ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977648 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳 大倉尾根(バカ尾根)ピストン

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー SatoshiW
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大倉登山口前の民家にある駐車場
500円/回でとめさせてもらえます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
1時間10分
合計
4時間34分
Sスタート地点11:5412:08観音茶屋12:22見晴茶屋12:56駒止茶屋13:06堀山の家13:1913:30天神尾根分岐13:48花立山荘14:0214:13金冷シ14:27塔ノ岳15:0415:13金冷シ15:20花立15:20花立山荘15:29天神尾根分岐15:35堀山の家15:44駒止茶屋15:58見晴茶屋16:0416:08大倉高原山の家16:18観音茶屋16:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大倉尾根は体力はいりますが危険個所は皆無
その他周辺情報大倉から車で10分南下すれば僕の家です
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ 時計 サングラス タバコ ライター 灰皿 コップ Platypus1L(飲み水) 水筒(お湯) 森永ミルクココア ティッシュ ゴミ袋

写真

行ってきます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってきます!
登山口は左です
右に行くと林道ですが水無川沿いに下ることもできますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は左です
右に行くと林道ですが水無川沿いに下ることもできますよ
入ってすぐの檜植林地帯
ここはまだ舗装された道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入ってすぐの檜植林地帯
ここはまだ舗装された道です
登り始めてすぐに陶芸の工房があります
民家チックなのはこれが最後です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐに陶芸の工房があります
民家チックなのはこれが最後です
舗装された道から石畳に変わるとすぐに山田会・ナオミ会の丹沢ベースがあります
山岳会ですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された道から石畳に変わるとすぐに山田会・ナオミ会の丹沢ベースがあります
山岳会ですかね?
でちょこっと登ると観音茶屋につきます
秋が深まるとこの茶屋の上にどんぐりが頻繁に落ちてきてよくコンコンなってます
去年の秋にここの奥さんに裏庭のドングリ拾わせていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でちょこっと登ると観音茶屋につきます
秋が深まるとこの茶屋の上にどんぐりが頻繁に落ちてきてよくコンコンなってます
去年の秋にここの奥さんに裏庭のドングリ拾わせていただきました
分岐ですがどちらに行ってもすぐ合流します
左手に行けば大倉高原山の家を経由し、右手に行けばただの登山道です
右手のほうがやや距離が短いので登りは右に行きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐ですがどちらに行ってもすぐ合流します
左手に行けば大倉高原山の家を経由し、右手に行けばただの登山道です
右手のほうがやや距離が短いので登りは右に行きました
先ほどの分岐の合流地点近くに簡単な休憩所があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐の合流地点近くに簡単な休憩所があります
しばらく歩けば見晴茶屋に到着します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩けば見晴茶屋に到着します
で、見晴茶屋からの見晴らし
当たり前ですが晴れてる時に見るべきでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、見晴茶屋からの見晴らし
当たり前ですが晴れてる時に見るべきでしょう
見晴茶屋を出てすぐに最初の急登が始まります
まだ体力有り余っているでしょうからみんな元気です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋を出てすぐに最初の急登が始まります
まだ体力有り余っているでしょうからみんな元気です
急登を終えるとしばらくなだらかな尾根歩きになります
いっつも思うんですがこの敷いてある横板の間隔が歩幅と合わない…
一つずつじゃ狭すぎるし二つずつじゃ登りはきつい(下りは一個飛ばしでちょうどいいです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えるとしばらくなだらかな尾根歩きになります
いっつも思うんですがこの敷いてある横板の間隔が歩幅と合わない…
一つずつじゃ狭すぎるし二つずつじゃ登りはきつい(下りは一個飛ばしでちょうどいいです)
しばらく行くとまた急登がありその終わりくらいに駒止茶屋があります
駒止茶屋からほんのわずかに登ったところにも休憩所がありますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くとまた急登がありその終わりくらいに駒止茶屋があります
駒止茶屋からほんのわずかに登ったところにも休憩所がありますよ
駒止茶屋を出るとしばらくはなだらかな道になります
呼吸を整えるにはちょうどいい感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋を出るとしばらくはなだらかな道になります
呼吸を整えるにはちょうどいい感じです
なだらかな道が終わり徐々に勾配が増してきますが、勾配が増してきてすぐのところに堀山の家があります
この後急登なのでここで10分ほど休憩しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道が終わり徐々に勾配が増してきますが、勾配が増してきてすぐのところに堀山の家があります
この後急登なのでここで10分ほど休憩しました
堀山の家からすぐのところに石置く場所があります
登山口に「余裕ある人は石を上までもっていってね♡」って書いてますが、つまりここまで持ってくればゴールということです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家からすぐのところに石置く場所があります
登山口に「余裕ある人は石を上までもっていってね♡」って書いてますが、つまりここまで持ってくればゴールということです
しばらく行くと天神尾根と合流
戸沢の出会いから登ってくる天神尾根ルートは道が悪く結構疲れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと天神尾根と合流
戸沢の出会いから登ってくる天神尾根ルートは道が悪く結構疲れます
天神尾根からの合流地点からこの花立山荘までは整備されていますが急登です
この左に見える氷旗が見えると「やっとここまできたかぁ」とほっとします
冬場にはおしるこの旗になってますがまだ氷みたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根からの合流地点からこの花立山荘までは整備されていますが急登です
この左に見える氷旗が見えると「やっとここまできたかぁ」とほっとします
冬場にはおしるこの旗になってますがまだ氷みたいです
花立山荘からは最初のガレ場の急登さえ登れば後は地味に勾配を上げていくだけです
で、山頂
これでもかってほどにガスってます
まぁ近頃ここはずっとこんな感じです
晴れてると絶景なんですけどね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘からは最初のガレ場の急登さえ登れば後は地味に勾配を上げていくだけです
で、山頂
これでもかってほどにガスってます
まぁ近頃ここはずっとこんな感じです
晴れてると絶景なんですけどね
で下山時は大倉高原山の家方面を通りました
丹沢でも数少ないテン場です
本当にここ以外でテン場見たことないです
あるんですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で下山時は大倉高原山の家方面を通りました
丹沢でも数少ないテン場です
本当にここ以外でテン場見たことないです
あるんですかね?
テン場すぐ下にある大倉高原山の家
なんか主人と登山客で話が盛り上がってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場すぐ下にある大倉高原山の家
なんか主人と登山客で話が盛り上がってました
そして無事下山
丹沢クリステルも気色の悪い顔で下山を祝ってくれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして無事下山
丹沢クリステルも気色の悪い顔で下山を祝ってくれています
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ