ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967141 全員に公開 ハイキング近畿

播磨)七種山−薬師峯から縦走して七種滝へ

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー chamchan
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青少年野外活動センター前の登山者用駐車場(10台以上)に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間7分
合計
5時間27分
S青少年活動センター07:4007:48薬師峯登山口07:4908:38稜線出合08:47七種薬師山08:5910:33七種神社分岐10:50七種山分岐10:56七種山11:3912:04七種神社12:0712:08七種の滝12:1612:24林道(滝見台分岐)13:07青少年活動センター13:07駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は明瞭で、途中の分岐には標識があります
急な個所は沢山ありますが、ロープが設置されていますので心配いらないと思います。ロープは雨の日の下りでは重宝するでしょう
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

七種山へ向かう途中道路脇に咲く彼岸花が綺麗だった。出かけてくるとこうした季節感が何ともうれしい
2016年09月25日 07:30撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七種山へ向かう途中道路脇に咲く彼岸花が綺麗だった。出かけてくるとこうした季節感が何ともうれしい
青少年野外活動センタの登山者用駐車場。七種薬師、七種滝方面は前方に。七種槍からの縦走は後方に向かってスタートする
2016年09月25日 07:40撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青少年野外活動センタの登山者用駐車場。七種薬師、七種滝方面は前方に。七種槍からの縦走は後方に向かってスタートする
1
駐車場から10分ほどのところにある標識に従って左側の林道(未舗装)へ
2016年09月25日 07:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から10分ほどのところにある標識に従って左側の林道(未舗装)へ
1
林道を入ってすぐ右側に登山口があり、ここから本格的な登山道に
2016年09月25日 07:49撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を入ってすぐ右側に登山口があり、ここから本格的な登山道に
薬師峯への登りはかなり急。大部分の場所にロープが張られていてサポートしてくれる
2016年09月25日 08:24撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師峯への登りはかなり急。大部分の場所にロープが張られていてサポートしてくれる
1時間ほどの急登を詰めると南側からの稜線に合流する。もう山頂は間近だ。
2016年09月25日 08:39撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどの急登を詰めると南側からの稜線に合流する。もう山頂は間近だ。
山頂の少し下、北側に開けた場所からピラミッド状の七種槍が見えた。右側奥の山は播磨富士の一つ笠形山。
2016年09月25日 08:40撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の少し下、北側に開けた場所からピラミッド状の七種槍が見えた。右側奥の山は播磨富士の一つ笠形山。
山頂に鎮座する薬師如来の石像
2016年09月25日 08:47撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に鎮座する薬師如来の石像
山頂は薬師さんの祠のすぐ上に。。二等三角点が設置されている
2016年09月25日 08:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は薬師さんの祠のすぐ上に。。二等三角点が設置されている
薬師峯山頂からは南側に展望がある。この日は高曇りのせいで結構遠見が利き、淡路島や遠く葛城、金剛の奈良県境の山まで望むことができた
2016年09月25日 08:48撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師峯山頂からは南側に展望がある。この日は高曇りのせいで結構遠見が利き、淡路島や遠く葛城、金剛の奈良県境の山まで望むことができた
2
淡路海峡大橋の橋脚も
2016年09月25日 08:52撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡路海峡大橋の橋脚も
3
山頂から少し七種山方面へ下ったところから明神山が見えた。この山も播磨富士と呼ばれている
2016年09月25日 09:05撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し七種山方面へ下ったところから明神山が見えた。この山も播磨富士と呼ばれている
1
山頂から10分余り進んだところにあった標識。地獄鎌尾根・・・何となく恐ろしそうな名前で興味を引きました。南側へ延びる稜線で途中急斜面の岸壁があるようです
2016年09月25日 09:17撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から10分余り進んだところにあった標識。地獄鎌尾根・・・何となく恐ろしそうな名前で興味を引きました。南側へ延びる稜線で途中急斜面の岸壁があるようです
更にその先にあった西尾根の分岐。殆ど踏み跡もなさそうですが一旦西へ進んでやはり南側の夢前町へ降りるルートのようです
2016年09月25日 09:19撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にその先にあった西尾根の分岐。殆ど踏み跡もなさそうですが一旦西へ進んでやはり南側の夢前町へ降りるルートのようです
今日のコースは殆ど樹林の中の歩き。。目的の山を見ることも少ないですが、縦走路の一角から七種山の姿がチラッと垣間見えました
2016年09月25日 09:44撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のコースは殆ど樹林の中の歩き。。目的の山を見ることも少ないですが、縦走路の一角から七種山の姿がチラッと垣間見えました
七種滝、七種神社方面へ下る道が右側(東側)へ分岐します
2016年09月25日 10:33撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七種滝、七種神社方面へ下る道が右側(東側)へ分岐します
西側に雪彦山が見えます。地蔵岳の東面岩壁が目立ちます。右側の一番高い山頂が鉾立山です
2016年09月25日 10:40撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側に雪彦山が見えます。地蔵岳の東面岩壁が目立ちます。右側の一番高い山頂が鉾立山です
七種山は薬師から槍への周回縦走路から外れて10分ほど登った所にあります
2016年09月25日 10:50撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七種山は薬師から槍への周回縦走路から外れて10分ほど登った所にあります
アキノチョウジが名前のごとくあちこちに咲いていました
2016年09月25日 11:00撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノチョウジが名前のごとくあちこちに咲いていました
山頂近くの痩せ尾根
2016年09月25日 11:01撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの痩せ尾根
1
七種山山頂に到着。何故か二つの標識の標高が違います
2016年09月25日 11:03撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七種山山頂に到着。何故か二つの標識の標高が違います
1
昼食前に山頂のすぐ下にあるつなぎ岩へ
2016年09月25日 11:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食前に山頂のすぐ下にあるつなぎ岩へ
元々は一体化していた岩盤が割れたのか20cm位の隙間がある向こう側の岩の上へ
2016年09月25日 11:08撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元々は一体化していた岩盤が割れたのか20cm位の隙間がある向こう側の岩の上へ
2
岩棚の上は北側に開けた絶景ポイント。播磨北部の山々が一望できます
2016年09月25日 11:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩棚の上は北側に開けた絶景ポイント。播磨北部の山々が一望できます
東の方角には遠く六甲の山並みもぼんやりですが望めました
2016年09月25日 11:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の方角には遠く六甲の山並みもぼんやりですが望めました
1
昼食をとって七種滝方面に下山
2016年09月25日 11:34撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をとって七種滝方面に下山
1
山頂からすぐ下、途中にあった展望台からは
2016年09月25日 11:38撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からすぐ下、途中にあった展望台からは
歩いてきた薬師峯からの縦走路や遠くには淡路島も見えました
2016年09月25日 11:39撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた薬師峯からの縦走路や遠くには淡路島も見えました
1
急坂をグングン下ると水の音が近づいてきて、七種神社と滝見台との分岐に出ました。正面から降りてきたところです。
2016年09月25日 11:56撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂をグングン下ると水の音が近づいてきて、七種神社と滝見台との分岐に出ました。正面から降りてきたところです。
分岐路のすぐ近くに滝の落ち口がありました
2016年09月25日 11:58撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐路のすぐ近くに滝の落ち口がありました
神社への下りは、滝のすぐ横を下る道のため、すごく急な岩場交じりの道です。ロープを頼りに下りました
2016年09月25日 12:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社への下りは、滝のすぐ横を下る道のため、すごく急な岩場交じりの道です。ロープを頼りに下りました
1
七種神社。。正面から七種滝が間近に見えます
2016年09月25日 12:07撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七種神社。。正面から七種滝が間近に見えます
1
落差70m強。滝の全貌を見るには神社から少し下った場所が一番良さそう
2016年09月25日 12:09撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落差70m強。滝の全貌を見るには神社から少し下った場所が一番良さそう
2
滝つぼのすぐ下まで近づいて見上げるとスケールの大きさが良く分かります。水量は少ないですが美しい滝です
2016年09月25日 12:10撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝つぼのすぐ下まで近づいて見上げるとスケールの大きさが良く分かります。水量は少ないですが美しい滝です
3
下流に下っていくと八龍滝や、太鼓橋の所から虹滝を楽しめます
2016年09月25日 12:23撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流に下っていくと八龍滝や、太鼓橋の所から虹滝を楽しめます
鳥居の下からは林道になって野外活動センタまで約3辧単調な歩きになります
2016年09月25日 12:26撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居の下からは林道になって野外活動センタまで約3辧単調な歩きになります
昔あったお寺の山門の近くにバイオトイレが設置された居ました
2016年09月25日 12:39撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔あったお寺の山門の近くにバイオトイレが設置された居ました
2
栗のシーズンなんですね。。秋は確実に深まっています
2016年09月25日 13:02撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗のシーズンなんですね。。秋は確実に深まっています
駐車場に戻ってきました。朝より少し車が増えたようです
2016年09月25日 13:06撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。朝より少し車が増えたようです
1
帰路沿道のコスモスにまた秋の気配を感じました
2016年09月25日 13:22撮影 by DMC-GX1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路沿道のコスモスにまた秋の気配を感じました
2

感想/記録

台風やら秋の長雨の影響で天候が今一つで、2週間ぶりの山歩きになった。最近は遠出が多かったので近くの六甲山も考えたのだが、マイナーではあるが何となく七種滝でも見に行ってみようかという気になった。七種山は関西百名山の一つということも有り6年前にも一度来たことがあった。この山にはいくつかのルートがあり、七種の滝(七種神社)を経由して直接登頂するルートに加えて、七種槍から縦走するルート、七種薬師(薬師峯)から縦走するルートなどがある。前回は七種槍から縦走したので、今回は薬師峯から縦走することにした。
前回と同じ青少年野外活動センタの登山者用の駐車場に車を停めて、何組かのパーティが七種槍のルートへ進むのを見ながら、一人七種の滝方面への林道に向かって出発した。
薬師峯の登山口は、林道を10分ほど歩いた左側に標識があり、左側の林道へ入ったすぐ先を更に右側の登山道へ林道と別れる。登山道はいきなりの急坂で、ほぼ薬師峯の頂上まで一本調子で登っていく。特に急な場所にはロープが付けられており足元が滑りそうなところは本当に助かった。
その急坂のお蔭も有って黙々と登ること1時間で標高差450m余りの薬師峯山頂(616m)に到着できた。「薬師から七種槍まで周回で縦走するんです」とおっしゃる山頂近くで一緒になった方にこの山の魅力を聞きながら休憩する。曇りではあるが、それが却って良いことなのか、山頂からは意外と遠見がきき、播磨灘の向こうに浮かぶ淡路島、家島などの島々、六甲山や遠く大阪を挟んで葛城、金剛の奈良県境の山までがぼんやりとではあるが見ることができた。
薬師からの縦走路は細かいアップダウンを何度も繰り返し、距離は大したことは無いのだが結構疲れる。おまけに終始樹林の中のため展望個所は少ないのが残念なところである。途中、何か所かで分岐があるが、夢前町へ下る「地獄鎌尾根」と書かれた標識のルートが一寸気になり、次の機会にでも歩いてみようかな?という気にさせられた。
七種山自体は、周回縦走路から外れた位置にあり、標識のある分岐から10分ほど登った所にある。山頂からは余り展望は良くないが、10mほど下がったところにあるつなぎ岩に立つと北側に広く展望が開け、東は六甲山、西は雪彦山まで、眼前に七種槍からの長い縦走路を見下ろし、播磨北部の笠形山、千ヶ峰、段ヶ峰、暁晴山など、これまで登ったことのある山々を一望することができる。七種滝への下山路を少し下ったところにある展望台からは反対の南側の展望が開け、辿ってきた薬師峯からの縦走路とその先の播磨灘、淡路島も望むことができる。この日は、天気が良いわけではなかったが、遠見だけは利いて意外と展望を楽しむことができたのはラッキーだったかもしれない。
山頂での時間は、まだ12時前だったが、七種槍までの縦走をするにはちとしんどいなと思い、前回と同じように七種滝をみるため神社へ下山することに。滝の落ち口の所で滝見台コースと七種神社コースに分かれ、前回は滝見台側へ歩いたので今回は七種神社へ下る左側のコースをとる。このルートは、滝のほぼ左横を並行して下るためなかなかに急な岩交じりの急坂で、雨の時などはさぞや苦労するだろうなと思いながら下った。
七種神社からは真正面に七種滝を望むことができるが、神社から少し下がった所から滝つぼの近くへ降りたつことができ、そこから見上げる落差70m強という滝はなかなかに美しかった。元々水量がそれほど多くないので迫力という点では今一かもしれないが大きさや流れの美しさは、さすが「日本の滝100選」に選ばれるだけのことはあると感じさせられた。
更に下流に下っていくと八龍滝や虹ヶ滝などの落差10m位の滝も有り、マイナスイオンをたっぷり浴びることができた。
滝の下からの林道歩きが3kmほどあって長いのが欠点だが、やはりこの山へ来たらこの七種滝は絶対に見て帰らないと損をした気分になるのではないかと思う。。
今回は、5時間余りの短い山行だったが、やっぱり来てみて良かったと感じる山歩きだった。

 今回の歩行距離:10.2km 2016年の累積距離:545.0km(32回目)
 今回の累積標高:1,066m 2016年の累積標高:46,221m
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ