ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 乗鞍岳

乗鞍岳(のりくらだけ) / 剣ヶ峰

最終更新:2016-02-10 22:00 - Raccoon-dog
基本情報
標高 3025.64m
場所 北緯36度06分23秒, 東経137度33分12秒
山頂 乗鞍岳の最高峰・剣ヶ峰
展望ポイント

乗鞍岳の日の出・日の入り時刻

12/03(土) 12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金)
日の出 6時33分 6時34分 6時35分 6時36分 6時37分 6時38分 6時38分
日の入り 16時47分 16時46分 16時46分 16時46分 16時47分 16時47分 16時47分

乗鞍岳 (標高3025.64m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-9.3
平均気温
-12.3
最低気温
-17.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.2 時間/日
降水量 3.9 mm/日
最深積雪 34 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。飛騨側の高山市街地などから大きな山容を望むことができ、親しまれてきた山である。
山体は岐阜県と長野県に跨がる活火山で日本で19番目に高い山。活火山ランクCが山頂部に噴気地帯は存在しない。比較的新しい火山であることから穏やかな山容が特徴で、最新の噴火は2000年前の恵比寿岳での噴火とされている。乗鞍岳を含む飛騨山脈の主な山域は1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園の指定を受け。長野県側の麓には溶岩流で形成された乗鞍高原が広がる。1949年に岐阜県道の観光道路で標高2,702 mの畳平までバスが運行されるようになると、大衆化し「雲上銀座」と呼ばれ観光地として賑わった。長野県側からも畳平まで乗鞍エコーラインが開通し山麓にはスキー場が建設され周辺には温泉地があり、四季を通じて美しい景観に恵まれ、乗鞍岳の山域は観光地、保養地として発展している、新日本百名山、信州百名山、ぎふ百山、一等三角点百名山に選定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「乗鞍岳」 に関連する記録(最新10件)

槍・穂高・乗鞍
  34     144 
2016年11月16日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  37    40  2 
2016年11月12日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  66     197  6 
2016年11月12日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  37     28 
2016年11月07日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  18    41 
2016年11月06日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  31    53 
2016年10月31日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  26    4 
2016年10月30日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  14   9 
2016年10月30日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  49    16 
atsushushu, その他1人
2016年10月26日(日帰り)
未入力
  
2016年10月21日(日帰り)
ページの先頭へ