ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972054 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

2度目は晴天と紅葉がお出迎え〜磐梯山

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー TAKEGAKUKAZU10106
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方台登山口駐車場
朝7時過ぎで5割程埋まっていました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
1時間56分
合計
6時間48分
S八方台登山口07:4408:18裏磐梯スキー場分岐08:2209:51弘法清水10:0710:38磐梯山11:2611:49弘法清水12:3514:05裏磐梯スキー場分岐14:0714:31八方台登山口14:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇八方台登山口から中の湯
危険箇所はありません。広い登山路をゆったり登ります。ひとしきり登ると視界が開け中の湯です。
◇中ノ湯から弘法清水
中ノ湯一帯の登山路はぬかるんでます。木道(板)を渡る箇所もありますが、板が斜めになっていて滑ると危険ですので要注意です。
登りの前半は尾根筋の急登です。一部ガレ場になっているところもあります。3〜4箇所ほど桧原湖方面の展望が良いところがあります。後半は山腹を巻きながら進むのですが、木の根が張り出していて歩きにくいところもあります。最後に緩やかに登りながら花畑への分岐を通過し、ひとしきり進むと弘法清水。特に危険箇所はありません。
◇弘法清水から磐梯山山頂
水場の脇から山頂への登山路が始まります。最初から急登で岩や木の根で滑りやすいです。途中、西側の猫魔ヶ岳方面、東側の櫛ヶ峰方面と交互に景観を得ながら進みます。山頂に近づくほどに登山路が狭くなるため、すれ違いでは譲り合いが必要です。山頂はさほど広くなく石に囲まれた三角点と祠があります。山頂標は数メートル下の山小屋前に立っています。
◇花畑
弘法清水の下に広がる花畑にはコース上に危険箇所はありません。コースを外して裏磐梯側の火口に行ってしまうと、切れ落ちていてたいへん危険です。

写真

裏磐梯から望む磐梯山
明治時代に大噴火を起こし、山容が全く変わってしまったそう
裏磐梯側はその跡がよくわかります
2016年10月02日 06:52撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯から望む磐梯山
明治時代に大噴火を起こし、山容が全く変わってしまったそう
裏磐梯側はその跡がよくわかります
2
まずはブナの林をゆるやかに登って行きます
2016年10月02日 07:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはブナの林をゆるやかに登って行きます
1
中ノ湯跡に到着
硫黄臭が漂ってます
2016年10月02日 08:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ湯跡に到着
硫黄臭が漂ってます
3
磐梯山がよく見えます
2016年10月02日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山がよく見えます
2
リンドウが咲いていました
もう終盤ですね。最後の輝き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウが咲いていました
もう終盤ですね。最後の輝き
2
紅葉が始まっています
2016年10月02日 08:20撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています
3
オオカメノキの実
赤と黒がいいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキの実
赤と黒がいいね
2
西吾妻山方面が見えてきました
2016年10月02日 08:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西吾妻山方面が見えてきました
2
中ノ湯跡を過ぎると急坂が始まります
2016年10月02日 09:11撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ湯跡を過ぎると急坂が始まります
1
登山道は若干の泥濘はありましたが、ほぼ乾いて歩きやすくなっていました
2016年10月02日 09:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は若干の泥濘はありましたが、ほぼ乾いて歩きやすくなっていました
五色沼の銅沼(あかぬま)が見えます
水面は赤なのか、緑なのか?
2016年10月02日 08:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼の銅沼(あかぬま)が見えます
水面は赤なのか、緑なのか?
2
桧原湖も見えてきました
裏磐梯の絶景です
2016年10月02日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧原湖も見えてきました
裏磐梯の絶景です
花々が最後の輝きを放っていました
2016年10月02日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花々が最後の輝きを放っていました
2
ノハラアザミ
2016年10月02日 09:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノハラアザミ
1
磐梯山
お、なんと山頂付近は真っ赤に染まっています
2016年10月02日 09:42撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山
お、なんと山頂付近は真っ赤に染まっています
5
弘法清水に到着
冷たくておいしい水
前回はここで雨天の為撤退(涙)
2016年10月02日 09:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法清水に到着
冷たくておいしい水
前回はここで雨天の為撤退(涙)
1
弘法小屋周辺からの絶景
2016年10月02日 09:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法小屋周辺からの絶景
2
山頂まではあと0.5k
急坂が待ってます
2016年10月02日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まではあと0.5k
急坂が待ってます
2
お花畑と爆裂火口
2016年10月02日 10:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑と爆裂火口
1
少し雲が湧いてきていますが・・・
2016年10月02日 10:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲が湧いてきていますが・・・
1
裏磐梯方面の絶景
2016年10月02日 10:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯方面の絶景
3
もう少しで山頂
2016年10月02日 10:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂
4
ウスユキソウも終盤
2016年10月02日 10:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウも終盤
2
まわりにはスキー場が数多く
冬の会津も素敵でしょうね
2016年10月02日 10:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まわりにはスキー場が数多く
冬の会津も素敵でしょうね
4
安達太良山と鉄山が雲の切れ間から顔を出してくれました
2016年10月02日 10:40撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山と鉄山が雲の切れ間から顔を出してくれました
3
沼ノ平を見下ろします
2016年10月02日 10:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼ノ平を見下ろします
1
山頂到着
2016年10月02日 10:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着
4
360度のパノラマ
2016年10月02日 10:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度のパノラマ
櫛が峰
2016年10月02日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛が峰
1
桧原湖
2016年10月02日 10:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧原湖
2
山頂に着いて初めて見えた猪苗代湖
2016年10月02日 11:10撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着いて初めて見えた猪苗代湖
5
絶景の山頂を後に・・
2016年10月02日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景の山頂を後に・・
2
お花畑に向かいます
2016年10月02日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑に向かいます
2
爆裂火口の真上に綺麗なお花畑が広がっています
2016年10月02日 12:39撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口の真上に綺麗なお花畑が広がっています
1
終盤のヤマハハコ
2016年10月02日 11:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終盤のヤマハハコ
1
カワラナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カワラナデシコ
1
ツルキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルキンバイ
2
花が少ないこの時期、この花はたくさん咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が少ないこの時期、この花はたくさん咲いていました
1
気持ちのよい散歩道?
あの爆裂火口の上にこんな楽園が広がっているなんて・・
2016年10月02日 12:45撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのよい散歩道?
あの爆裂火口の上にこんな楽園が広がっているなんて・・
1
ツルリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルリンドウ
1
ヤクシソウ
ハナニガナにそっくりですが、葉が卵型だからヤクシソウね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤクシソウ
ハナニガナにそっくりですが、葉が卵型だからヤクシソウね
1
紅葉が素晴らしい
2016年10月02日 12:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が素晴らしい
3
お花畑のすぐ脇は断崖
2016年10月02日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑のすぐ脇は断崖
1
お花畑のはるか先には安達太良山
2016年10月02日 12:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑のはるか先には安達太良山
1
見上げると紅葉がまぶしい
2016年10月02日 13:09撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると紅葉がまぶしい
2
中ノ湯跡に戻ってきました
2016年10月02日 14:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ湯跡に戻ってきました
下山後、ゴールドラインより磐梯山
2016年10月02日 15:04撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、ゴールドラインより磐梯山
2
ノコンギクは今が見頃
2016年10月02日 15:05撮影 by Canon EOS Kiss X7i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノコンギクは今が見頃
4
猪苗代湖からの磐梯山
2016年10月02日 15:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪苗代湖からの磐梯山
5

感想/記録

1年前に会津探訪した際、登りきれなかった磐梯山。雨に降られて、ガスに包まれ、やむなく弘法清水までで撤退しました。「天候が良いときにリベンジ」を胸に秘めてましたが、ついに実現できました。

弘法清水まではまだ記憶に新しいコース。今回は登り始めから展望が利いて、天候も良さげ。このまま山頂までもってくれれば、と願いながら登っていくと、ついに悠然たる磐梯山の山頂部を視野に捉えることができました。しかも予期せぬほどに紅葉が始まっていました。なんと、2回目の磐梯山チャレンジは晴れ晴れとした青空だけでなく、艶やかなる木々の色づきまでプレゼントしてもらいました。

磐梯山に穏やかな顔と荒々しい顔があるならば、弘法清水から見上げる磐梯山はその狭間にあり、双方を見ることができるんですね。そこから山頂を目指しながら望む沼ノ平へと切れ落ちていく斜面は、まさに自然の脅威そのもの。足がすくむ思いでした。山頂は多くの人で賑わっていました。視界360度。光り輝く猪苗代湖。山頂部に特徴ある安達太良山。吾妻山。雄国沼、猫魔ヶ岳。さらにその周囲まで遠く見渡すことができます。なんと素敵な天上世界。頭の中では、あの有名な「エンヤ〜あ〜会津磐梯山は宝の…」がループしまくっていました。思えば、そこのフレーズしか知らなかったです(笑)。
下り途中では、お花畑を巡り紅葉に輝く山稜に酔いしれ、裏磐梯側の爆裂火口跡の自然の猛威を胸に刻んで、下山しました。

会津磐梯山の印象は、「静と動」「美と猛」です。懐深き「宝の山」。大自然に感謝。
訪問者数:379人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ