ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 947720 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

日程 2016年08月16日(火) 〜 2016年08月17日(水)
メンバー bubo_bubo
天候ガスガスガス
アクセス
利用交通機関
バス
平湯バスターミナルよりシャトルバスで畳平へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間40分
休憩
1時間10分
合計
3時間50分
S乗鞍白雲荘07:0008:20乗鞍岳08:30乗鞍岳頂上小屋09:3010:10肩の小屋10:2010:50乗鞍白雲荘
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に無し
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

感想/記録

せっかく前乗りして一泊したのにも関わらず、台風の影響もあってか二日間とも終始ガスの中。
夜中に晴れ間が広がり、少しの時間だけ星空を堪能させてくれたけど、朝目を覚ますと一面真っ白。昨夜の晴れ間は何だったのか…
もしかしたら山頂ではガスを超えているかも知れないし、雷鳥の出現条件としては良い条件が揃っていることだし、雷鳥を心の支えにし、だらりと出発。
出発するや霧雨は大粒の雨に変わり、雷鳥の鳴き声を聞き漏らすまいと思っていても、レインのフードが雨音を更に大きくし邪魔をする。
一気に2700メートルまで連れてこられた体は、薄い酸素に中々なれてくれず、たかだか300メートルの標高差が地味に応える。
何事も無く山頂に到達し、山頂小屋で一服。
小屋番さんと楽しくお話させて頂き、気軽に来れてしまう乗鞍ならではの問題などもお聞かせ下さいました。
雷鳥の出現ポイントなども教えて頂き、意気揚々と小屋を後にしたものの、雷鳥はおろか鳴き声すら聞かせてくれない山行となってしまいました。

あっという間の山頂に、景色は一面真っ白、出会った植物も動物もごく僅か。
楽しかったのどうかもはっきりしない、そんな山行でした。
でもまた来ちゃうんだろうな。
訪問者数:34人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ