ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977506 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲縦走路 塩屋〜鵯越

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー eriksa
天候久方ぶりのさわやかな秋晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR 大阪〜塩屋 710円
復路:神戸電鉄 鵯越〜新開地 阪神or阪急電車 新開地〜梅田 690円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
49分
合計
4時間37分
S塩屋駅08:1808:58旗振山09:0109:10鉄拐山09:1109:23おらが茶屋09:50栂尾山10:04横尾山10:0710:31須磨アルプス馬の背10:3210:40東山11:16妙法寺11:51荒熊神社12:1112:15高取山12:3512:42安井茶屋前広場12:4312:55高取山-丸山登山口12:55鵯越駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんど危険個所はありませんが、当然、馬の背はやせ尾根を歩くので注意が必要です。当日は風もありましたが、ゆっくり歩けば問題はありません。
馬の背自体よりその前の崖の方が私としては怖かったです。
その他周辺情報塩屋駅近辺は飲食店、自動販売機(100円のも)多くあり。
山から下りるたびに街を通り抜けるので飲料等の調達には全く問題なし。
鵯越駅周辺にも縦走路専門?の飲食店などもあるようです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 タオル カメラ

写真

JR塩屋駅から出発。
三連休の土・日は良くない天気予報で山に行けず。
本日10月10日(月)体育の日は晴れの特異日とあっていい天気です。更には温度・湿度もぐっと下がりさわやかな秋の登山日和となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR塩屋駅から出発。
三連休の土・日は良くない天気予報で山に行けず。
本日10月10日(月)体育の日は晴れの特異日とあっていい天気です。更には温度・湿度もぐっと下がりさわやかな秋の登山日和となりました。
2
塩屋の海辺。
六甲縦走路西の起点、海からの出発。
海岸まで降りたら良かったかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩屋の海辺。
六甲縦走路西の起点、海からの出発。
海岸まで降りたら良かったかな。
2
ネコさんがいました。
飼い猫のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコさんがいました。
飼い猫のようです。
1
旗振山登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山登山道に入ります。
1
六甲全山縦走路の道標。
こちらは源平古道というのだとか。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲全山縦走路の道標。
こちらは源平古道というのだとか。

山王神社があったので今日の安全をお参りします。
山王様とは大津、比叡からの勧請とか。
比叡山に呼ばれている気がする。近々伺います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山王神社があったので今日の安全をお参りします。
山王様とは大津、比叡からの勧請とか。
比叡山に呼ばれている気がする。近々伺います。
1
ここまで舗装路を歩いた。ここから本格的な登山道が始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで舗装路を歩いた。ここから本格的な登山道が始まる。
須磨浦山上遊園ふんすいランドから明石海峡大橋、淡路島を臨む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨浦山上遊園ふんすいランドから明石海峡大橋、淡路島を臨む。
3
旗振毘沙門天。
今日は遠くからご挨拶。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振毘沙門天。
今日は遠くからご挨拶。
旗振山。
摂津と播磨の国境。今は同じ神戸市の須磨区と灘区の境目。
蝸牛 角ふりわけよ 須磨明石   芭蕉
春の海 ひねもすのたり のたりかな  蕪村
ことづてよ 須磨の浦わに 昼寝すとも  子規
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山。
摂津と播磨の国境。今は同じ神戸市の須磨区と灘区の境目。
蝸牛 角ふりわけよ 須磨明石   芭蕉
春の海 ひねもすのたり のたりかな  蕪村
ことづてよ 須磨の浦わに 昼寝すとも  子規
1
旗振山からの明石海峡大橋と淡路島。何回も撮ってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山からの明石海峡大橋と淡路島。何回も撮ってしまいます。
1
旗振山からの瀬戸内海。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山からの瀬戸内海。
3
旗振山から西側を見る。
神戸は見えますが、大阪は遠いなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山から西側を見る。
神戸は見えますが、大阪は遠いなあ。
鉄拐山山頂です。
人が多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄拐山山頂です。
人が多かった。
2
おらが山、針の穴から何が見えるんでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おらが山、針の穴から何が見えるんでしょうか。
3
おらが茶屋。
今度、逆走ルートを歩いた時に寄り道をしましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おらが茶屋。
今度、逆走ルートを歩いた時に寄り道をしましょう。
噂の階段。
登った分だけ全部降りる。
住宅街を通り抜ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の階段。
登った分だけ全部降りる。
住宅街を通り抜ける。
1
栂尾山の噂の階段を登っている途中です。
ああしんどい。
向こうの山から住宅街を抜けてここまでやってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山の噂の階段を登っている途中です。
ああしんどい。
向こうの山から住宅街を抜けてここまでやってきました。
栂尾山頂。記念撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山頂。記念撮影。
栂尾山頂からの明石大橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山頂からの明石大橋。
1
横尾山山頂に来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山山頂に来ました。
横尾山三角点。
二等三角点 須磨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山三角点。
二等三角点 須磨。
2
さてさて、ここからいよいよ馬の背となります。
崖が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてさて、ここからいよいよ馬の背となります。
崖が
皆さん、楽しんで歩いている様子がうかがえますが、そこに至るまでの崖下りの方が恐怖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、楽しんで歩いている様子がうかがえますが、そこに至るまでの崖下りの方が恐怖です。
5
馬の背から振り返る。
崖の本当に危ないところは階段設置。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背から振り返る。
崖の本当に危ないところは階段設置。
4
名勝 馬の背。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名勝 馬の背。
1
今日は風が強いので注意深く進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は風が強いので注意深く進みます。
無事馬の背を渡り終えました。
振り返ってみてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事馬の背を渡り終えました。
振り返ってみてみました。
3
東山へ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山へ到着。
でっかいキノコがありました。
500mlのペットボトルより大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でっかいキノコがありました。
500mlのペットボトルより大きい。
2
ここからは住宅街の舗装路を歩きます。
市街地歩きは迷いやすいですが、こちらは道標もたくさんあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは住宅街の舗装路を歩きます。
市街地歩きは迷いやすいですが、こちらは道標もたくさんあります。
全山縦走の道標はあるんでが、ここでヤマレコマップでGPSをチェック
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全山縦走の道標はあるんでが、ここでヤマレコマップでGPSをチェック
自分のいる位置も把握できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のいる位置も把握できます。
3
ここで舗装路が切れ、高取山山頂へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで舗装路が切れ、高取山山頂へ向かいます。
高取山山頂の神社へ到着。
登り返しがしんどいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山山頂の神社へ到着。
登り返しがしんどいです。
高取山からの眺望。
今日登った山が全部見えています。
奥から、(踏んでないけど鉢伏山)鉄拐山、栂尾山、横尾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山からの眺望。
今日登った山が全部見えています。
奥から、(踏んでないけど鉢伏山)鉄拐山、栂尾山、横尾山。
2
高取山の三角点。
三等三角点 高取山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山の三角点。
三等三角点 高取山。
1
三角点位置より高いところに山頂が。
こちらが前の三角点だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点位置より高いところに山頂が。
こちらが前の三角点だそうです。
現在はNHKのアンテナが設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在はNHKのアンテナが設置されています。
こちらも高取山山頂。
神社の奥の宮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも高取山山頂。
神社の奥の宮。
2
奥の宮からの眺望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の宮からの眺望。
1
月見茶屋でビール休憩。300円。
こちらの神社には数軒茶屋があるようで、ハイカーさんで賑わっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月見茶屋でビール休憩。300円。
こちらの神社には数軒茶屋があるようで、ハイカーさんで賑わっています。
1
高取山丸山登山口まで来ました。
ここからも市街地歩きで鵯越駅まで歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山丸山登山口まで来ました。
ここからも市街地歩きで鵯越駅まで歩きます。
白い猫がいました。人懐こく甘えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い猫がいました。人懐こく甘えてきました。
2
あちらに見えるのは菊水山。
全山縦走をする人は一体いくつの山を登り返すんだろう。
来月の縦走大会頑張って下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらに見えるのは菊水山。
全山縦走をする人は一体いくつの山を登り返すんだろう。
来月の縦走大会頑張って下さい。
1
市街地歩きもアップダウンがあり結構疲れました。
鵯越駅到着お疲れ様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街地歩きもアップダウンがあり結構疲れました。
鵯越駅到着お疲れ様。
2

感想/記録
by eriksa

先日、菊水山・鍋蓋山を歩いた時に須磨アルプスが見え、六甲全山縦走路を西起点から歩いてみようと思った。
菊水山に登った時は鵯越駅からのスタートだったので、西起点の塩屋から鵯越まで歩く。
海辺から歩こうと思ったが、海岸にどこから降りるのかわからず、駅から見える海岸で満足をする。
今度はもっと海岸に近い須磨から歩いても面白いかな。

【栂尾】
栂尾山は階段登山と噂には聞いていましたが、
実際に登ってみると、ちゃんとしたコンクリート製の階段のせいか、段差が揃っていて歩きやすかった。まあ、しんどいのはしんどかったですが。

【馬の背】
須磨アルプスの馬の背は、高所恐怖症の人の体験談を聞いていて、ひどく怖いのかと思っていましたが、距離も短いしやせた尾根だと思って歩けば、さほど怖くもなかったです。
ただ、風が強かったので、注意をして歩きました。
馬の背手前の崖下りの方が怖かったです。

【登山道から外れ鵯越駅まで】
舗装路住宅街を歩きましたが、登りも多く疲れました。
今日は湿度・温度が低くて歩きやすかったですが、真夏なら大変だったと思います。

今回のコースは眺望が良く、楽しんで歩けました。
小さいながらも何個かピークを踏み、登り返しが疲れました。
三連休は、土日はあまり天気が良くない予報で山には行けなくて残念でしたが、月曜日の体育の日はさわやかな快晴で、登山日和となり本当に良かったと思います。
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
ヤマレコMAPを使って山に登ろう! by ヤマレコ
訪問者数:144人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 GPS 馬の背 道標 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ