ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969194 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

低体温症寸前の「短縮UTMF&STY」2016

日程 2016年09月23日(金) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー kennogu
天候9/23曇り後雨, 9/24曇り後雷雨, 9/25晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
9/22 京成空港第二ビル→富士急河口湖
9/23 宿から徒歩でスタート地点。ゴール後主催者手配のバスで大池公園まで戻り。
9/24 タクシーで河口湖→富士山こどもの国、スタート地点に戻り主催者手配のバスで大池公園まで戻り。
9/25 富士急河口湖→京成空港第二ビル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
9/23 「UTMF」は「パノラマ台」から「中ノ倉山」への途中で谷側へ斜めに傾斜した道あり滑落に注意。また「中ノ倉山」からの下山が滑り易い斜面。
9/24 「STY」はドロドロでぬかるんだ道。途中の渡渉地点で大雨のため徒渉できずにレースは中止になりスタート地点に戻った。 
その他周辺情報9/23 ゴール後バスでスタート地点にもどったものの飛び石連休の土曜で宿泊場所を探すのに苦労した。何軒か断られた末に結局駅前のビジネスホテルに宿泊
9/24 河口湖ロイヤルホテルで風呂と宿泊
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1 Ultimate Direction
雨具上下 1 Montbell
フラスク 2 500mlx2
予備フラスク 1 500ml
ヘッドランプ 2
予備電池 2
救急キット 1
ドライレイヤー 1 着用
ベースレイヤー 1 着用
携帯電話 1
靴下 1 着用
トレランシューズ 1 着用
地図 1
ホイッスル 1
テーピング 1
個人装備品
数量
備考
保険証 1
トレイルパンツ 1 着用
タオル 1
ミッドレイヤー 1
現金 1
ゲーター 1 ドロップ
バフ 2
帽子 1 着用
サングラス 1 着用
カップ 1
レスキューシート 1
ポイゾンリムーバー 1
タイツ 1 ドロップ
フラッシュライト 1
行動食セット 1

写真

[11:26] まずは喫茶店で出陣前に腹ごしらえ
2016年09月23日 11:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:26] まずは喫茶店で出陣前に腹ごしらえ
1
[12:19] 大雨警報が解除されずスタートが2時間遅くなりました。
2016年09月23日 12:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:19] 大雨警報が解除されずスタートが2時間遅くなりました。
[12:44] 仕方なくホテルの喫茶店でケーキを食べて時間をつぶす
2016年09月23日 12:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:44] 仕方なくホテルの喫茶店でケーキを食べて時間をつぶす
[14:27] スタート前、整列してごった返しています
2016年09月23日 14:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:27] スタート前、整列してごった返しています
[14:28] 珍しくジドリ
2016年09月23日 14:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:28] 珍しくジドリ
[15:29] 道の駅から山道に入ったところで大渋滞
2016年09月23日 15:29撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:29] 道の駅から山道に入ったところで大渋滞
[16:06] 富士山が見えるポイントに着きました。皆記念撮影してます。
2016年09月23日 16:06撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[16:06] 富士山が見えるポイントに着きました。皆記念撮影してます。
[17:41] A1の精進湖民宿村
2016年09月23日 17:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:41] A1の精進湖民宿村
[17:41] ほうとういただきました。量少な目の1口サイズまで用意されてました。心遣いに涙〜
2016年09月23日 17:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:41] ほうとういただきました。量少な目の1口サイズまで用意されてました。心遣いに涙〜
1
[17:41] ボランティアの皆さん、大活躍ですね。ありがとうございます。
2016年09月23日 17:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:41] ボランティアの皆さん、大活躍ですね。ありがとうございます。
[21:46] すでにゴールしてバスに乗るだけです。
2016年09月23日 21:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[21:46] すでにゴールしてバスに乗るだけです。
1
[9:48] 翌日UTMFの完走者はSTYに参加して良いというアレンジになりSTYのスタート地点に来ました
2016年09月24日 09:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:48] 翌日UTMFの完走者はSTYに参加して良いというアレンジになりSTYのスタート地点に来ました
[10:26] GONTEXのテープを張ってもらいました。たまたま手にしたのが豹柄だった。
2016年09月24日 10:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:26] GONTEXのテープを張ってもらいました。たまたま手にしたのが豹柄だった。
1
[17:27] 川が増水して渡渉できずレースは中止に。スタート地点に戻り憮然とした表情
2016年09月24日 17:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:27] 川が増水して渡渉できずレースは中止に。スタート地点に戻り憮然とした表情
[18:17] バス待ちで体育館に収容されてます。寒くてレスキューシートに包まっている人がたくさん
2016年09月24日 18:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[18:17] バス待ちで体育館に収容されてます。寒くてレスキューシートに包まっている人がたくさん
1
[18:17] 靴下を脱げと言われ寒いので保温中
2016年09月24日 18:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[18:17] 靴下を脱げと言われ寒いので保温中
[9:16] ここからは3日目。レース(STY)の翌朝の散歩です。コスモスと富士山
2016年09月25日 09:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:16] ここからは3日目。レース(STY)の翌朝の散歩です。コスモスと富士山
2
[9:17] 湖面に波がたって逆さ富士にはならず
2016年09月25日 09:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:17] 湖面に波がたって逆さ富士にはならず
[9:26] 本来ならこんな景色を見ながら感動のゴールだったはず
2016年09月25日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:26] 本来ならこんな景色を見ながら感動のゴールだったはず
[9:37] 気分だけゴール
2016年09月25日 09:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:37] 気分だけゴール
[13:45] 東京に戻りつけ麺で乾杯
2016年09月25日 13:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:45] 東京に戻りつけ麺で乾杯
撮影機材:

感想/記録

★本日のレース★
Ultra Trail Mount Fuji (UTMF)に海外から参加しました。限られた休暇を利用してスタート前日に河口湖入り、ゴールしたその日に飛行機に乗って帰る予定の強行軍です。

★行動の記録(UTMF)★
前日の朝6:00過ぎに成田便で帰国。自宅でギアを揃えてスタート地点の河口湖に向う。仲間と宴会のあと翌日の天候や気温を確かめ衣類やギアを決定。温泉にゆっくり浸かり準備完了。翌朝天気予報を確認すると大雨警報が出てる。スタートできるだろうか?幸いスタート地点は雨は降っていないが午後からは降るよう。12:00少し前にドロップバックを預けるとスタートを2時間遅らせるとの連絡が入る。しばらくホテルのロビーでコーヒーを飲みながら時間をつぶし15:00のスタート待ち。列に並んで号砲を待っていると実行委員長から重大な決断をしましたとのアナウンス。なんとゴールをA3の麓(49km地点)に変更するとのこと。会場にはタメ息が広がったが自然相手に遊ばせてもらっているので仕方がない。ゴール目指してベストを尽くそう。

15:00にスタートの号砲が鳴った。列がゆっくりと動きだす。最初は河口湖畔の遊歩道を通る。ここの部分で前へ出ないと後で渋滞にはまり大変なことになる。できるだけスピードアップして抜いていくが道の駅の先で登山道に入る部分では15分以上動かなかった。そこから先しばらく登ると富士山が見えるポイントに着く。皆足を止めて記念撮影しているので自分も撮ってもらった。「足和田山」を越えると下り基調でスピードアップ。W1鳴沢で水を補給して出発。そこから先は得意のロードの下りで順調に前を抜いていく。途中で足が攣ったがなんとか持ちこたえてA1の精進湖民宿村に到着。名物のほうとうをいただきストレッチをして出発。

ここから先は夜の区間。「パノラマ台」への登りがきついが試走しているので余裕がある。相変わらず足は攣っているがスピード落としてゆっくり登って筋肉をほぐしていく。「中ノ倉山」への下りに転じると抜かれ始める。足の攣りがよくならないのでスピードは我慢して慎重に下る。本栖湖のエイドへ向かう最後の下りは滑って転倒したが軽く尻餅をついただけで済んだ。A2(本栖湖)には20:00に到着。飲み物とフルーツで補給し6分ほどでスタート。いよいよゴールへ向う。本来であれば次の区間には「竜ヶ岳」の登りがあるはずだったが雨で登山道の保護のため迂回路へ変更。東海道自然遊歩道を走ることになった。A2を出てからは雨が酷くなったので雨具の上を羽織る。道はぬかるみ足をとられかなり消耗する。途中水たまりがあるがそんなことはかまわずジャバジャバと入っていく。区間の後半に入ってゴール地点がさらに短縮され「道の駅朝霧高原」に変更になったと連絡が入った。もうずぶ濡れでゴールがどこでも関係ない。途中で暑くなった(つもりだった)ので雨具を脱いで雨に打たれたまま走った。6時間40分弱でゴール。腹が減っていたので名物のやきそばや餅をいただきスタート地点へ向かうバスに乗った。バスの中では寒くはなかったが河口湖につき下りた途端に震えがきた。これはまずいと思い売店でコーヒーを購入。ぶるぶる震えている私を見て売り子の女性が早く暖かいの飲みなさい、砂糖いれてあげようか?ミルクは?と気遣ってくれた。その後手の震えがひどくて買ったコーヒーを半分くらいこぼしてしまった。低体温症1歩手前。あのまま続けて走ったらヤバかった。思い返せばバカなことをしたものだと。。。。何度も山行って雨具の重要性認識しているのに。

そこからは宿探し。前日に宿泊して荷物を預けた宿は満室、近隣の宿に電話してもらったがどこも満室。このまま歩きまわっても寒くてどうしようもないので開運の湯で風呂に入って一息ついた。まだ自分の後ろでゴールした仲間が2人いるのでともかく宿を確保しないといけない。仕方なく駅へ向かい駅前のビジネスホテルへ入った。ベルを鳴らしても誰も出てこない。あきらめて出ようとして最後にもう一度ベルを鳴らした。そしたらオヤジさんがもう営業時間外ですよ不機嫌そうに出てきた。事情を説明し3人分の部屋はあるかと尋ねるとあるとのこと。良かった助かった。荷物を置いて後からゴールする仲間を迎えに行った。短い時間だが眠れる。

★行動の記録(STY)★
帰りのバスの中で「UTMF」の完走者は明日の「STY」に出場できる旨アナウンスがあった。44Kmでは走り足りないので翌日も走ることにする。ギア、ウェア、シューズは2セット以上持参しているので問題はない。寝たのは2:00過ぎだが翌朝7:00に起床して準備する。昨日低体温症になりかけたので着替えもザックに入れる。河口湖からはタクシーで仲間とスタート地点の「こどもの国」へ向かう。タクシー料金19,000円也。スタート地点へ着くと荷物を預けて軽く食事をして膝にテープを張ってもらいスタートを待つ。そのうち雨が降り出したのでスタート地点から離れてトイレの近くのトンネルのような場所で待機した。雷もなり稲妻も走りこれでスタートさせるの?という感じに。一向に延期や中止のアナウンスもなく定刻より3分遅れでスタートした。雨脚は強く道はぬかるみ足をとられる。明らかに昨日よりコンディションは悪い。そのうち雷が近くに落ち始めかなり危険な雰囲気に。川の近くでは濁流がうなりをあげている。これはどこか途中で中止になるなと思いながら先へ進むとランナーの流れが止まった。それ以上前に進めない。前からくる情報では濁流で川を渡れずに本部の指示を待っているとのこと。単独行であれば自力でいろいろことができるがレースの管理下にあるので指示を待つしかない。そのうちスタート地点へ戻るようにとの指示が来た。列はノロノロと動きだし皆疲れた足取りでスタート地点へ戻る。

スタート地点に着いたときには雨があがり虹も見えたがやはり全身ずぶ濡れで写真を撮る気にもならなかった。ホールで河口湖へ戻るバスを待つがスタッフに聞いてもいつバスがくるのか手配がなされたのかも判然としない。そのうち差し入れのパンやバナナが届く。参加者は寒さに震えてレスキューシートに包まっている人もいる。バナナやパンを食べているうちに最初のバス到着のアナウンス。バスに乗りスタート地点まで辿りついた。

★感想★
「UTMF」の短縮の判断は妥当だったかなと思う。またバスの手配も時間があったせいかスムーズにスタート地点まで戻れた。「天子山塊」は試走したがあの雨では通過するのは無理だろう。落石も発生する場所なので悪天候では危険だ。今回唯一の失敗は後半で雨具を脱いでしまったこと。自分はかなりの暑がりなので走っていると暑くて仕方なかったが雨具を脱いで直接雨にあたると急激に体温が奪われていった。症状が出たのがスタート地点に戻ってからなので助かった。もちろん翌日の「STY」はスタート地点から上下の雨具を着込み防水の手袋も着用して走った。スタート地点に戻ると寒かったが震えがくるほどではなかった。

それにしても「STY」の方は雷雲が真上にあり雷が鳴っている中でスタートいうのはどういうことだろう。とても主催者が安全管理を優先しているとは思えない。数百人が全く無防備な状態で広場にかたまっているよりはスタートしてばらけた方が安全なのは判るが車で来ている人もいたのだしできるだけ多くの人数を車の中へ退避させた上で残りを建物に誘導するのが本来の姿だと思う。途中近くでドーンドーンと落雷の音を聞いたときは気が気ではなかった。冷静に考えれば自分だけ出発しないという選択肢もあったのかなと思う。(その代わりかなり遠回りして公共の交通機関で河口湖まで戻る必要があったが)いずれにしても自分の身は自分で守るしかない。2日間悪天候の中親身にサポートしてくれたボランティアの皆さんには本当に感謝します。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ