初のピークは左側の東吾妻山。右奥の箕輪山〜鉄山〜安達太良山も縦走してみたい。
2
中吾妻山〜P1933間のコルから谷地平に向けて滑降後、大倉川の渡渉点。スノーブリッジを恐る恐る渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中吾妻山〜P1933間のコルから谷地平に向けて滑降後、大倉川の渡渉点。スノーブリッジを恐る恐る渡りました。
本日の宿泊地、谷地平小屋に到着。誰も居ないでしょ、と思ったら山スキーヤーのご夫婦が。何とびっくり、今回の縦走を計画するにあたってかなり参考したHPの管理人さんでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の宿泊地、谷地平小屋に到着。誰も居ないでしょ、と思ったら山スキーヤーのご夫婦が。何とびっくり、今回の縦走を計画するにあたってかなり参考したHPの管理人さんでした!
9
2日目スタート。姥ヶ原直前から振り返って中吾妻山。良い山だった…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目スタート。姥ヶ原直前から振り返って中吾妻山。良い山だった…。
3
進行方向には前大巓、P1928、一切経山。今日も最高の天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向には前大巓、P1928、一切経山。今日も最高の天気。
2
雨、陽射し、強風で雪面が叩かれてカチンコチン…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨、陽射し、強風で雪面が叩かれてカチンコチン…。
2
東吾妻山へは夏道登山道でさくさくと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東吾妻山へは夏道登山道でさくさくと。
1
強風には少し苦労しましたが、東吾妻山に到着。これで吾妻山ハットトリック(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風には少し苦労しましたが、東吾妻山に到着。これで吾妻山ハットトリック(笑)
4
今回の縦走で唯一、山頂標識があったのが東吾妻山。他の山の標識は雪の中か、そもそも無いか、ですね。ここは風が強すぎて雪が飛ばされるので埋まらない…みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の縦走で唯一、山頂標識があったのが東吾妻山。他の山の標識は雪の中か、そもそも無いか、ですね。ここは風が強すぎて雪が飛ばされるので埋まらない…みたい。
1
東吾妻山からのパノラマ。左側〜中央にかけて中妻山〜東大巓の稜線と、その奥に西大巓〜中大巓の稜線。中央〜右側にかけては昭元山や烏帽子山、ニセ烏帽子山。小さく尖っているのが兵子。その右に真っ白な前大巓〜P1928〜一切経山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東吾妻山からのパノラマ。左側〜中央にかけて中妻山〜東大巓の稜線と、その奥に西大巓〜中大巓の稜線。中央〜右側にかけては昭元山や烏帽子山、ニセ烏帽子山。小さく尖っているのが兵子。その右に真っ白な前大巓〜P1928〜一切経山。
2
いやー、何度見ても素晴らしい景色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー、何度見ても素晴らしい景色だ。
1
次のピークは写真右側、吾妻小富士。浄土平まで一気に下ってからの登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークは写真右側、吾妻小富士。浄土平まで一気に下ってからの登り返し。
1
吾妻小富士は明らかに雪が飛ばされているので、スキー板はデポってブーツで登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士は明らかに雪が飛ばされているので、スキー板はデポってブーツで登りました。
吾妻小富士の山頂から東吾妻山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士の山頂から東吾妻山。
1
一切経山の斜面に雪が付いていないので、風と言うよりも地熱だろうな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山の斜面に雪が付いていないので、風と言うよりも地熱だろうな…。
1
一切経山、噴火はしていないものの噴気は出てますしね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一切経山、噴火はしていないものの噴気は出てますしね。
2
酸ヶ平の手前あたりから吾妻小富士。見事なお鉢です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ平の手前あたりから吾妻小富士。見事なお鉢です。
2
酸ヶ平から前大巓。あれが今回の最終ピークだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ平から前大巓。あれが今回の最終ピークだ!
1
鎌沼は凍結して雪原に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌沼は凍結して雪原に。
1
前大巓に到着。ここもこれと言って特徴のない山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前大巓に到着。ここもこれと言って特徴のない山頂。
吾妻小富士を除いて、歩いてきた全てのピークが見えました。四つの吾妻山、四つの巓を繋ぐルート、無事に達成です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻小富士を除いて、歩いてきた全てのピークが見えました。四つの吾妻山、四つの巓を繋ぐルート、無事に達成です。
2
東吾妻山と…左手に見える黒い山は高山かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東吾妻山と…左手に見える黒い山は高山かな。
1
達成感に包まれながら下山開始。魔女の瞳と呼ばれる五色沼をかすめて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達成感に包まれながら下山開始。魔女の瞳と呼ばれる五色沼をかすめて行きます。
5
魔女の瞳は瞑ったまま。お休み中ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魔女の瞳は瞑ったまま。お休み中ですね。
3
家形山分岐に到着。ここまで来れば風の影響も無くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山分岐に到着。ここまで来れば風の影響も無くなります。
急激にマーカーが増えました。慶応吾妻山荘の管理人さんがつけてくれているみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急激にマーカーが増えました。慶応吾妻山荘の管理人さんがつけてくれているみたい。
2
吾妻スキー場跡地までもう少し…!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻スキー場跡地までもう少し…!
スキー場跡地に出ました。このまま滑って行けば高湯温泉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場跡地に出ました。このまま滑って行けば高湯温泉です。
1

感想/記録

積雪期の吾妻連峰縦走は計画を温めていた山行の一つ。せっかくなので単純に主稜線を辿るだけでなく、何かテーマを決めて縦走しよう、と思い設定したのがこのルート。”西大巓〜西吾妻山〜中大巓〜東大巓〜中吾妻山〜東吾妻山〜吾妻小富士〜前大巓”と、地形図に記載のある全ての吾妻山と全ての巓を結ぶもの。

このルートのうち、”東大巓〜中吾妻山〜谷地平小屋”と”鎌沼〜前大巓〜五色沼”は夏道が無く、積雪期限定とも言えるルート。無雪期は藪漕ぎを楽しめないと難しそう。実現するために先人たちの記録を読み漁り、中でも特に参考になったのが山人さんとモコモコさんのHP"山人小屋"でした。お二人とは偶然にも谷地平小屋でご一緒することになり、山スキーの話で盛り上がり、美味しい鍋もご馳走になるなど楽しい時間を過ごしました。お会いできて嬉しかったです。ありがとうございました!

なお、吾妻山は活火山(2018年3月4日時点では警戒レベル1)のため、登山の際は気象庁HPやニュースなどで噴火情報の確認をすることをお勧めします。
訪問者数:907人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/14
投稿数: 22
2018/3/6 8:09
 素晴らしい!
yanmer009さん、おはようございます。
谷地平避難小屋でお会いした山モコです。

「地形図に記載のある全ての吾妻山と全ての巓を結ぶ」という発想をしたことがある人は恐らくいると思いますが、それを現実にやり遂げることができた人はyanmer009さんしか聞いたことがありません。

この記録は吾妻のグランドスラムともいうのでしょうか。とても素晴らしい記録です。しかも1泊2日という超スピードでの達成おめでとうございます。

身近な山でのこのような記録は、凄さがよく分かります。

谷地平避難小屋ではお世話になりました。いろんなところ行かれているのですね。いやーもっといろいろなお話したかったです。

またどこかの山でお会い出来るといいですね。
登録日: 2011/10/17
投稿数: 13
2018/3/8 7:02
 Re: 素晴らしい!
山モコさん、コメントありがとうございます。

二日目も順調に歩みを進め、計画どおり14:30に高湯温泉に到着しました。この計画を実現し無事に完遂できたのは、本当に山モコさんの記録のおかげです。ありがとうございました!

唯一、やり残したことと言えば慶応吾妻山荘に寄れなかったことでしょうか。分岐あたりでは予定より時間が遅かったため、管理人さんにはご挨拶せずに降りてしまいました。次回は立ち寄らなければ。

また雪の吾妻でお会いしましょう。楽しみにしています!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ