ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954270 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

西吾妻山

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー chappybabo, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裏磐梯から山越え
天元台ロープウェイ湯元駅に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
20分
合計
5時間10分
Sスタート地点08:0008:50北望台登山口09:20人形石09:3010:55西吾妻山11:0012:10リフト頂上12:1513:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
なし
その他周辺情報白布温泉 西屋の浴室には、湯滝が流れる。まさに日本の秘湯
http://www.nishiya-shirabu.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 医薬品パック 細引き 小物パック(ヘッドランプ ラジオ ナイフ マッチ) レインウェア 防寒着 地図 磁石 水(500mlペットボトル) 行動・非常食(ドライフルーツ カシューナッツ チョコレート) ストック ツェルト バーナー(PRIMUS) コッフェル
共同装備 ツェルト バーナー(PRIMUS) コッフェル

写真

リフト終点を降り、展望を求めて人形石に向かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト終点を降り、展望を求めて人形石に向かった。
東吾妻山方面
NHK日本百名山では、こちらから火山湖とササヤブのブッシュ道を紹介していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東吾妻山方面
NHK日本百名山では、こちらから火山湖とササヤブのブッシュ道を紹介していました。
西吾妻山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西吾妻山に向かいます。
イワオトギリ
今年は雪解けが早く、高山植物の見ごろはすでに終わっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
今年は雪解けが早く、高山植物の見ごろはすでに終わっていました。
前日、会津駒ヶ岳で観たチングルマは、ここでは綿毛になってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日、会津駒ヶ岳で観たチングルマは、ここでは綿毛になってます。
大凹(おおくぼ)の力水、滑らかでうまいです。
ここから登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凹(おおくぼ)の力水、滑らかでうまいです。
ここから登り。
坂道を登り切り、いろは沼を過ぎると岩山が現れる。
天狗岩についたど〜!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂道を登り切り、いろは沼を過ぎると岩山が現れる。
天狗岩についたど〜!!!
岩の台地の端に吾妻神社が祀られている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の台地の端に吾妻神社が祀られている。
展望のない山頂
冬季はこの道標は雪の下だろう。GPSでないと山頂が分からないわけだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない山頂
冬季はこの道標は雪の下だろう。GPSでないと山頂が分からないわけだ。
帰りはまた池塘郡の中を引き返します。
途中で米沢ケーブルテレビのインタビューを受けました。
カメラマンと大きなマイクを持ったインタビュアの二人、テレビのネタ探しも体力勝負ですナ!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはまた池塘郡の中を引き返します。
途中で米沢ケーブルテレビのインタビューを受けました。
カメラマンと大きなマイクを持ったインタビュアの二人、テレビのネタ探しも体力勝負ですナ!!!
下山後、自然湧出の白布温泉に直行
茅葺屋根の湯滝の宿 西屋の湯で汗を流しました。
いい湯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、自然湧出の白布温泉に直行
茅葺屋根の湯滝の宿 西屋の湯で汗を流しました。
いい湯です。

感想/記録

昨年来、冬季に福島県側のグランデコスキー場からスノーモンスターを撮りにいくついでに、西吾妻山山頂を踏む計画だったが、週末に好天候に恵まれず機会を逸していた。
今回、南会津の会津駒ヶ岳まで来たついでに会津を縦断し、山形米沢側から登り、頂上を踏んだ。
展望のないのぺっとした山頂で、同じような山々と池塘の草原が続く。冬季に積雪の中でガスると道迷いするであろうことが良く分かる。
快晴の日の山スキーやスノーシューハイクは、爽快だろう。
訪問者数:29人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ