ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 959043 全員に公開 ハイキング甲信越

八海山 (山頂駅〜八ツ峰〜迂回路)

日程 2016年09月11日(日) [日帰り]
メンバー hidetosh
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
ロープウェイ乗車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
1時間21分
合計
5時間22分
S八海山ロープウェイ山頂駅08:0908:33大倉口分岐08:52漕池09:09女人堂09:1909:53八海山(薬師岳)09:5410:05千本檜小屋10:1510:23地蔵岳10:4311:12千本檜小屋、新道、五竜岳分岐11:1711:17八海山(大日岳)11:2411:27千本檜小屋、新道、五竜岳分岐11:3312:00地蔵岳12:0112:06千本檜小屋12:1512:21八海山(薬師岳)12:3312:48女人堂13:04漕池13:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<千本檜小屋(9合目)まで>
特別危険な場所はありませんでしたが、湿っていてすべる場所がありました。
鎖場の岩場も少し濡れていたので慎重に進みました。
<八ツ峰>
1ミスでアウトな場所が多いです。
鎖がないのに足元が空いている場所があったりと緊張しました。
鎖があるところも高度感ある場所多数でしたが、集中して慎重に進みました。
<迂回路>
濡れていて、八ツ峰よりもこちらの方が注意を要しました。
鎖がある場所はまだ大丈夫ですが、鎖無しで、靴一足分くらいのスペースの箇所があり、緊張しました。

その他周辺情報11日は八海山登山の日で、抽選会がありました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ロープウェー山麓駅です。
曇り予報でしたが、危険防止のため、しばらく雨が降っていない日を狙ってきました。始発の8時に乗り込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェー山麓駅です。
曇り予報でしたが、危険防止のため、しばらく雨が降っていない日を狙ってきました。始発の8時に乗り込みます。
1
思ったより多くの登山者がいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったより多くの登山者がいました。
2
ロープウェーの登りはガスでしたが、途中でくぐり抜けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェーの登りはガスでしたが、途中でくぐり抜けました。
ロープウェーを降りた先にある看板です。
山頂駅は4合目で、10合目の大日岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェーを降りた先にある看板です。
山頂駅は4合目で、10合目の大日岳を目指します。
1
山頂駅からは、この鳥居をくぐって登りはじめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅からは、この鳥居をくぐって登りはじめます。
1
比較的歩きやすい登山道ですが、少し湿っており滑らないよう注意でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的歩きやすい登山道ですが、少し湿っており滑らないよう注意でした。
1
途中、少し急な登りがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、少し急な登りがあります。
1
女人堂到着。バイオトイレもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂到着。バイオトイレもありました。
2
鎖場があります。傾斜は急ではありませんが、濡れていたので慎重に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場があります。傾斜は急ではありませんが、濡れていたので慎重に進みます。
1
8合目、薬師岳到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目、薬師岳到着。
1
立派な社です。安全祈願します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な社です。安全祈願します。
1
9合目の千本檜小屋と、その奥に八ツ峰が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目の千本檜小屋と、その奥に八ツ峰が見えてきました。
2
遠くに越後駒ケ岳が見えました。
今度登ってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに越後駒ケ岳が見えました。
今度登ってみたい。
9合目の千本檜小屋に到着。
ここでヘルメットを被って軽く食事を摂った後、ザックを預かっていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目の千本檜小屋に到着。
ここでヘルメットを被って軽く食事を摂った後、ザックを預かっていただきました。
八ツ峰チャレンジ開始です。
最初の地蔵岳を目指します。
少し進んで、左に折れて登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ峰チャレンジ開始です。
最初の地蔵岳を目指します。
少し進んで、左に折れて登っていきます。
左に折れる場所の看板です。
写真左上、草に少し隠れてしまっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に折れる場所の看板です。
写真左上、草に少し隠れてしまっています。
八ツ峰最初の鎖の登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ峰最初の鎖の登りです。
地蔵岳到着。結構高いです・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳到着。結構高いです・・・。
2
お地蔵様を正面から引いて撮るのは、自分にはハイリスクでした(汗)
ちょっと怖かったので、ここで少し立っていたら、高度に慣れてくる感じがわかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様を正面から引いて撮るのは、自分にはハイリスクでした(汗)
ちょっと怖かったので、ここで少し立っていたら、高度に慣れてくる感じがわかりました。
1
お地蔵様は大変優しい顔をされてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様は大変優しい顔をされてました。
1
遠くに町が見えます。高所恐怖症と思っていた自分がこのような狭くて高いところに立つのは想像できず、いままでに無い感覚でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに町が見えます。高所恐怖症と思っていた自分がこのような狭くて高いところに立つのは想像できず、いままでに無い感覚でした。
1
2つ目のピーク不動岳に来ました。
ここまできて、戻られる方が多いようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目のピーク不動岳に来ました。
ここまできて、戻られる方が多いようです。
1
「キケン注意」
雷雨強風時はリスク高すぎと思います・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「キケン注意」
雷雨強風時はリスク高すぎと思います・・・。
1
カッコいい不動明王様でした。
崖を背にしてヒヤヒヤしながらお参りしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッコいい不動明王様でした。
崖を背にしてヒヤヒヤしながらお参りしました。
2
見た目険しすぎ。マジで行けるのか・・・!?
と一瞬思いましたが、とりあえず、きちんと下る鎖があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目険しすぎ。マジで行けるのか・・・!?
と一瞬思いましたが、とりあえず、きちんと下る鎖があります。
2
先のピークの上にちょこっと人が見えました。
遠巻きに見るほうが怖いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先のピークの上にちょこっと人が見えました。
遠巻きに見るほうが怖いです。
鎖で下ります。絶壁の風景にも慣れてきました。
写真では崖に向かっているようですが、少し下ると足場があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖で下ります。絶壁の風景にも慣れてきました。
写真では崖に向かっているようですが、少し下ると足場があります。
1
トラバース道にボコッと穴が開いていました。
木につかまって恐る恐るまたぎます。
うっかり踏み外したらアウトです・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道にボコッと穴が開いていました。
木につかまって恐る恐るまたぎます。
うっかり踏み外したらアウトです・・・。
後ろを振り返って不動岳を見ます。迫力があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返って不動岳を見ます。迫力があります。
1
不動岳から登山者が降りてきます。以前にもネットでこういった画像を見てビビッてましたが、まさか自分が冷静に降りてこれるとは。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳から登山者が降りてきます。以前にもネットでこういった画像を見てビビッてましたが、まさか自分が冷静に降りてこれるとは。
4
狭めです。左に落ちたらやばそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭めです。左に落ちたらやばそうです。
急傾斜を鎖づたいにトラバースします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急傾斜を鎖づたいにトラバースします。
高度感あります。脇の岩に掴まりながら行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感あります。脇の岩に掴まりながら行きました。
1
白川岳到着。七曜岳はどこだった?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川岳到着。七曜岳はどこだった?
2
道せまし。先っぽに鎖がついていて、そこから下ります。
向こうに見えるのが摩利支岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道せまし。先っぽに鎖がついていて、そこから下ります。
向こうに見えるのが摩利支岳です。
2
ここから迂回路に出られるようです。
大日岳方面を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから迂回路に出られるようです。
大日岳方面を目指します。
1
摩利支岳に近づいてきました。はしごが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支岳に近づいてきました。はしごが見えます。
1
結構な角度の鎖でした。慎重に上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な角度の鎖でした。慎重に上ります。
1
脇に絶壁があります。下を見るとさすがにヒョエエっとなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇に絶壁があります。下を見るとさすがにヒョエエっとなります。
1
摩利支岳に登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支岳に登りました。
2
後ろを振り返ります。
恐竜の背中っぽいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ります。
恐竜の背中っぽいです。
3
先を目指します。
左下の鎖を上って、奥に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を目指します。
左下の鎖を上って、奥に進みます。
1
足場狭いですが鎖があるので大丈夫。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場狭いですが鎖があるので大丈夫。
大日岳へ登るはしご+途中から鎖。
写真が斜めか?もう少し垂直に近く感じました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳へ登るはしご+途中から鎖。
写真が斜めか?もう少し垂直に近く感じました。
大日岳到着。
少しコミカル?な像でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳到着。
少しコミカル?な像でした。
2
大日岳からの下りは角度が急です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳からの下りは角度が急です
2
写真撮る時少しビビリます。
2016年09月11日 11:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮る時少しビビリます。
1
こちらにもキケン注意!看板ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらにもキケン注意!看板ありました。
1
人がいると写真でも高さがわかります。
後ろからこられたのは親子連れの方でした。
お子様、ほんと凄いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がいると写真でも高さがわかります。
後ろからこられたのは親子連れの方でした。
お子様、ほんと凄いです。
3
帰りの迂回路ですが、ここが一番「マジか!」となりました。
濡れてて足の置き場靴1足分なのに、鎖無しなんて・・・。
慎重に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの迂回路ですが、ここが一番「マジか!」となりました。
濡れてて足の置き場靴1足分なのに、鎖無しなんて・・・。
慎重に進みます。
道狭いですが、鎖がある場所は平気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道狭いですが、鎖がある場所は平気です。
下から見上げます。
少しホッとしますが、まだまだ気が抜けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げます。
少しホッとしますが、まだまだ気が抜けません。
自分として、八ツ峰のほうがまだマシな気が・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分として、八ツ峰のほうがまだマシな気が・・・。
写真ではうげーっとなりますが、奥の方で左側に下る鎖があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではうげーっとなりますが、奥の方で左側に下る鎖があります。
ここも狭い。けど鎖があるので(以下略)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも狭い。けど鎖があるので(以下略)
高度感アリ。けどここまでくるともうあまり怖いとか感じません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感アリ。けどここまでくるともうあまり怖いとか感じません。
ヘンな形の岩が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘンな形の岩が見えてきました。
千本檜小屋に戻りました。ザックを受け取り、休憩もそこそこに下り始めます。バッジ買うの忘れたので、次回来たとき購入します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本檜小屋に戻りました。ザックを受け取り、休憩もそこそこに下り始めます。バッジ買うの忘れたので、次回来たとき購入します。
来るときに撮り忘れた看板です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来るときに撮り忘れた看板です。
1
もうすぐ山頂駅です。無事降りてこられたお礼をしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂駅です。無事降りてこられたお礼をしました。
山頂駅に戻りました。ガスで覆われていましたが、一安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅に戻りました。ガスで覆われていましたが、一安心です。
1

感想/記録

写真を見てビビりながらも、強い魅力を感じ、チャレンジしたかった八海山、あいにくの曇りでしたが、無事登ることができ嬉しいです。
後で写真を見ると怖いですが、そこにいるときはすばらしい山でした。

ロープウェー山頂駅から9合目までは、普通の登山道でしたが、体力を温存しながら余裕を持って登りました。
道中、ベテラン登山者からアドバイスいただいたりしました。
八ツ峰に向かう前に、9合目の千本檜小屋で、100円でザックを預かっていただきました。
9合目から見る八ツ峰は物凄い迫力で、軽い高所恐怖症の自分には行けるのか!?と少し不安を感じましたが、写真や動画を見て予習していたので現場では落ち着いて進むことができました。慎重な足運びと三点支持でゆっくり進み、徐々に高度感にも慣れました。
前々から筋トレで懸垂をしていたのも奏功し、鎖場ではかなり精神的にプラスになりました。
八ツ峰最後の大日岳のはしごや長い鎖場が怖いと聞いていましたが、そこまでの鎖の上り下りで慣れたので、特段怖いとは感じず、同じ気持ちで進むことができました。
大日岳からの戻りは迂回路を通りましたが、こちらの方が湿っていたりして怖かったです。崖沿いの狭い道にはほとんど鎖がありましたが、中には足場が狭い割りに鎖がなく、草や木につかまらざるを得ない場所もありました。雨の日は相当に危険だと思います。千本檜小屋に戻ってきてホッとしましたが、そこからも注意を切らさず下山しました。
大変達成感のある山行で、八海山の神様から元気をもらったような気分です。
天気のいいときにまたチャレンジしてみたいです。

訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ