ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972343 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

久々の山行は焼岳

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー mumin
天候雨のち曇り、一時晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

上高地BT 6:00 → 焼岳登山口 6:20 → 8:05 焼岳小屋 8:20 → 9:10 焼岳北峰 10:05 → 旧中尾峠 11:00 → 秀綱神社 11:15 → 鍋助横手 11:40 → 白水の滝 11:50 → 焼岳登山口 11:55 中尾キャンプ場 12:15 → 中尾高原口 12:35 → 13:00 ひがくの湯
コース状況/
危険箇所等
・上高地〜焼岳小屋
降雨直後だったので木々より滴水
ハシゴ付近は滑りやすかったので注意
ルートは明瞭
・焼岳小屋〜焼岳
山頂付近の火山性ガスに注意
ルートは明瞭だが濃霧時注意
・焼岳〜中尾高原口
降雨後は滑りやすく要注意
基本的にルートは明瞭だが、林道は分岐があるので注意
その他周辺情報下山後はひがくの湯へ(700円)

写真

しばらく上高地BTで待機したのち出発。
穂高は厚い雲の中、、、、
2016年10月02日 05:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく上高地BTで待機したのち出発。
穂高は厚い雲の中、、、、
焼岳登山口へ。
雨は止んでも木々より落水。
2016年10月02日 06:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳登山口へ。
雨は止んでも木々より落水。
よく写真にあるハシゴ。
しっかり備え付けてあるのですんなりと登れます。
2016年10月02日 07:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく写真にあるハシゴ。
しっかり備え付けてあるのですんなりと登れます。
1
なかなかガスが取れないけどそれはそれで幻想的でいいかも。
2016年10月02日 08:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかガスが取れないけどそれはそれで幻想的でいいかも。
1
山頂到着。
2016年10月02日 09:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。
3
山頂で30分ほど待機していると時折雲が切れて下界が見える。
2016年10月02日 09:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で30分ほど待機していると時折雲が切れて下界が見える。
2
なんかいい!!
2016年10月02日 10:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかいい!!
3
中尾高原へ下山中に見えた白水の滝。
2016年10月02日 11:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾高原へ下山中に見えた白水の滝。
1
撮影機材:

感想/記録
by mumin

山行を計画しても天気がすっきりしない週末続き。
てんきとくらすをにらめっこしつつ10/2は回復傾向ということ。
さっと行って、さっと帰れる焼岳に決定しさわやか信州号を予約。
4列シートのスタンダードは自分を含めて7名ほどのお客さんでゆったりと上高地に。
中の湯で窓の外を見ると、、、、、雨。
それもそこそこ降っている。
上高地で朝食を摂りつつ空を眺めているとだんだんと雲が薄くなり、雨も止んだのでいざ出発。
数年前にハシゴが撤去されていたを知らず焼岳登山口に向かったことを思い出す(このときは独標に計画変更)
ハシゴ手前までは樹林帯でたくさんの水が降ってくるのでレインウエアは脱げず。
黙々と歩いていると途中タオルを落としたことに気づかず回収しに戻る。
そこで今日初めての人(焼岳方面へ)と出会う。
しばらくお話しして焼岳小屋に到着。
予定よりも早く到着したので休憩しつつ、今回の山行の目的の1つである焼岳小屋のバッジを購入。
どれもデザインが良く、悩み悩みクマのデザインに決定。
ラスト1個でした。
さて、天気の回復は遅れているようだけど帰りのバスの時間もあるので山頂へ向かう。
このとき名古屋から来られている方と一緒に。
山頂に近付くにつれ子供の頃にお風呂にいれていたムトウハップの懐かしい香り。
ガスで山頂が見えず距離感がつかめないがお話ししつつあっという間に山頂へ。

しばらく粘っていると雲の切れ目から青空が、そして眼下には上高地が見えてきた。
いつもは下から眺めていた焼岳、登らなくてごめんなさい。
短時間の山行だったけれど来た甲斐があった。
下山は中尾方面へ。
降雨後なので慎重に下山、ほんとよく滑りました。
訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道 高原 山行 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ