また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1396160 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

吾妻連峰 高湯から中吾妻山を越えて秋元湖へ

日程 2018年03月02日(金) 〜 2018年03月04日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候3/2 曇りのち晴れ(強風)、3/3〜3/4 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 福島駅9:25-花月ハイランド前10:01
帰り 秋元湖入口17:37-裏磐梯ロイヤルホテル17:39/17:50-喜多方駅19:10
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間14分
休憩
0分
合計
5時間14分
Sスタート地点10:3712:09スカイライン横断地点13:49山鳥山15:51家形山避難小屋
2日目
山行
6時間46分
休憩
40分
合計
7時間26分
家形山避難小屋07:3408:11五色沼分岐08:50家形山09:3009:47兵子分岐10:54ニセ烏帽子山15:00谷地平避難小屋
3日目
山行
10時間34分
休憩
41分
合計
11時間15分
谷地平避難小屋06:1011:00中吾妻山14:09林道14:2615:12議場15:48秋元湖横断開始16:0216:55千貫17:0517:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
家形山分岐から家形山の肩までの斜面はクラストしていることが多いので、転滑落に注意。
全体的になだらかな地形でほぼ樹林帯を行くので、視界が悪いときなどはコース取りがわかりにくくなる。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 計画書 ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ ビンディング スキー板 シール 個人マット シュラフ シュラフカバー 水筒
共同装備 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 カメラ テント フライ テントマット ラジオ コンロ(ガス用 ガソリン用) 燃料(ガス ガソリン) コッフェル
備考 スキー・シールワックスは持って行って良かった。

写真

登山ポストに登山届を出して出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストに登山届を出して出発
2
春の嵐で木には吹き付けられた雪がべっとり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の嵐で木には吹き付けられた雪がべっとり
2
スカイライン横断点
除雪されていなかった。間に合った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイライン横断点
除雪されていなかった。間に合った。
1
井戸溝の橋は完全に埋まった
2018年03月02日 14:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸溝の橋は完全に埋まった
2
慶應吾妻山荘分岐
看板がなかった。営業しているのだろうか?
2018年03月02日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慶應吾妻山荘分岐
看板がなかった。営業しているのだろうか?
1
稜線は爆風だろうな
2018年03月02日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は爆風だろうな
2
かなり埋まっていた。ここまで埋まっているのは
初めて。
2018年03月02日 15:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり埋まっていた。ここまで埋まっているのは
初めて。
4
ガンちゃん落しを登る。
雪崩が怖い。
2018年03月03日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンちゃん落しを登る。
雪崩が怖い。
4
ガリガリでスキーでは登れなくなった
2018年03月03日 08:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリでスキーでは登れなくなった
1
家形山へツボ足で登る。
天気が良くて良かった。
2018年03月03日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山へツボ足で登る。
天気が良くて良かった。
3
登りの途中から吾妻の瞳、五色沼を見る
2018年03月03日 08:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの途中から吾妻の瞳、五色沼を見る
5
家形山から下降すると兵子が見えた
2018年03月03日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家形山から下降すると兵子が見えた
1
ニセ烏帽子山
2018年03月03日 10:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセ烏帽子山
1
昭元山には行かずに谷地平に降りることにした
2018年03月03日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭元山には行かずに谷地平に降りることにした
1
目指すはあの白い台地の谷地平
2018年03月03日 12:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すはあの白い台地の谷地平
3
大倉深沢横断点から東大巓方面
2018年03月03日 14:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉深沢横断点から東大巓方面
1
谷地平から前大巓方面
突っ切る喜びがある。
2018年03月03日 14:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平から前大巓方面
突っ切る喜びがある。
2
谷地平避難小屋に着いた。
裏側から 入口扉は反対側にある
2018年03月03日 14:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地平避難小屋に着いた。
裏側から 入口扉は反対側にある
5
入口扉が埋まっている。ここまで埋まっているは初めて。
30分近くかけて掘り出した
2018年03月03日 15:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口扉が埋まっている。ここまで埋まっているは初めて。
30分近くかけて掘り出した
4
乾いた床で過ごせる小屋はやはり快適。
夕方、グランデコから中吾妻山を回ってきたという、恐るべきハイスピードの単独男性yanmer009さん登場。
楽しい一夜となりました。
2018年03月03日 15:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾いた床で過ごせる小屋はやはり快適。
夕方、グランデコから中吾妻山を回ってきたという、恐るべきハイスピードの単独男性yanmer009さん登場。
楽しい一夜となりました。
6
水を汲むことが出来て助かる
2018年03月03日 15:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を汲むことが出来て助かる
1
これから向かう中吾妻山
今日も天気が良さそうだ
2018年03月04日 06:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう中吾妻山
今日も天気が良さそうだ
2
姥ヶ沢を渡る
2018年03月04日 06:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ沢を渡る
大倉川横断点から大倉川下流を見る
2018年03月04日 06:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉川横断点から大倉川下流を見る
ウサギさんのレストランだったらしい
気温が上がって暑い。
2018年03月04日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギさんのレストランだったらしい
気温が上がって暑い。
yanmer009さんのトレースと合流
2018年03月04日 09:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yanmer009さんのトレースと合流
ようやく中吾妻山が見えた
ウエアのベンチレータ全開でも暑くてたまらない。
真ん中のトレースはyanmer009さんのもの。楽しかったであろう様子が伺える。
2018年03月04日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく中吾妻山が見えた
ウエアのベンチレータ全開でも暑くてたまらない。
真ん中のトレースはyanmer009さんのもの。楽しかったであろう様子が伺える。
2
ようやく稜線に上がった 
北側には名無しのピーク
2018年03月04日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に上がった 
北側には名無しのピーク
1
南側にはこれから向かう中吾妻山
2018年03月04日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にはこれから向かう中吾妻山
うねる雪堤をさけて西側を巻きながらいく
2018年03月04日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うねる雪堤をさけて西側を巻きながらいく
1
奥に猪苗代湖と磐梯山
気になる秋元湖は真っ白で、どうやら渡れそうだ
2018年03月04日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に猪苗代湖と磐梯山
気になる秋元湖は真っ白で、どうやら渡れそうだ
2
磐梯山の前に、秋元湖、小野川湖、檜原湖が並んで見える
2018年03月04日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山の前に、秋元湖、小野川湖、檜原湖が並んで見える
2
西大巓から東大巓までの稜線
2018年03月04日 11:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓から東大巓までの稜線
1
中吾妻山のガリガリ雪堤
奥の稜線は、東大巓から烏帽子山へ続く県境稜線。
2018年03月04日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中吾妻山のガリガリ雪堤
奥の稜線は、東大巓から烏帽子山へ続く県境稜線。
4
昭元山から前大巓 真ん中の白い平地は谷地平
2018年03月04日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭元山から前大巓 真ん中の白い平地は谷地平
2
ひょっこりピークとの鞍部から下降開始
この時点で予定から1時間以上の遅れ
2018年03月04日 11:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっこりピークとの鞍部から下降開始
この時点で予定から1時間以上の遅れ
3
広葉樹林帯に入ると樹林の間隔がひらけて快適になった
2018年03月04日 12:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹林帯に入ると樹林の間隔がひらけて快適になった
グランデコのゲレンデが見えた
2018年03月04日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グランデコのゲレンデが見えた
1
ある程度気温が上がったことで、シールを付けたままでもよく滑るようになったようだ
時折平坦なところが出てくるので、シールをはずさなくても遅れることなく着いてくる。
2018年03月04日 13:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度気温が上がったことで、シールを付けたままでもよく滑るようになったようだ
時折平坦なところが出てくるので、シールをはずさなくても遅れることなく着いてくる。
1
唐松の植林地帯になると間もなく
2018年03月04日 14:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松の植林地帯になると間もなく
林道到着。ここからがまだ長い。
2018年03月04日 14:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道到着。ここからがまだ長い。
中津川を橋で渡る
2018年03月04日 15:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中津川を橋で渡る
1
レークラインとその下を貫く隧道
2018年03月04日 15:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レークラインとその下を貫く隧道
1
ようやく秋元湖に着いたが、ガーン!!
中津川の流入口付近はすでに口を開けている。
本来ならばこのまままっすぐ突っ切っていくのだが・・・。
2018年03月04日 15:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく秋元湖に着いたが、ガーン!!
中津川の流入口付近はすでに口を開けている。
本来ならばこのまままっすぐ突っ切っていくのだが・・・。
2
仕方がないので迂回
2018年03月04日 16:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方がないので迂回
1
表面の雪が解けてバシャバシャ
湖を渡る仲間出現、ワカサギ釣りの管理人さんらしき方がソリを引いている。
2018年03月04日 16:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表面の雪が解けてバシャバシャ
湖を渡る仲間出現、ワカサギ釣りの管理人さんらしき方がソリを引いている。
1
あの山の向こうから登って、てっぺんから降りてきたんだなあ。
2018年03月04日 16:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山の向こうから登って、てっぺんから降りてきたんだなあ。
4
渡り終わったところはスノーモービルの駐車場
2018年03月04日 16:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡り終わったところはスノーモービルの駐車場
1
とうとう終了 お疲れー
湖を渡ったすぐ先から板を担ぐことになり、へとへとになってバス停に到着。
2018年03月04日 17:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう終了 お疲れー
湖を渡ったすぐ先から板を担ぐことになり、へとへとになってバス停に到着。
2

感想/記録

今シーズン、4度目の挑戦でようやく吾妻の深い懐まで潜り込むことが出来た。
3月に入り、厳冬期の装いはなくなった。少し残念な気持ちもある。

1日目
春の嵐の影響で風が強かった。天気は晴れで良かった。
入山口で数年ぶりにTさん御夫妻にお会いした。相変わらずパワフルでした。
御夫妻は不動沢登山口の先まで先行しピストン。そこから先は我々だけの世界になった。大したラッセルもなく順調に小屋に到着。
ただ、今まで見たこともないくらい入口が埋まっており掘り返すのに時間が掛かった。

2日目
ガンチャン落しを登った。いつも雪崩が気になる場所だが、今回は春の嵐の強風により雪崩れそうな雪は吹き飛ばされたのか安定していた。
春の嵐の影響で、家形山直下の斜面はクラストしていた。
シールが全く効かないので、ツボ足で登った。
主稜線に上がると樹林帯となり、シールが効くようになった。
時間の経過と共に気温が上昇してシールに団子が付いた。
烏帽子山は登らずに南斜面を巻いた。昭元山との鞍部手前から、谷地平へ向かって下り降りた。
計画では東大巓まで行く予定だったが、シールに団子が付きペースダウンしたのと、暑さで体力消耗した為、断念した。無理はしない。

谷地平避難小屋ではyanmer009さんと出会った。「全ての吾妻山と巓を結ぶ旅」を実行しようとしている勇者だった。

3日目
早起きして、3人で記念撮影をして出発した。
昨日以上に気温が高くなって、ペースが上がらない。
中吾妻山から下降した斜面は適度に滑る雪質だった。
春の嵐の後の気温上昇の影響で、秋元湖への中津川からの流入口付近の解氷が進んでおり、少し回り込むことになった。
湖はまだ凍結していて渡れるが、表面の雪が融けてバシャバシャになっているところがあった。それでも湖が渡れないと2時間は余計にかかるので、凍結していてくれて助かった。
千貫からは既にアスファルトが出ており、板は担いでいくことになった。

詳細な内容はHP「山人小屋」にて公開しています。
http://yamamoko.omiki.com/20180302azuma/20180302azuma.htm
訪問者数:545人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/19
投稿数: 561
2018/3/9 21:38
 4度目の吾妻
季節は進んでしまいましたが、相変わらずの素敵な山行ですね〜。
まさに吾妻の山旅!という記録、最後に秋元湖を縦断するもの、旅の締めくくりらしくロマンを感じます
気候もようやく安定してきそうな気配、寒さに弱い私たちもそろそろゆっくり吾妻を歩きたくなってきました。
また、お二人の記録を参考にさせていただきますね^ ^
登録日: 2014/10/14
投稿数: 25
2018/3/9 22:48
 Re: 4度目の吾妻
koji_mtさん、こんばんは!
いつも遊びに来ていただきありがとうございます。

スカイライン除雪前にようやく吾妻の懐に入ることが出来ました。
今シーズンはずっと寒かったような気がします。
最後の最後に山の神様がチャンスを与えてくれたのでしょう。
重い日本酒を山行毎に担いで乾杯前に捧げた甲斐がありました。

雪が締って心が弾む季節になりましたね。山モコのスキーシーズンもこれにて終了です。
次回はスノーシューやワカンで歩き回りたいと思います。
登録日: 2017/1/5
投稿数: 47
2018/11/11 11:03
 吾妻はいい山ですね。
吾妻は雪のあるときに三回行っていますが、人が少なくて気分が良いところですね。ただ、吹雪かれると動きが取れない・・・停滞を余儀なくされたこともあります。
余談ですが、鉄小屋の温泉、熱すぎて入れないとき・・・・氷柱(つらら)を折ってきて入れたらよく効きましたよ。雪は湯加減の調節には全く役立たずです。
登録日: 2014/10/14
投稿数: 25
2018/11/11 15:19
 Re: 吾妻はいい山ですね。
tama-takeshi さん、初めましてこんにちは!
コメントありがとうございます。
吾妻の良いところといえば、確かに人が少ないということが大事ですね。
また、tama-takeshiさんのおっしゃる通り、視界が効かないと、特に積雪期は一変して、吹き曝しの中で現在地を見失ってしまう怖い山でもありますが、自分たちの登山を楽しむことができる貴重な山域だと思っています。
吾妻の良さが分かる方が一人でも多く増えると嬉しいのですが、あまり増えると静けさがなくなってしまうのが悩みどころです。

現在、一切経山の火山活動の影響(レベル2)で立ち入り禁止が設けられ、自由な登山活動が出来ないのが残念です。早く治まってほしいものです。

>余談ですが、鉄小屋の温泉、熱すぎて入れないとき・・・・氷柱(つらら)を折ってきて入れたらよく効きましたよ。雪は湯加減の調節には全く役立たずです。

今で言う、安達太良山のくろがね小屋の事でしょうか?私もあそこの温泉と小屋共に大好きです。趣のある小屋ですが、2019年に老朽化の為建替え工事になるとのことです。
今シーズンのうちになんとか行けると良いのですが。
登録日: 2017/1/5
投稿数: 47
2018/11/11 17:09
 Re[2]: 吾妻はいい山ですね。
一切経山に立入禁止区域ですか? 

私は昔5月に一切経山から姥湯へスキーで降りたことがあります。
噴煙の付近ではカメラとフィルムを守るためにビニール袋に入れてザックにしまって登りました。
姥湯では、女湯がまだ雪で埋まっていて、男湯だけで男女が入りましたが、まあ、女性と言っても湯治のお婆さんばかりで、特にどうと言うこともありませんでした(w)。
噴煙の付近ではカメラとフィルムを守るためにビニール袋に入れてザックにしまって登りました。
鉄小屋=くろがね小屋です。当時の表記でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ