ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977405 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳 (一ノ沢からピストン)

日程 2016年10月07日(金) [日帰り]
メンバー whitewater
天候朝方小雨のち快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一ノ沢登山口手前駐車地:約30台。
 長野道安曇野ICより約16km。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
3時間10分
合計
11時間5分
S一ノ沢登山口05:5406:05山ノ神06:0606:54王滝ベンチ06:5607:20烏帽子沢07:2507:53笠原沢08:0608:40胸突八丁08:5409:14最終水場09:1910:00常念小屋10:4611:58常念岳12:4413:28常念小屋14:1214:42最終水場14:4315:00胸突八丁15:24笠原沢15:3615:56烏帽子沢16:13王滝ベンチ16:1416:51山ノ神16:59一ノ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山口〜胸突八丁は、一ノ沢左岸沿いの傾斜の緩い道。
 倒木が数ヶ所あり。
・胸突八丁〜最終水場は、急斜面のジグザグ階段を登ると急斜面のトラバース道。
 見た目は危なっかしいが、よく手入れされ安心して歩ける道。でも慎重に。
・最終水場〜常念乗越は、急斜面のジグザク道。
 途中、ベンチが3ヶ所にあり。
・常念乗越〜常念岳山頂は、標高差約400mのガレ場の急登。
 槍と北アルブス北部を見ながら登れる展望路。
その他周辺情報日帰り温泉は「ほりでーゆ〜」(530円)。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

【登山口へ】
この辺から駐車禁止だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【登山口へ】
この辺から駐車禁止だ。
【倒木】
生々しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【倒木】
生々しい。
【ガスの中】
紅葉も湿っぽい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ガスの中】
紅葉も湿っぽい。
【赤い仮面】
真っ赤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【赤い仮面】
真っ赤。
【淡い紅葉】
色も遠慮がち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【淡い紅葉】
色も遠慮がち。
【高巻き】
左の沢沿いに行ったほうが楽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【高巻き】
左の沢沿いに行ったほうが楽。
【烏帽子沢】
石だらけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【烏帽子沢】
石だらけ。
【道はどこ?】
潜ったり跨いだり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【道はどこ?】
潜ったり跨いだり。
【あんまぁ〜】
電柱じゃないよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【あんまぁ〜】
電柱じゃないよ。
1
【ボッキリ】
痛々しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ボッキリ】
痛々しい。
1
【ガスが取れた】
青空が嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ガスが取れた】
青空が嬉しい。
1
【紗画】
青空に紗がかかって綺麗だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【紗画】
青空に紗がかかって綺麗だ。
3
【秋景色】
見上げると紅葉と秋の空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【秋景色】
見上げると紅葉と秋の空。
【ワライタケ】
栗まんじゅうかと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ワライタケ】
栗まんじゅうかと。
1
【雲堤】
雲海の上に頭を出しているのは浅間山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【雲堤】
雲海の上に頭を出しているのは浅間山。
1
【いい感じ】
行く手には青空が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【いい感じ】
行く手には青空が。
1
【胸突八丁】
どうなってる?とにかく急な階段だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【胸突八丁】
どうなってる?とにかく急な階段だ。
【陸のウニ】
あまり美味そうじゃない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【陸のウニ】
あまり美味そうじゃない。
【最終水場】
ここからがこのコースの常念場じゃなくて正念場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【最終水場】
ここからがこのコースの常念場じゃなくて正念場。
1
【ゴゼンタチバナ】
まだ実が付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ゴゼンタチバナ】
まだ実が付いていた。
【入江】
あの雲海の下でもがいていたのかと思うと、笑みがこみ上げてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【入江】
あの雲海の下でもがいていたのかと思うと、笑みがこみ上げてくる。
1
【ナナカマド】
レッドイレブン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ナナカマド】
レッドイレブン。
【もうすぐ乗越】
常念が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【もうすぐ乗越】
常念が見えた。
4
【八ヶ岳】
これより南は、山頂に着いてからのお楽しみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八ヶ岳】
これより南は、山頂に着いてからのお楽しみ。
3
【トンガリだっ!】
やっと見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【トンガリだっ!】
やっと見えた。
1
【ご対面〜】
手前にもトンガリ岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ご対面〜】
手前にもトンガリ岩。
5
【屋根の向こう】
じっと見ていると顔に見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【屋根の向こう】
じっと見ていると顔に見えてくる。
3
【上を向く道標】
これからの急登を感じさせる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【上を向く道標】
これからの急登を感じさせる。
1
【横通岳の空の上】
飛行機雲が途切れ途切れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【横通岳の空の上】
飛行機雲が途切れ途切れ。
2
【チラチラ見】
急登が気にならない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【チラチラ見】
急登が気にならない。
1
【乗越を俯瞰】
小屋が真下に見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【乗越を俯瞰】
小屋が真下に見える。
4
【頸城三山】
妙高・火打・焼山が意外と近くに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【頸城三山】
妙高・火打・焼山が意外と近くに。
2
【鹿島槍】
南峰と北峰の間には白馬も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鹿島槍】
南峰と北峰の間には白馬も。
2
【針ノ木と蓮華岳】
鹿島槍の左には蓮華岳と針ノ木岳も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【針ノ木と蓮華岳】
鹿島槍の左には蓮華岳と針ノ木岳も。
【北鎌も】
近くの槍もせり上がってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北鎌も】
近くの槍もせり上がってきた。
2
【南アルプス】
富士山の右には、甲斐駒、北岳、仙丈、塩見とズラリ並ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【南アルプス】
富士山の右には、甲斐駒、北岳、仙丈、塩見とズラリ並ぶ。
2
【山頂方位盤】
やっぱり真ん中には槍で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山頂方位盤】
やっぱり真ん中には槍で。
【槍穂展望台】
両横綱が左右に並び、番付表の図版さながらだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【槍穂展望台】
両横綱が左右に並び、番付表の図版さながらだ。
2
【照れ屋の白山】
てっぺんだけがチラリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【照れ屋の白山】
てっぺんだけがチラリ。
【剱岳と立山】
雪もチラッと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【剱岳と立山】
雪もチラッと。
3
【燕岳】
林道通行止ということで、こっちに転進してきた人もいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【燕岳】
林道通行止ということで、こっちに転進してきた人もいた。
2
【野口五郎岳】
大天井岳の左に大きく横たわっているのは五郎ちゃん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【野口五郎岳】
大天井岳の左に大きく横たわっているのは五郎ちゃん。
【裏銀座の面々】
三俣蓮華、鷲羽、水晶岳と並ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【裏銀座の面々】
三俣蓮華、鷲羽、水晶岳と並ぶ。
【前常念岳】
坊主頭で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前常念岳】
坊主頭で。
【上高地】
降りてみようか神降地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【上高地】
降りてみようか神降地。
1
【蝶ヶ岳への道】
アップダウンがキツそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【蝶ヶ岳への道】
アップダウンがキツそう。
3
【北鎌尾根】
鈴鹿の鎌ヶ岳みたいって言ったら怒られそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北鎌尾根】
鈴鹿の鎌ヶ岳みたいって言ったら怒られそう。
3
【松本盆地】
向かいの平たい山は美ヶ原か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【松本盆地】
向かいの平たい山は美ヶ原か。
【燕への道】
横通岳〜大天井岳〜燕岳の稜線を目で追ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【燕への道】
横通岳〜大天井岳〜燕岳の稜線を目で追ってみる。
2
【次はいつかな】
しばらくは遠くから眺めるだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【次はいつかな】
しばらくは遠くから眺めるだけ。
【大キレット】
乗り越えようとしているのは滝雲か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大キレット】
乗り越えようとしているのは滝雲か。
【青空に感謝】
横通岳の空はずっと青かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【青空に感謝】
横通岳の空はずっと青かった。
1
【常念(上弦)の月】
いい山だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【常念(上弦)の月】
いい山だった。
【光る木】
陰る尾根にスポットライトが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【光る木】
陰る尾根にスポットライトが。
【トラバース道】
見た目ほど危なくはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【トラバース道】
見た目ほど危なくはない。
【淋しい紅葉】
頑張り賞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【淋しい紅葉】
頑張り賞。
【見た目ほどは】
胸突八丁上のトラバース道は良く手入れされている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【見た目ほどは】
胸突八丁上のトラバース道は良く手入れされている。
【急流】
思った以上に水量の多い一ノ沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【急流】
思った以上に水量の多い一ノ沢。
1
【激流】
渡渉はないからいいが、増水時はちょっと心配。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【激流】
渡渉はないからいいが、増水時はちょっと心配。
2
【登山口】
左奥に見えるピークは横通岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【登山口】
左奥に見えるピークは横通岳か。

感想/記録

いつもの如く、連休の天気予報が悪かった。
それとは対象的に、金曜日は秋晴れになりそう。
このチャンスを逃す手はないと、木曜の夜に家を出る。
久々の高速だ。
0時過ぎに安曇野ICを出る。
深夜割引半額の頃が懐かしい。

登山口手前の駐車地と思しき林道の膨らみに到着。
車は一台も駐まっていない。
おかしいと思いながら車を進めると登山口に着いてしまった。
少し引き返し、手前の路肩スペースに駐車する。

朝の登山口は、ガスっていて小雨模様。
何っと思いつつ、上は晴れているに違いないと天気予報を信じて出発。
ガスはなかなか取れなかったが、笠原沢を過ぎると、ようやく青空に。
乗越に着くと、上空に残っていた雲も無くなり快晴に。
いやというほど槍を見た後、小屋前をおもむろに出発。
常念の登りは、見上げるほどの急斜面だ。
振り向くと、北アルプスの名だたる山々が一望だ。
高度を上げるに従い、見える山も違ってきて、飽きることがない。
山頂に着くと、穂高を初め、南方の山々が目に飛び込んできた。
富士山、南アルプス、中央アルプスを確認する。
乗鞍、御嶽は、雲海に沈みそうな状態で、山容が確認できなかった。
正面に槍穂を眺めながら、ゆっくり昼食を取る。
快晴の空の下、北アでも第一級の眺望を満喫し、身も心も満腹だ。
こうして金銭に替えられない贅沢な時間を過ごすことができた。

帰りたくないという気持ちを無理に振り払い、ほぼ予定時間に山頂を後にする。
秋は日増しに日が短くなっていく。
それに加え、東側の谷沿いの道は陰るのが早い。
登山口には、ほぼ予定通りの時間に到着した。
それでも、車に戻る頃には薄暗くなっていた。
着替えした後、ヘッドライトを点灯し、おもむろに駐車地を離れた。
 
訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ