ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 962332 全員に公開 沢登り谷川・武尊

谷川岳 65回目はマチガ沢本谷から プチ紅葉とオコジョに癒されました

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー nukaboshi
天候くもり後時々晴れ間
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ベースプラザ手前の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
13分
合計
5時間26分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ06:1706:36巌剛新道登山口07:25大滝下09:10東南稜下09:43谷川岳09:5110:01谷川岳(トマノ耳)10:0510:47熊穴沢避難小屋10:4811:26天神平11:36田尻尾根登山口11:43土合口駅/谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゴルジュ内の滝の登りは部分的にかなり悪いので安易な取りつきは危険です。
パートナーがいれば肩車で突破できたりするので難しさの感覚は状況で変化しそうです。
通常は巌剛新道から見晴まで登って草付きを下りますが、15分ほど登ったところのロープが張ってあるところから入渓したほうが気持ちの良い沢登りを楽しめると思います。
今年は雪渓がまったく残ってないので遡行にはたいへん適してます。

写真

マチガ沢出合
2016年09月17日 06:37撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マチガ沢出合
1
巌剛新道を少し進み、ロープの張ってあるところから入渓
2016年09月17日 06:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巌剛新道を少し進み、ロープの張ってあるところから入渓
1
快適なナメ
2016年09月17日 07:08撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なナメ
2
大滝
2016年09月17日 07:24撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝
1
今回はフェルトソールなので四段ノ滝は水流を歩きます。
2016年09月17日 07:33撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はフェルトソールなので四段ノ滝は水流を歩きます。
1
釜をもつ滝も水流で
2016年09月17日 07:39撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜をもつ滝も水流で
1
昨年同時期にはスノーブリッジがあった場所
2016年09月17日 07:44撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年同時期にはスノーブリッジがあった場所
1
シンセン岩峰方面
2016年09月17日 07:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンセン岩峰方面
1
ゴルジュに入ります
2016年09月17日 07:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュに入ります
3
今回は巻かないでいきます。
2016年09月17日 08:07撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は巻かないでいきます。
3
シンセン岩峰とほぼ同じ高さかな。
2016年09月17日 08:15撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンセン岩峰とほぼ同じ高さかな。
1
東尾根第二岩峰かな。。
いや、違うよね。手前の岩峰か・・・
パッと見行けそう。。
2016年09月17日 08:15撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根第二岩峰かな。。
いや、違うよね。手前の岩峰か・・・
パッと見行けそう。。
2
左から
2016年09月17日 08:17撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から
1
相変わらず何を撮ったのかわからないし(*_*)
2016年09月17日 08:25撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず何を撮ったのかわからないし(*_*)
2
スリングのあるところはホールドのないツルツルのスラブなので、右から登った。
2016年09月17日 08:28撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリングのあるところはホールドのないツルツルのスラブなので、右から登った。
2
少しガスってますがルートは明瞭
2016年09月17日 08:37撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスってますがルートは明瞭
1
四ノ沢出合
水流のある方が四ノ沢
2016年09月17日 08:41撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ沢出合
水流のある方が四ノ沢
2
本谷は伏流となる
2016年09月17日 08:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷は伏流となる
1
東南稜が目の前に。
2016年09月17日 09:04撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東南稜が目の前に。
1
西黒尾根方面。
顕著な岩稜は三ノ沢中間稜かな!?
2016年09月17日 09:10撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根方面。
顕著な岩稜は三ノ沢中間稜かな!?
1
本谷俯瞰。
見た目すっきりしてるんだけど・・・
2016年09月17日 09:10撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷俯瞰。
見た目すっきりしてるんだけど・・・
3
東南稜は次回に
2016年09月17日 09:11撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東南稜は次回に
1
ジメジメしたルンゼ状が続きます。
やはり締めは東南稜が気持ちいいですね。
2016年09月17日 09:18撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジメジメしたルンゼ状が続きます。
やはり締めは東南稜が気持ちいいですね。
1
トマの耳。
登山者の姿はまだ少ないようです。
2016年09月17日 09:32撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳。
登山者の姿はまだ少ないようです。
2
途中から草付きをトラバースして東南稜3ピッチ目終了点に出ます。
2016年09月17日 09:35撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から草付きをトラバースして東南稜3ピッチ目終了点に出ます。
1
快適なリッジを少しだけ楽しみながらオキの耳を目指します。
2016年09月17日 09:36撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なリッジを少しだけ楽しみながらオキの耳を目指します。
3
ちらほら登山者の姿も
2016年09月17日 09:36撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほら登山者の姿も
1
もう少しでオキの耳
2016年09月17日 09:38撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しでオキの耳
1
まずまずの天気で良かった!
2016年09月17日 09:43撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずまずの天気で良かった!
4
紅葉もだいぶ進んできてるようです。
2016年09月17日 09:44撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もだいぶ進んできてるようです。
3
オキ〜トマの稜線の色づきがいいですね。
2016年09月17日 09:45撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキ〜トマの稜線の色づきがいいですね。
8
オキの耳
2016年09月17日 09:46撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳
4
マチガ沢源頭と東南稜
2016年09月17日 10:01撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マチガ沢源頭と東南稜
2
トマに着くころは登山者の行列ができてました。
2016年09月17日 10:03撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマに着くころは登山者の行列ができてました。
1
失われた登山道のガレ沢を下る予定でしたが、足の裏と足首が痛くなってきたのでロープウェイで楽させてもらうことに。
2016年09月17日 10:21撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
失われた登山道のガレ沢を下る予定でしたが、足の裏と足首が痛くなってきたのでロープウェイで楽させてもらうことに。
1
下りながら西黒沢本谷やザンゲ沢を偵察
2016年09月17日 10:41撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りながら西黒沢本谷やザンゲ沢を偵察
1
本谷のゴルジュかな。
2016年09月17日 10:51撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷のゴルジュかな。
2
大滝かな。
傾斜は緩そう・・・
2016年09月17日 10:52撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝かな。
傾斜は緩そう・・・
1
右からガレ沢、ザンゲ沢、本谷
2016年09月17日 11:00撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右からガレ沢、ザンゲ沢、本谷
2
あれ?何か動いてる!!
と思ったらオコジョだった!!
2016年09月17日 11:10撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?何か動いてる!!
と思ったらオコジョだった!!
17
出たり入ったり
2016年09月17日 11:10撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出たり入ったり
13
わざわざ近づいたり隠れたり・・・
2016年09月17日 11:11撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わざわざ近づいたり隠れたり・・・
18
こんな樹林帯にも生息しているんですね。
2016年09月17日 11:13撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな樹林帯にも生息しているんですね。
16
可愛い♡
2016年09月17日 11:13撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛い♡
13
10分ほど遊んでもらいました。
2016年09月17日 11:17撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど遊んでもらいました。
16
ついには木登りまで・・・
ありがとね(^^♪
2016年09月17日 11:18撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついには木登りまで・・・
ありがとね(^^♪
9

感想/記録

本当は日曜日に穂高のバリエーション第二ステップを行う予定でしたが、天気が悪そうなので夜勤明けの土曜日に強行することにしました。
登る途中から足首や足裏が痛くなってきたので、結果的に穂高がダメで良かったと思います。

マチガ沢はほぼ直線的に谷川岳頂上に向かっています。
今回は、マチガ沢本谷を目標2時間30分でタイムアタックかけてみました。
20代の頃、登山口から谷川岳までの最速がこのマチガ沢で1時間30分ほどで登ってます。今でも一般登山道よりは速く登れると思ってましたが甘かったですね。
3時間ちょっとかかってしまいました。
先行パーティーは誰もいませんでした。東南稜組がそれなりにいるのかなあ〜と思ってましたが意外でした。東南稜付近から本谷ながめたら大滝付近に数人の姿が見えましたのでこの人たちが取付くのかな!?

ゴルジュ内のことを少し書くと、まず入口の滝は左手の岩稜を登って通過します。
次の滝は通常左の草付きスラブというかガレを高巻くのですが、今回は沢通しで行ってみました。一見左のチムニー滝が登れそうですが、手がかり足がかりもなくダメでした。(パートナーがいれば肩に足を乗せて登れそう)次に前回諦めた右壁から登って落ち口までのトラバースでトライしてみました。お助けスリングをつかむまでもいやらしく、そのスリングつまみながら滝の落ち口に立つまでの一手に苦労しギブアップ寸前で足場が見つかり何とか通過できました。+A0としておきます。
ゴルジュの核心はここだと思います。
その上の滝もヌルヌルで嫌らしかったのですが2mほどなので思い切って登れました。
ここで高巻き道と合流にてさらにゴルジュを登っていきます。
大きい滝は左からバンド伝いに落ち口に立てます。
上部の黒い岩にスリングのある滝は、このスリング目指して登るとツルツルのスラブになっていて、スリング掴みの登りになりそうなので、一旦下って右の水流をシャワーで登りました。右壁をトラバースする嫌らしい滝もありました。
上記のようないくつか微妙な滝の登りはありますが+〜慶度だと思います。
ゴルジュは3つのブロックごとに高巻き道もあるようですが下部の1ブロック以外利用したことがないのでどんな状況なのかは分かりません。

ゴルジュを通過すると四ノ沢を分け東南稜を目指して詰めていきます。
もう沢というより斜面と一体化した草付き岩場のような登りです。
東南稜を右手に見ながらルンゼ状のジメジメした岩場を登っていきます。
ここは思ったより嫌らしくどこが要の滝なんだろう・・・って感じでひたすら岩場を登っていきます。
ある程度登ると急峻な草付きの岩場になって源頭の様相となってきたので東南稜上部のリッジ目指してトラバースしてみます。
リッジのどの辺に出たのか忘れてしまいましたが最後はトマの耳を眺めながらヒーローリッジを快適に登って終了です。
登り終えてからトマの耳ら向かう頃には登山者で行列になってましたので、1時間遅ければ文字通りヒーローでしたね(^^ゞ

下りは久々にガレ沢にする予定でしたが、足首と足裏が痛くて、あの下りには耐えられそうにないのでロープウェイに逃げました。右足首が1か月ほど痛みがとれません。ヒザが良くなったらこれですから困ったものですね。

最後に避難小屋らの水平道でオコジョと出会いました。
わざわざ存在をアピールしてる感じで愛想をふりまいてました。
楽しいのでしばらく観察しました。
よーく見ると2匹いて交互に姿を現したり隠したりしてるんですね。
最後には木に登って走り回るパフォーマンスを見せてくれてから帰っていきました。

ステキなサプライズもあって満足の一日となりました。
訪問者数:491人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/26
投稿数: 970
2016/9/18 21:57
 今年はチャンスなんですね。
nukaboshiさんもソロで沢登りだったんですね!!…って、レベルが全然違いますけどf(^_^;
マチガ沢本谷って、難しいんですね(@_@;)
クライミング要素が多いのでしょうか?
行ってみたいけど、ホールドの無いツルツルスラブの所、ヤバそうですね(T▽T)
ゴルジュの所は、肩をお貸ししますので、引っ張り上げてくださーい♪(*^^*)

オコジョ、沢山写真も撮れたんですねー!?
逃げないんですか?
小屋でエサ貰ってる子達なのでしょうかねー。
ichigomirukuさんが羨ましがりますよー、きっと(^_^;)

谷川岳も、少しづつ色づき初めているんですね。
穂高も楽しみです。
登録日: 2011/11/8
投稿数: 478
2016/9/18 23:12
 Re: 今年はチャンスなんですね。
soyanoさんもお疲れさまー
マッチーはレベルとしては初級者向けとなってますが、
ゴルジュをまともに通過しようとすればクライミングの要素が高くなります。
高巻きもいやらしかったりするので、初級者のみでの入渓は危険が伴うかもしれません。
私には西ゼンの方が全然簡単だったです。
人によって得手不得手があるのでsoyanoさんはマッチーの方が簡単に感じるかもしれませんよ

オコジョとの出会いはbigサプライズでした
肩の小屋じゃないですよ
熊穴沢避難小屋手前の木道の下です。
オコジョといえば、石が堆積したところで見かけるイメージがあったのでとても意外でした。どこにでも生息してる・・・ということでしょうね。
登録日: 2013/10/24
投稿数: 346
2016/9/19 7:48
 めっちゃ可愛いオコジョ💕
お疲れさまでした^_^
nuka隊長〜谷川でオコジョと遊べるなんて羨ましいーー
ichigoも会いたいです>_<
隊長、足首の痛みが長引いてますね。。
テーピング固定を勉強してみます。
少しは楽になるかな。。
登録日: 2011/11/8
投稿数: 478
2016/9/19 10:02
 Re: めっちゃ可愛いオコジョ💕
今度谷川行くときオコジョの巣を訪問してみましょう
鳴き声もキッ!って聞こえたけど・・・どうなんだろう(・・?

足首が相変わらず痛くなり、たぶん歩きが不安定になるので下山で捻ってしまいます
これじゃ穂高の日帰りバリは無理そう・・・
あー情けない

テーピングってやみくもにやってもダメみたいですね。
何かあったらよろしくです(*^^)v

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ