ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973108 全員に公開 ハイキング北陸

「上越」ではなく「中越のマッターホルン?」 大源太山を時計回りに周回

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー satotake
天候雨→曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東京都日野市→入間IC→圏央道→鶴ヶ島JCT→関越道→湯沢IC→国道17号線など→林道大源太線→林道終点駐車場

【湯沢IC→林道終点駐車場】
 湯沢IC交差点に大きな案内看板が設置されており、「←大源太」に沿って左折して国道17号線に入ります。間もなくの、田中交差点(角にセブンイレブンがあります)を左折。上越線を跨線橋で越え、突き当りにセーブオンのある堰場交差点で右折し、道なりに大源太キャニオン方面へ向かいます。
 左に大源太川を見ながら走行し、体験工房大源太を通過し、旭原に差し掛かると「大源太山登山口」の看板がありますので、ここから右手の林道に入ります。道は狭くすれ違いは困難で、終点に近い未舗装箇所は、路面に凹凸がありますので慎重に通過したいです。

【林道終点駐車場の様子】
 林道の突き当りの谷間に10台程度が駐車可能なスペースがあります。トイレ、水場はありません。登山口は駐車場の筋向いにあり、登山ポストが設置されています。
 登山口には地元タクシー会社の連絡先も書かれています。駐車場の傍らには「携帯使用可能」の看板が出ていますが、私のau携帯は電波が入りませんでした。恐らくdocomoのみ利用可というところでしょう。困ったら、林道を歩いて旭原まで戻るしかありません。

【公共交通機関利用の場合】
 越後湯沢駅からはバス便がありますので、旭原BSで下車して林道を歩くことになります。最寄りと思われる「岩原スキー場前駅」「越後中里駅」からは足がありません。(タクシーを呼ぶ必要があります)

 南越後観光バス 時刻表(越後湯沢駅〜大源太キャニオン)
 http://www.minamiechigo.co.jp/pdf/jikoku-280401/muikamachi/0401/daigenta2.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

林道終点駐車場7:00→分岐7:10→9:20大源太山9:40→10:35七ッ小屋山10:45→1544分岐11:05→11:40シシゴヤノ頭11:50→分岐12:50→林道終点駐車場13:00  【歩行時間:5時間20分】
コース状況/
危険箇所等
今回のルートは、越後湯沢の大源太山、七ッ小屋山、シシゴヤノ頭を時計回り周回しています。「山と高原地図」では「16 谷川岳」編に記載があります。なお、三国峠近くにも同名の「大源太山」がありますが、別の山です。

【林道終点駐車場→大源太山】
 林道終点駐車場の筋向いにある登山口(登山ポストあり)から、樹林帯を歩いて北沢へ向かいます。程なく、北沢の渡渉箇所に到着しますが、直前まで降雨があったためか、渡渉困難というほどではありませんが水量は豊富でした。
 渡渉後、沢沿いに幅狭の道を歩いて行きます。間もなく、分岐の標識が見えてきます。直進して沢沿いに進むと大源太山へ、右折して山道へ入ると「謙信ゆかりの道」を経て、シシゴヤノ頭へ。私は直進しました。
 相変わらず幅の狭い沢沿いの道を、何度か小さい沢の渡渉を経て進み、北沢の再渡渉点に向かいます。ここからは斜面に取り付き、稜線に向かって高度を上げていきます。樹林帯を抜けて尾根に出ると、次第に足元は露岩に替わります。
 尾根道からは、右手に七ッ小屋山、背後には巻機山、岩原スキー場やその先には湯沢の市街地が見えるようになり、景色を楽しみながら歩くことができます。
 土道や岩場の痩せた尾根をどんどん高度を上げると、ピークが見えてきます。山頂は独立しているため景色はとても良いのですが、ちょっと虫が多めだったかな。

【大源太山→七ッ小屋山→シシゴヤノ頭】
 大源太山ピークからは、すぐに鎖場を降下します。勾配がかなりありますので、慣れていないと少々怖く感じるかもしれません。手足のステップを頼りに鎖を補助に使えば安全に下りられますが、足の置き場をどうしようかと迷う箇所もありました。
 振り返ると大源太山の山容がよく見え、マッターホルン感が分かるようになります。七ッ小屋山への登り返しでは、山頂の標識が見えるようになると、周辺は笹原となり、見通しが一層よくなります。左手は清水峠を経て朝日岳・白毛門への稜線。右手は蓬岳、武能岳や茂倉岳への稜線がくっきりと見えます。ここはいわゆる「谷川馬蹄形ルート」ですね。
 七ッ小屋山からは、笹原の道を進みます。この時季は花が終わっていますが、気分の良い草原歩き。ただし、足元の土道は湿って泥寧ができており、ちょっと歩きにくい感じです。
 右手に支尾根が伸びている箇所が分岐(標識あり)で、右折してシシゴヤノ頭へ向かいます。この辺りはチョウ、トンボやハチが飛び交い、一段と良い雰囲気。下り基調ながら小ピークをいくつか越えて、シシゴヤノ頭に到着します。

【シシゴヤノ頭→林道中点駐車場】
 稜線は左手(西)に続いていますが、シシゴヤノ頭からは北西の斜面に付けられた九十九折の道を下ります。地図には「ジグザグ道だが歩きやすい」と書かれていますが、ここもまた湿った土と張り出した木の根が滑りやすく、快適とは言えません。道幅は狭く、所々崩壊しかかった箇所もありました。下降開始からそれほど経たずに沢音が下の方角から聞こえてくるようになりますが、なにせ九十九折ですので、標高が一気には下がりません。
 大源太山方面との分岐の手前200〜300mの箇所には、パイプから水が出ている地図に無い水場がありました。飲料適なのか表示はありませんでしたが…。
 分岐からは、じきに渡渉点に達し、樹林帯を抜ければ駐車場は間もなくです。

【全体的に】
 林道終点駐車場をはじめ、谷間にいる間は私のau携帯は電波が入りませんでしたが、稜線部ではメールができました。
 トイレは無し。水場は上記のとおり1箇所発見しましたが、飲料に適しているかはよくわかりません。ルート上に小屋もありません。
 今回ルートは時計周りに歩きましたが、私は反時計周りの方が良いように思いました。理由は以下のとおり。
 ‖瑤らシシゴヤノ頭までの道は、湿っていると下りではスリッピーで歩きにくい。
 ⇔農からの景色に加え、大源太山の山容を楽しみながら大源太に登ることができる。
 今回ルートで一番注意が必要な大源太直下の鎖場を登りで使うことができる。
 
 なお、林道終点駐車場から県道に戻り、すぐ近くには大源太キャニオンがあります。トイレもあり、飲料などの販売もありますので、立ち寄るのも良いでしょう。
その他周辺情報●大源太キャニオン
 林道分岐からは僅かで大源太湖に到着します。湖周辺は「大源太キャニオン」と呼ばれており、大源太湖を一周する散策コースは、紅葉の時季に是非訪れたいです。トイレや飲料の販売などがあります。
 http://daigenta.net/

●土樽共同浴場「岩の湯」
 県道361号線まで戻り、岩原スキー場駅付近で「湯沢フィッシングセンター」を目指して左折します。水曜定休。営業時間は10時〜21時。大人400円。
 http://yuzawaonsen.com/03iwa.html

●田畑屋(たばたや)
 所在地:新潟県南魚沼市目来田57-1(国道17号線沿い) 営業時間:11:00〜20:30 定休日:元旦のみ 駐車場は30台分あります。
 へぎ蕎麦、うどんは、コシがあってボリュームもあります。メニューも豊富で店内は広く、多くのお客さんで賑わっていました。人気のお店のようです。
 https://tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15000513/

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

関越道の湯沢IC手前です。現在、山には雨雲がかかっています。
(^▽^;)ありゃりゃ
2016年10月02日 06:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関越道の湯沢IC手前です。現在、山には雨雲がかかっています。
(^▽^;)ありゃりゃ
3
湯沢ICに到着しました。
2016年10月02日 06:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢ICに到着しました。
1
湯沢IC前交差点です。
2016年10月02日 06:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢IC前交差点です。
大源太へは、ここで左折し国道17号線に入ります。
2016年10月02日 06:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太へは、ここで左折し国道17号線に入ります。
2
程なく、田中交差点に差し掛かるのでここで左折。角にはセブンイレブンがあります。
2016年10月02日 06:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく、田中交差点に差し掛かるのでここで左折。角にはセブンイレブンがあります。
1
上越線の跨線橋を跨ぎ、突き当りのセーブオンで右折します。間もなく関越道を潜ります。
(* ̄o ̄)ゝ買い物は今のうち
2016年10月02日 06:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上越線の跨線橋を跨ぎ、突き当りのセーブオンで右折します。間もなく関越道を潜ります。
(* ̄o ̄)ゝ買い物は今のうち
1
道なりに大源太へ。
2016年10月02日 06:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なりに大源太へ。
左手に岩原スキー場が見えています。
2016年10月02日 06:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に岩原スキー場が見えています。
4
大源太山が見えてきました。ここは体験工房大源太の手前です。
2016年10月02日 06:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山が見えてきました。ここは体験工房大源太の手前です。
2
林道入口が見えてきました。
(・_ ・)ジーッ
2016年10月02日 06:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入口が見えてきました。
(・_ ・)ジーッ
1
大源太山登山口へは、この林道を入るように案内看板が設置されています。
2016年10月02日 06:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山登山口へは、この林道を入るように案内看板が設置されています。
1
林道を走ります。
2016年10月02日 06:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を走ります。
2
奥へ。
2016年10月02日 06:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥へ。
1
奥へ。この辺りは未舗装です。
2016年10月02日 06:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥へ。この辺りは未舗装です。
橋を渡ります。
2016年10月02日 07:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
林道終点駐車場の手前150mにある標識です。
2016年10月02日 07:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点駐車場の手前150mにある標識です。
1
ここは林道大源太線です。この当たりの路面は凹凸があります。
w川・o・川w わおっ
2016年10月02日 07:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは林道大源太線です。この当たりの路面は凹凸があります。
w川・o・川w わおっ
2
駐車場に到着しました。
2016年10月02日 07:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に到着しました。
2
駐車場から少々戻った場所が登山口です。
2016年10月02日 07:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から少々戻った場所が登山口です。
1
登山ポストも設置されています。
2016年10月02日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストも設置されています。
3
タクシー会社の連絡先が書かれていますが、私のau携帯は電波が入りません。
2016年10月02日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシー会社の連絡先が書かれていますが、私のau携帯は電波が入りません。
4
では、参りましょう。
2016年10月02日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、参りましょう。
1
歩き始めはこんな感じです。
2016年10月02日 07:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めはこんな感じです。
1
樹林帯の中を歩きます。
2016年10月02日 07:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を歩きます。
沢が近づきました。
2016年10月02日 07:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が近づきました。
北沢です。
2016年10月02日 07:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢です。
5
ここを渡渉します。案外、水量がありますね。
(o ̄∇ ̄)σ 見て
2016年10月02日 07:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡渉します。案外、水量がありますね。
(o ̄∇ ̄)σ 見て
5
沢沿いに少々歩くと分岐があります。
2016年10月02日 07:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに少々歩くと分岐があります。
1
標識です。
2016年10月02日 07:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識です。
ボケちゃいましたが、右折するとシシゴヤノ頭へ。
2016年10月02日 07:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボケちゃいましたが、右折するとシシゴヤノ頭へ。
直進すると大源太山へ。
2016年10月02日 07:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進すると大源太山へ。
1
道はこんな感じ。
2016年10月02日 07:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ。
2
幅狭です。
2016年10月02日 07:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅狭です。
先行者が見えてきました。
2016年10月02日 07:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が見えてきました。
2
再び渡渉します。
2016年10月02日 07:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び渡渉します。
3
標識が寝てます。
2016年10月02日 07:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が寝てます。
1
勾配が増してきました。
2016年10月02日 07:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配が増してきました。
1
足元には石がゴロゴロ。
2016年10月02日 07:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には石がゴロゴロ。
ロープ場です。
2016年10月02日 07:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場です。
1
暫く辛抱して登ると、稜線が近づいてきます。
(;´▽`A``
2016年10月02日 08:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く辛抱して登ると、稜線が近づいてきます。
(;´▽`A``
3
周囲の山。
2016年10月02日 08:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲の山。
2
岩の上を通過します。
2016年10月02日 08:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上を通過します。
2
大源太山の山頂方面を見て。まだガスっているようです。
2016年10月02日 08:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山の山頂方面を見て。まだガスっているようです。
1
右手の七ッ小屋山方面の様子。
2016年10月02日 08:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の七ッ小屋山方面の様子。
2
灌木帯に入りました。
2016年10月02日 08:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木帯に入りました。
左がシシゴヤノ頭付近です。
2016年10月02日 08:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左がシシゴヤノ頭付近です。
振り返ると湯沢の市街地が見えてきます。
2016年10月02日 08:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると湯沢の市街地が見えてきます。
3
稜線はガス。
2016年10月02日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はガス。
岩場を越えて、この写真の奥にガスで煙っているのが大源太山ピークです。
(‘ ∇‘ ) わ〜っ
2016年10月02日 08:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を越えて、この写真の奥にガスで煙っているのが大源太山ピークです。
(‘ ∇‘ ) わ〜っ
5
左のシシゴヤノ頭がくっきり見えています。
2016年10月02日 08:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のシシゴヤノ頭がくっきり見えています。
2
斜面が草地になっているのが岩原スキー場。その手前のゴルフ場まで見えるようになってきました。
2016年10月02日 08:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面が草地になっているのが岩原スキー場。その手前のゴルフ場まで見えるようになってきました。
2
この辺りの土道は歩きやすいです。
2016年10月02日 08:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの土道は歩きやすいです。
3
大栗ノ頭かな?
2016年10月02日 08:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大栗ノ頭かな?
2
木の根が張った急坂。鎖が取り付けられています。
2016年10月02日 08:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根が張った急坂。鎖が取り付けられています。
1
痩せた尾根。
2016年10月02日 08:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せた尾根。
5
只今、開けた場所で休憩中です。
2016年10月02日 08:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
只今、開けた場所で休憩中です。
ピークが近づいてきました。どんどん高度を上げていきます。
2016年10月02日 09:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークが近づいてきました。どんどん高度を上げていきます。
4
山頂まであとちょっと。スリップに注意。
2016年10月02日 09:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであとちょっと。スリップに注意。
3
人の声が聞こえてきます。
2016年10月02日 09:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人の声が聞こえてきます。
1
大源太山ピークに到着。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
2016年10月02日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山ピークに到着。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
14
あまり広くありませんが、広場になっています。
2016年10月02日 09:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり広くありませんが、広場になっています。
3
その更に先の様子。ここには道はありません。
2016年10月02日 09:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その更に先の様子。ここには道はありません。
2
湯沢方面が霞んでしまいました。
2016年10月02日 09:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢方面が霞んでしまいました。
1
記念に撮影していただきました。ありがとうございます。
2016年10月02日 09:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に撮影していただきました。ありがとうございます。
32
徐々にガスがとれていきます。
2016年10月02日 09:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々にガスがとれていきます。
2
ガスよ〜、消えよ〜〜。
(*・人・*)
2016年10月02日 09:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスよ〜、消えよ〜〜。
(*・人・*)
7
わーい、消えてきました。
v( ̄ー ̄)v
2016年10月02日 09:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わーい、消えてきました。
v( ̄ー ̄)v
7
では、七ッ小屋山に向けて、まずは下りましょう。あの岩場の先…
2016年10月02日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、七ッ小屋山に向けて、まずは下りましょう。あの岩場の先…
3
この先が鎖場です。
2016年10月02日 09:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が鎖場です。
2
ゲゲッ! 結構な勾配です。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
2016年10月02日 09:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲゲッ! 結構な勾配です。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
4
鞍部も下に見えてきました。
2016年10月02日 09:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部も下に見えてきました。
2
ここの鎖場の通過も、慎重に。
2016年10月02日 09:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの鎖場の通過も、慎重に。
4
まだまだ下ります。
2016年10月02日 09:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下ります。
4
おお、最低鞍部も見えてきたぞ。
2016年10月02日 09:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、最低鞍部も見えてきたぞ。
4
どんどん行っちゃいましょう。
2016年10月02日 09:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん行っちゃいましょう。
1
道はこんな感じ。
2016年10月02日 09:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ。
3
左手の谷です。
2016年10月02日 09:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の谷です。
1
大源太山を振り返って。男性的で迫力ありますね。
(灬╹ω╹灬)
2016年10月02日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山を振り返って。男性的で迫力ありますね。
(灬╹ω╹灬)
8
対照的に七ッ小屋山は、女性的で美しい感じ。
(*'∀'人)♥*+
2016年10月02日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対照的に七ッ小屋山は、女性的で美しい感じ。
(*'∀'人)♥*+
5
徐々に大源太山から離れるにつれ、マッターホルン感が出てきます。
2016年10月02日 10:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に大源太山から離れるにつれ、マッターホルン感が出てきます。
15
これから歩く登り返しを見て。見た目よりはキツく感じませんでしたが、それなりに登り応えがあります。
2016年10月02日 10:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く登り返しを見て。見た目よりはキツく感じませんでしたが、それなりに登り応えがあります。
2
一部色づいてはいるのですが…
2016年10月02日 10:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部色づいてはいるのですが…
1
笹が多くて、錦秋という感じではありません。
2016年10月02日 10:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が多くて、錦秋という感じではありません。
大源太山の山容が更によく分かるようになりました。
2016年10月02日 10:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山の山容が更によく分かるようになりました。
10
ピークのガスもとれてクッキリ。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
2016年10月02日 10:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークのガスもとれてクッキリ。
ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
12
小ピークが見えています。
2016年10月02日 10:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークが見えています。
1
七ツ小屋山を見て。
2016年10月02日 10:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ小屋山を見て。
2
標識が見えています。
2016年10月02日 10:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が見えています。
1
周辺は笹の草原になっています。
2016年10月02日 10:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周辺は笹の草原になっています。
5
分岐近し。
2016年10月02日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐近し。
1
左:清水峠 右:七ッ小屋山
2016年10月02日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左:清水峠 右:七ッ小屋山
今来た道へは「大源太山」とあります。
2016年10月02日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今来た道へは「大源太山」とあります。
清水峠方面を見下ろして。
2016年10月02日 10:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠方面を見下ろして。
1
やっと、七ツ小屋山の山頂が見えてきました。
2016年10月02日 10:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、七ツ小屋山の山頂が見えてきました。
2
山頂標識です。
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
2016年10月02日 10:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識です。
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
6
これから歩く笹原の稜線。奥は、武能岳方面です。
2016年10月02日 10:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く笹原の稜線。奥は、武能岳方面です。
4
こちらは朝日岳。
2016年10月02日 10:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは朝日岳。
4
湯沢方面。
2016年10月02日 10:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢方面。
3
越後湯沢駅やガーラ湯沢も見えます。
|ω・) •*¨*•.¸¸♪
2016年10月02日 10:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後湯沢駅やガーラ湯沢も見えます。
|ω・) •*¨*•.¸¸♪
5
さて、先に進みましょう。
2016年10月02日 10:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、先に進みましょう。
5
足元の様子です。
2016年10月02日 10:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元の様子です。
1
どんどん下っています。
2016年10月02日 10:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下っています。
2
木道があるこの辺りには…
2016年10月02日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道があるこの辺りには…
3
池塘があります。
2016年10月02日 10:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘があります。
2
周辺の花はすっかり終わり。
2016年10月02日 10:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周辺の花はすっかり終わり。
1
笹原歩きは気分が良いのですが…
2016年10月02日 11:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原歩きは気分が良いのですが…
1
土道は泥寧で歩きにくいです。
ズガビ━━Σ(ll゜艸゜ll)━━━ン!!
2016年10月02日 11:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土道は泥寧で歩きにくいです。
ズガビ━━Σ(ll゜艸゜ll)━━━ン!!
右手に支尾根が見えてきました。
2016年10月02日 11:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に支尾根が見えてきました。
1
武能岳はガスがとれて綺麗に見えています。
2016年10月02日 11:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳はガスがとれて綺麗に見えています。
5
この谷筋の奥は、土合方面です。
2016年10月02日 11:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷筋の奥は、土合方面です。
1
分岐です。
2016年10月02日 11:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐です。
シシゴヤノ頭へは、ここで右折します。
2016年10月02日 11:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシゴヤノ頭へは、ここで右折します。
2
では、参りましょう。
2016年10月02日 11:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、参りましょう。
1
下っていきます。
2016年10月02日 11:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下っていきます。
2
チョウチョやトンボが飛び交い、気分の良い場所です。
:*:✼✿(ღ✪v✪)。゜:*:✼.。✿.。
2016年10月02日 11:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウチョやトンボが飛び交い、気分の良い場所です。
:*:✼✿(ღ✪v✪)。゜:*:✼.。✿.。
3
右手は、先ほどまで歩いていた大源太山と七ツ小屋山。
2016年10月02日 11:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手は、先ほどまで歩いていた大源太山と七ツ小屋山。
3
いくつかの小ピークを越えてシシゴヤノ頭に到着しました。
2016年10月02日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかの小ピークを越えてシシゴヤノ頭に到着しました。
1
三角点が設置されています。
2016年10月02日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点が設置されています。
3
ここから北西の斜面を下っていきます。この先に見える尾根には入りません。
2016年10月02日 11:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから北西の斜面を下っていきます。この先に見える尾根には入りません。
1
歩き始め。
2016年10月02日 11:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始め。
1
ジメジメした土道です。
2016年10月02日 12:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジメジメした土道です。
1
張り出した木の根が滑りやすいです。
2016年10月02日 12:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
張り出した木の根が滑りやすいです。
1
沢音が下から聞こえてきます。九十九折に歩きますので、なかなか沢に辿りつきません。
(*´﹃`*)
2016年10月02日 12:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢音が下から聞こえてきます。九十九折に歩きますので、なかなか沢に辿りつきません。
(*´﹃`*)
やっと分岐標識が見えてきました。
2016年10月02日 13:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと分岐標識が見えてきました。
沢沿いを歩いて、渡渉して行きます。
2016年10月02日 13:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩いて、渡渉して行きます。
登山口が見えてきました。
2016年10月02日 13:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口が見えてきました。
やれやれ、駐車場に戻りました。
◝(๑⁺д⁺๑)◞
2016年10月02日 13:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ、駐車場に戻りました。
◝(๑⁺д⁺๑)◞
2
車で移動中。近くを探検しましょう。大源太キャニオンの駐車場は混雑しています。
2016年10月02日 13:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で移動中。近くを探検しましょう。大源太キャニオンの駐車場は混雑しています。
県道で岩原スキー場方面へ戻っています。もうすぐ南魚沼産米の収穫時期ですね。
2016年10月02日 13:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道で岩原スキー場方面へ戻っています。もうすぐ南魚沼産米の収穫時期ですね。
ここは湯沢パークスキー場の近く。
2016年10月02日 13:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは湯沢パークスキー場の近く。
岩原スキー場も近いです。最寄りと思われる越後中里駅まで足を延ばしてみます。
2016年10月02日 13:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩原スキー場も近いです。最寄りと思われる越後中里駅まで足を延ばしてみます。
1
土樽小学校前。
2016年10月02日 13:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽小学校前。
立派な校舎が残っていますが、この学校は統廃合で閉校しているようです。
2016年10月02日 13:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な校舎が残っていますが、この学校は統廃合で閉校しているようです。
2
駐在所前を通過。
2016年10月02日 13:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐在所前を通過。
越後中里駅です。バス、タクシーは見かけません。ここから大源太へはアクセスに困りそうですね。やはり越後湯沢駅が起点でしょうか。
2016年10月02日 13:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後中里駅です。バス、タクシーは見かけません。ここから大源太へはアクセスに困りそうですね。やはり越後湯沢駅が起点でしょうか。
1
駅前の様子。
2016年10月02日 13:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前の様子。
秋祭りの登り旗です。
2016年10月02日 13:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋祭りの登り旗です。
1
では、岩の湯にでも立ち寄りましょう。
2016年10月02日 13:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、岩の湯にでも立ち寄りましょう。
1
大人400円。安っ!! 東京からのアクセスは良いし、自然は豊かで食べ物は美味しい。大源太周辺は魅力でいっぱいですね。
2016年10月02日 13:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大人400円。安っ!! 東京からのアクセスは良いし、自然は豊かで食べ物は美味しい。大源太周辺は魅力でいっぱいですね。
7
撮影機材:

感想/記録

今回は私が大好きな新潟にあって、以前から気になっていた大源太山に登ってきました。麓の大源太キャニオンは2度訪れたことがあり、「是非、登山も」と思っていたのです。
この山域には、谷川岳や巻機山、少し足を延ばせば苗場山。そして、越後三山など名だたる人気の山が多いことは皆様ご存知のとおりですが、越後湯沢の名峰・大源太山と七ッ小屋山もここにあり。水量のある沢の渡渉、スリリングな岩稜や穏やかな笹の草原歩き、周囲の山々の絶景などなど。人影は少なく、静寂に包まれた変化に富むルートをのんびり歩くことができます。

私が下りで使った、1544分岐〜沢までの道は、「謙信ゆかりの道」の一部になっています。この道を上杉謙信公は大軍勢を率いて登り、関東まで攻め入ったのでしょうか。さすが戦国最強と謳われる武将ですねぇ。私なんぞは下るだけで精一杯でした。軍神の足跡に少々お邪魔をさせていただき、恐縮です。

ところで…
大源太山は、別名「上越のマッターホルン」と紹介されています。越後(新潟県)は、京都に近い地域から「上越」「中越」「下越」と呼ばれるわけですが、知り合いの新潟県出身者に言わせると、湯沢町は「中越です」と。
私を含め他都道府県の者には、近くに「上越新幹線」や「上越線」が通っているし、違いがよく分からないということはあるのですが、名前は正確を期す方が良いように思います。ネーミングに何か経緯があるのかもしれませんが、中越地方にお住まいの方の誇りのためにも、「中越のマッターホルン」又は「新潟のマッターホルン」と呼んでは如何でしょうか。
これは誰に言ったらええねん? 新潟県知事??

東京からは新幹線でも車でも、アクセスは良く、「近くていい山」と思います。
多くの登山者が入る山と比べると、サービスが行き届かない武骨な雰囲気があり、安全には十分な注意が必要ですが、山慣れしている方は一度立ち寄られては如何でしょう。私は大好きです。
今回の山行もまた新潟の山の素晴らしさと新たな一面に触れることができ、とても満足しています。
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/28
投稿数: 2488
2016/10/4 0:47
 日曜日に変更されて・・
こんばんわ、satotakeさん

土曜日予定が天気イマイチで日曜日に変更でしたか?
実は私たちも土曜日が で日曜日帰りなら、
このルートも第一候補見たいな感じでした。
友人の行きたかったルートで
私はちょっとここより南西の平標新道〜吾作新道を土樽から周回が2、3年前から紅葉maple時期に行きたい候補NO1でしたが。。

天気がraincloudsunに変わって良かったですね。
ずっと予報気にしていましたが、
どーもイマイチなのかな??と、私たちは山パスでした。。
何もしないのも・・と、久々にジムトレに2時間ぐらい行きましたら、
山歩くより翌日疲れが出ちゃいました
でももし行ってたら、2週連続でお会いしましたのに・・
ちょっと残念感も

中越のマッターホルン、カッコイイですね!!
大源太キャニオンもマッターホルンも訪れた事無いので、
ぜひ行ってみたいと思いました!!

登山口までの ルート、結構そこにたどり着く時迷う事あるので、
いつもながら詳細で、相変わらず皆さん思いのレコ です
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/10/4 6:21
 Re: 日曜日に変更されて・・
ฅ(๑◕ω◕๑) pikachanさん、おはよう。

そう、 私もずっと天気が気になっていました。行ってみたら雨かも、と。
NEXCOの気象情報を聞きながら、 関越道を走行したのですが、赤城高原あたりで「湯沢IC〜六日町ICは雨が降っています」と。
谷川連峰はガスで煙っていて、トンネル抜けて土樽に差し掛かると本降りの雨。
cryingこりゃ、温泉ツアーに変更かなぁと思っちゃいました。。

私は登山口に到着したのが7時頃ですが、その頃には小雨に替わり、尾根歩きを始める頃には雨も止んでくれました。1時間早く登り始めた先行者は、本降りに見舞われたそうで、山頂もガスガスだったそう。少々ゆっくり目に到着して良かったです。

pikachanさんは、平標新道〜吾作新道を狙ってましたかぁ。 ( ̄ε ̄〃)b
「谷川の紅葉を見に行くかも」とコメントされていたので、確か今年のレコに平標山が出ていたようだからそこはないかな〜、でも、きっと近くにいるんだろうな、などと思いながら歩いてきました。
2週連続でお会いしたら、嬉しかったですね。まあ、天気が微妙で周囲の山は煙っていましたから、パスして 正解だったと思います。

それにしても、ジムトレに2時間。さすが努力家ですねぇ。 ←尊敬の眼差し
pikachanさんには刺激を受けてますよ。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 525
2016/10/9 4:02
 大源太山 気に入りましてよ💗
satotake菩薩様 遅コメ d(>∇<;)ゆるちてにゃん♪

温暖化ですね10月なのに紅葉が🍁ユルイ でも素敵なお山。
菩薩パワーの「ガスよ消えよ」では共にε=( ̄。 ̄;)フゥ〜しちゃいました。
お天気に恵まれたなら素晴らしい山並みでしょうね。中越マッターホルン穴場ですね〜。いつか行って見たい登録させて頂きました。
「アラ!コシヒカリまだ刈り取られていない」私この日は南魚沼産コシヒカリをお取り寄せ並びにご進物にしたばかりですが、アレレ?何時収穫したの?60kgのこのお米!
ハラホロ〜( ̄∇ ̄)〜マサカネェ?疑念がモクモクでございます。
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/10/9 11:50
 Re: 大源太山 気に入りましてよ💗
(☝◉ਊ ◉)☝ obanyanさん、キタッ!!!

いやー、お忙しいと思ってはいましたが、「いつ読んでくれるかな」とお待ちしちゃっておりました。いつも本当にありがとうです。smile
obanyanさんが読んでくれるからと、レコを上げるモチベーションになっていますよ。

ガスのフ〜フ〜もありがとう。お陰で、山頂からの眺めも楽しむことができましたね。
大源太山は、obanyanさんが お好きそうな山か、と。

今日は3連休の中日ですが、明日が休日出勤の予定で今週は 山はお休みしています。これからは紅葉が楽しみな季節ですね。

話は変わりますが、先日の金曜日。久しぶりにカラオケにkaraoke行ってきました。「なつかしの歌」メニューから選んだのは、天地真理さんの「恋する夏の日」。
「♪あなた〜を待つのぉ〜 テニスコートぉ〜」 私が小学生の頃のヒット曲で、思わずCDが欲しくなっちゃいました。
obanyan先輩は、どんな歌がお好きで? music昭和歌謡には名曲が多いですよね〜。

では、きっと南魚沼産のお米をご賞味いただき、素敵な秋の日をお過ごしくださいませ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ