ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981128 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山〜根子岳

日程 2016年10月12日(水) [日帰り]
メンバー yukorikai
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
1時間55分
合計
8時間30分
S菅平牧場登山口07:5009:10小四阿09:2010:10中四阿10:2011:05四阿山・根子岳分岐11:35四阿山12:1012:30四阿山・根子岳分岐13:2013:20大スキマ13:3014:50根子岳16:20菅平牧場登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
四阿山から大タルミへの下りはぬかるみ木の根がすべりあぶないです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

スタートはのどかな牧場を見ながら☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートはのどかな牧場を見ながら☆
いよいよ四阿山登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ四阿山登山口です。
沢も越えまーす!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も越えまーす!
疲れた頃に「ガンバ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた頃に「ガンバ!」
1
小四阿から青空と根子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小四阿から青空と根子岳。
1
ケルンと下界の風景。もうすぐ中四阿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと下界の風景。もうすぐ中四阿。
1
頂上への階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上への階段。
1
四阿山頂上です!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿山頂上です!!
2
頂上から浅間山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から浅間山方面。
1
頂上から根子岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から根子岳方面。
1
とうとう下ってきてしまった大スキマ。一面の笹原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう下ってきてしまった大スキマ。一面の笹原。
1
ぜえぜえと登り、四阿山を振り返る!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぜえぜえと登り、四阿山を振り返る!
1
頂上手前に岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前に岩場。
1
やっとこさ根子岳頂上!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ根子岳頂上!
1

感想/記録

前から気になっていた百名山の縦走コース。
連休を利用して出掛けてきましたが、体調不良によりかなりバテバテの遭難寸前でした。
なんとか無事にかえって来られたからよかったものの、しんどい登山となりました。

登りはじめは菅平高原牧場から、牛が草を食む牧歌的な風景を横目に四阿山登山口まで進みます。
登山道に入りしばらく進むと、沢を横切ります。枯れ落葉に騙されてうっかり靴が水没も、ゴアテックスの威力に感謝。
天気もいいので暑いくらいで、だんだん斜度も上がり息もあがります。
途中岩に「ガンバ」の文字が、励まされました!
ほどなく小四阿に到着。根子岳と四阿山の展望がお出迎え、紅葉にはまだちょっと早かったようです。
一旦下るも、また再び結構登ります。
まだまだ山頂は遠いのだろうか。。とかなり弱気になってきた頃、ケルンが見えてきました。
やっと中四阿まで到着です。
振り返るとさっき通った小四阿を遠くに見下ろせます。
さらにのぼり、やっと根子岳と四阿山の分岐へ到着。
最後の登りは木の階段が頂上まで続き、ひとふんばり!
狭い頂上ではすでに何組かがお昼ごはん中でした。
バテバテのわたしもひとまずランチ。
今日はSOTOのバーナーデビューでした。
おにぎりと御味噌汁も、なんとなく無理やり食べて後半戦へ。
不安は押し寄せますが、帰らないわけにはいかないのでいよいよ縦走へ。
このとき体調を考慮して、ピストンを選択すればよかったとはあとになって気付くのですが。。。。
根子岳への縦走ルートは一旦大スキマまでくだります。木の根が滑りやすい急な下りは一苦労。
登り返しを思うと下りたくないのですが、どんどん下ります。
やっと大スキマへついて、根子岳を見上げます。これを登れるのか?いや、登らなければ帰れない。と自問自答。
とにかく体調不良を振り切ってのぼりはじめますが、10歩すすむとクラクラ。なんとなく吐き気も。。
相変わらず太陽は、さっき下りてきた四阿山をまぶしく照らすばかり。
もうダメかも、ダメだ。。を何十回も繰り返して、しかも山頂までに変に岩場が現れたりしてほんとにツラい登りかえし。
気付けば他の登山者は誰もいなくなり、雲が出てくるとともにひんやりした空気に。
最後の力を振り絞って山頂手前の岩場を必死に登ります。
一瞬方角がわからなくなるような場面もありましたが、赤いペンキを見落とさずに進みました。
やっと根子岳到着!広々とした頂上です。
ほっとしているまもなく、下山開始。
急いでも仕方ないので、ケガのないよう落ち着いて下ります。
途中、小雨のシャワーを浴びました。時間も時間だけに、天気も不安定。
牧場東屋まで到着した時には、高原地帯ということを思い出させる冷たい空気に襲われました。
牧場を右手に最後の下りを終えて、長かった縦走はなんとか無事に終了!
登山中に体調不良に見舞われるのがこんなにもツラいとは初めての経験でしたが、あきらめる勇気を学ぶことができたような気がします。


訪問者数:128人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ