ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973486 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

紅葉の谷川岳(天神平−谷川岳−一ノ倉岳−茂倉岳−土樽)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー nom
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
上毛高原〜ロープウエイ行きのバスは、始発で満員の場合は終点に直行し、早く着きます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間34分
休憩
24分
合計
8時間58分
S天神平09:0709:17天神尾根・田尻尾根分岐点09:1909:27天神平・天神峠分岐点09:47熊穴沢避難小屋10:26天狗の留まり場10:2811:00天神ザンゲ岩11:14谷川岳・肩の小屋11:1511:23谷川岳(トマノ耳)11:3611:55谷川岳12:51ノゾキ13:17一ノ倉岳13:1814:11茂倉岳14:1214:24茂倉岳避難小屋14:2515:33矢場ノ頭17:38茂倉新道登山口17:3917:45水場/高波吾策像17:4618:03土樽駅18:0418:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
茂倉新道は大木の根っこを超える度に体力を消耗し、コースタイムもかなり消費します。土樽の最終電車に間に合うよう、かなりの気合いを要します。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ポール
備考 気持ちの良い稜線歩き、予定より速いペースに茂倉岳までのんびりしすぎたため、実は非常に大変だった茂倉新道下降に手間取り、土樽の最終電車に危うく間に合わない時間になってしまい、最期の林道30分はほとんど走って何とかセーフ。

写真

天神平は良い天気!
2016年10月02日 09:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平は良い天気!
3
天神尾根よりスタート地点方向
2016年10月02日 09:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根よりスタート地点方向
1
天神尾根よりスタート地点方向
2016年10月02日 09:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根よりスタート地点方向
2
谷川岳方面。
紅葉も始まった。
2016年10月02日 10:12撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳方面。
紅葉も始まった。
2
天気今ひとつなれど紅葉はきれい
2016年10月02日 10:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気今ひとつなれど紅葉はきれい
1
谷川岳方面
2016年10月02日 10:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳方面
1
天神尾根は明るく良い感じ
2016年10月02日 10:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根は明るく良い感じ
2
頂上小屋前
2016年10月02日 11:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋前
1
この日の頂上はすべてガス。
ここはトマノ耳
2016年10月02日 11:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の頂上はすべてガス。
ここはトマノ耳
5
トマノ耳
2016年10月02日 11:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳
小屋は大賑わい
2016年10月02日 11:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は大賑わい
2
オキの耳もガスで混雑
2016年10月02日 11:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳もガスで混雑
5
一ノ倉岳への道は登山者激減で紅葉風景は逆に素晴らしい。
2016年10月02日 11:55撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳への道は登山者激減で紅葉風景は逆に素晴らしい。
5
一ノ倉の絶壁。
尾根歩きが気持ちいい
2016年10月02日 12:08撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉の絶壁。
尾根歩きが気持ちいい
2
一ノ倉岳〜茂倉岳への稜線。
なだらかで心地よい稜線歩き。
2016年10月02日 12:19撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳〜茂倉岳への稜線。
なだらかで心地よい稜線歩き。
1
一ノ倉の絶壁からガスが上がり、紅葉の背景に。
2016年10月02日 12:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉の絶壁からガスが上がり、紅葉の背景に。
6
一ノ倉岳手前より谷川岳方面。
2016年10月02日 12:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳手前より谷川岳方面。
3
一ノ倉岳。
ここから先、登山者に全く会わなかった。
2016年10月02日 13:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳。
ここから先、登山者に全く会わなかった。
2
茂倉岳へのなだらかな道で昼食。
道の真ん中でも誰も通らず。
2016年10月02日 13:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳へのなだらかな道で昼食。
道の真ん中でも誰も通らず。
茂倉岳から一ノ倉岳を振り返る。
そろそろ天気も下り坂。
2016年10月02日 13:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳から一ノ倉岳を振り返る。
そろそろ天気も下り坂。
1

感想/記録
by nom

 この秋は毎週末雨模様だったので紅葉フラストレーションがたまっていたところ、この日だけは何とかなりそうと、急遽単独行を決意。
 頂上の眺望はゼロでしたが、目的の紅葉の稜線は満喫出来たのでヨシ。
 ただし、茂倉新道下降の大木の根っこ超えで大幅に体力を消耗し、土樽の最終電車に乗り遅れそうになり、最期の林道激走で翌日は筋肉激痛。下りを侮ってはいけません。
訪問者数:304人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ