ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979297 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

17時間掛かって馬蹄型完成せず…甘くは無かった谷川岳

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー so-tuff
天候霧雨(7時頃まで)のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道・長野道・上信越道を経て関越道・水上ICで下り、県道291号で谷川岳方面へ。谷川岳ベースプラザの1F駐車場に駐車。1日500円。
ロープウェイ営業終了後は、エレベーター停止。
車の出入りも出来ませんが、1F(7Fまである)で人の出入りは出来ます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間29分
休憩
1時間50分
合計
17時間19分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ00:0100:10白毛門登山口駐車場03:40白毛門03:4505:00笠ヶ岳05:0506:25朝日岳06:4008:25清水峠白崩避難小屋08:3009:10七ツ小屋山09:1510:15蓬峠10:2010:55武能岳11:1013:05茂倉岳13:1013:30一ノ倉岳14:40谷川岳14:4515:00谷川岳(トマノ耳)15:0515:10谷川岳・肩の小屋15:2016:00熊穴沢避難小屋16:2017:00天神平17:1017:20土合口駅/谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[白毛門登山口〜朝日岳]
谷川岳ベースプラザ(標高750m)を深夜0時ジャストに出発。
見上げると小さな星まで見えていたので、好天が期待できそうだった。
10分程車道を下って、左側の「MAX」という店の横の道を入ると直ぐ駐車場、
その奥に白毛門登山口がある。
程なく急登が始まり、白毛門(1720m)・朝日岳(1920m)への標高差1170mを
ひたすら登る。
登山道はスロープの様な所は少なく、岩・木の根の階段や段差の大きい所も多い。
雨後なので泥濘も多く、粘土質の道はとても滑り易い。
滑って踏直すことも多かった。
途中で振り返ると、南の空に無数の星を纏ったオリオン座と、
山の向こうに前橋方面の街の灯りが見えていた。
しかし高度を上げ高い木が無くなってくると、霧雨が当たるようになる。
白毛門を過ぎ笠ヶ岳に着くころには雨は止むが、ガスで視界が悪い。
既に5時間経過しているが、朝日岳に着いていない。
今後の予定が危ぶまれる。
朝日岳へ向かう途中で日の出を迎え朝日を浴びる。
ガスも晴れ朝日岳が目の前に見える。
6:25 ようやく朝日岳に到着。

[朝日岳〜清水峠]
朝日岳から清水峠までは500m程一気に下る。
時間を挽回するのに急ぎ過ぎたのか、段差の高い所でスリップして右足で強く着地。
然程の痛みは無かったが、後で痛みが出ないか心配。
ジャンクションピークを過ぎると一面の笹原で、時折ガスが晴れると
谷川岳まで見えていた。
白崩避難小屋で先着の方に「休んでいきませんか?快適ですよ。」
と誘われるが、谷川岳まで行き兵庫県まで帰らないといけないことを伝えると
「ひぇ〜」と驚かれた。
3連休の最終日のみの晴れ間に、キツキツの日程をねじ込んだ事を少し後悔する。
この辺りで、西黒尾根を下るのを諦めて天神平からロープウェイで下りることを
考え始めていた。
水場あり。

[清水峠〜武能岳]
笹原の展望の良い道が続くが、曇天とガスでイマイチスッキリしない。
七ツ小屋山辺りの下りで心配していた右足の痛みが出始める。
蓬峠を経て、武能岳へ登り返す。

[武能岳〜谷川岳]
武能岳から茂倉岳へも150m程下って登り返すが、下りで体重が掛かると
激痛が走るようになる。
登りは大丈夫なので、早く登りにならないかと思いながら歩く。(いつもとは逆。)
茂倉岳を越えた辺りからガスで展望が無くなる。
一ノ倉岳から谷川岳へは岩場が続く。
多くの人が歩いて丸くなった岩が濡れているのと、靴もドロドロなのとで
滑り落ちそうな岩場を、殆ど腕の力で乗り越える。

[谷川岳〜天神平]
岩場を越えて祠と鳥居を過ぎると程なくして谷川岳(オキノ耳)に到着。
山行時間は15時間近くなっている。
ここから痛む足で西黒尾根を下るなんて出来ない。(通常でも3時間掛かる。)
ガスで展望も無いので先を急ぐ。
トマノ耳を過ぎ、肩の小屋でロープウェイの最終時間を聞くと
「17時ですよ。」と言われ焦る。
天神平まではCT1:30程だが、この脚ではもっと掛かるかもしれない。
″ここさえ下れば”と急ぎ足で進むと、熊穴沢避難小屋手前で前には人だかり。
どうやら渋滞しているようだ。
20分程掛かって現場に着くと、5m程の岩場の下りだった。
避難小屋を過ぎると、木道が続く。
濡れている上に山側へ少し傾いているので、転倒してしまった。
時間が気になったが17:00に天神平ロープウェイ乗り場に到着。
ホッとする。
17:20頃谷川岳ベースプラザに帰着。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

白毛門登山口。
2016年10月10日 00:10撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門登山口。
1
白毛門山頂に到着。
標高差970mを登って来たが、登りはまだ続く…
千葉から来られた方が追いついてきた。
同じ様に馬蹄形を歩かれるようだ。
「寝ていない。」と仰っていたのに、速い速い。
2016年10月10日 03:38撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門山頂に到着。
標高差970mを登って来たが、登りはまだ続く…
千葉から来られた方が追いついてきた。
同じ様に馬蹄形を歩かれるようだ。
「寝ていない。」と仰っていたのに、速い速い。
1
笠ヶ岳山頂。
まだ行程の1/4程。
雨は止んでいるが曇っていて星は見えない。
天気の好転を期待するが…
2016年10月10日 04:59撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂。
まだ行程の1/4程。
雨は止んでいるが曇っていて星は見えない。
天気の好転を期待するが…
2
明るくなってきて朝日岳が見えてきた。
2016年10月10日 05:24撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきて朝日岳が見えてきた。
2
朝日岳手前で御来光を迎える。
2016年10月10日 05:56撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳手前で御来光を迎える。
4
晴れますように、晴れますように。
2016年10月10日 05:57撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れますように、晴れますように。
3
晴れた!
素晴らしい朝だ。
しかしカメラの調子が悪い。充電済みのバッテリーを「交換して下さい」と標示が出る。接触不良?
2016年10月10日 06:15撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れた!
素晴らしい朝だ。
しかしカメラの調子が悪い。充電済みのバッテリーを「交換して下さい」と標示が出る。接触不良?
4
朝日岳山頂。
360度の展望を得るが、どれがどの山なのかサッパリ分からない…
2016年10月10日 06:24撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂。
360度の展望を得るが、どれがどの山なのかサッパリ分からない…
4
イネ科?の下草が黄変して緑とのコントラストが素晴らしい。
2016年10月10日 06:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イネ科?の下草が黄変して緑とのコントラストが素晴らしい。
5
一面笹の道を進む。
2016年10月10日 09:41撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面笹の道を進む。
3
谷川岳山頂はガスの中。
2016年10月10日 10:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂はガスの中。
2
笹の中に紅葉した樹木が点在する。
キレイだ。
携帯の二つ目のバッテリーも残量が少なくなってきた…
2016年10月10日 10:19撮影 by W61CA, KDDI-CA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の中に紅葉した樹木が点在する。
キレイだ。
携帯の二つ目のバッテリーも残量が少なくなってきた…
2
谷川岳(オキノ耳)山頂。残念ながらガスで展望無し。(泣)
ようやく辿り着いた。長かったー。
2016年10月10日 14:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳(オキノ耳)山頂。残念ながらガスで展望無し。(泣)
ようやく辿り着いた。長かったー。
3
トマノ耳。
2016年10月10日 15:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳。
5

感想/記録

ハッキリ言って舐めていました。
標高差1200mも初めてじゃないし、20kmも普通に歩ける…と。
しかし元々全体のCTを下りで稼ぐ方で、登りは遅い方だ。
段差の大きな登りも、脚力が追いついていないのかもしれない。
脚力アップのトレーニングをもっと積まなければいけない。
でも17時間歩き通せる事だけは分かった。

生憎の天気で、しかも紅葉も始まったばかりの様だ。
また何時の日か写真でしか見た事の無い絶景を見に来ようと思う。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/5
投稿数: 410
2016/10/13 21:05
 はじめまして!
遠いところからお疲れ様でした。
地元の者です(^-^) 
地元の女の子ですがタイムがなんと7時間切ります・・・
恐ろしいくらいの方もいます。
可能であれば今度で1泊2日(蓬峠泊)でのんびり歩いてください<(_ _)>
本当にお疲れ様でした!
登録日: 2015/12/21
投稿数: 73
2016/10/13 21:24
 拍手です(^^)/
so-tuffさん 
はじめまして。
ところどころの様子・気持ちがすごく伝わってくるレコでした。
夜中から17時間、すごいですね。
この行程では「完成せず」なのですか?
谷川岳は大好きなところ。私も蓬峠のほうも歩いてみたいです
本当にお疲れ様でした
登録日: 2013/11/10
投稿数: 13
2016/10/14 18:44
 Re: はじめまして!
single1968さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
去年の秋のヤマレコのメルマガで谷川岳の紅葉の写真を見て、
こんな絶景を見てみたいと思って色々レコを見ていると、
馬蹄型の周回コースがあるのを知って、
「せっかく群馬県まで行くんだから…」と欲張ってキャパオーバーの計画を企てたようです。
残念ながらスッキリしない天気と歩くのに必死で、景色を堪能できなかったので、
もう一度鍛え直して、また行ってみたいと思います。
登録日: 2013/11/10
投稿数: 13
2016/10/14 18:57
 Re: 拍手です(^^)/
maple19さん。
はじめまして。コメントありがとうございます。
当初の予定では西黒尾根を下ってスタート地点に戻る、という
今から思えばキャパオーバーな計画でした。
谷川岳周辺はガスで展望が無かったですが、
清水峠辺りから蓬峠までの笹原で、時折見える景色は素晴らしかったです。
またいつの日か行ってみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ