ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981787 全員に公開 ハイキング東海

甲津畑から杉峠

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
1時間27分
合計
6時間26分
S甲津畑登山口08:3709:00杉谷善住坊のかくれ岩09:0409:40甲津畑、避難小屋09:4209:55大峠分岐(仮称)09:5710:17蓮如上人旧跡10:2911:50杉峠、西避難小屋11:53杉峠12:4312:45杉峠、西避難小屋13:37蓮如上人旧跡13:4813:58大峠分岐(仮称)14:09甲津畑、避難小屋14:1314:37杉谷善住坊のかくれ岩14:3914:54甲津畑登山口15:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滑落の心配など全く無い、安全なトレランコースとして、千種街道の滋賀県側を、ランナーにご紹介した。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

この写真の左奥に駐車スペース(7〜8台)が在り、ここがタイジョウ、大峠、杉峠方向の登山口です。ここの登山ポストは鍵が掛けて無かったので、下山後自分の登山届を回収した。
2016年10月10日 08:33撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真の左奥に駐車スペース(7〜8台)が在り、ここがタイジョウ、大峠、杉峠方向の登山口です。ここの登山ポストは鍵が掛けて無かったので、下山後自分の登山届を回収した。
4
登山口から15分程すると、この、千種街道の案内看板が出て来ます。
2016年10月10日 08:51撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から15分程すると、この、千種街道の案内看板が出て来ます。
更に10分程の所にはこの看板。
2016年10月10日 09:02撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に10分程の所にはこの看板。
登山道から河原に下りると、善住坊のかくれ岩と称する衝立岩が在ります。
2016年10月10日 09:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から河原に下りると、善住坊のかくれ岩と称する衝立岩が在ります。
1
この桜地蔵尊の後ろには、かつて、藤の絡んだ老大木が存在し、うっそうとする趣があったが、既に倒壊し、今は、明るい、桧林です。
2016年10月10日 09:28撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この桜地蔵尊の後ろには、かつて、藤の絡んだ老大木が存在し、うっそうとする趣があったが、既に倒壊し、今は、明るい、桧林です。
1
雨乞岳手前の大峠へはここから入ります。
2016年10月10日 09:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳手前の大峠へはここから入ります。
避難小屋にも代用され、簡易トイレもあり、ゆっくり休憩出来ます。でもまだ、ヤマビルが居ましたよ。
2016年10月10日 10:21撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋にも代用され、簡易トイレもあり、ゆっくり休憩出来ます。でもまだ、ヤマビルが居ましたよ。
1
乾いてるんで、中には、ヤマビルは居ませんでした。
2016年10月10日 10:22撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いてるんで、中には、ヤマビルは居ませんでした。
4
写真撮ろうと近づいたら、木の幹に、スズメバチが大きな巣を作ってました。この時期は特に怖いので、そっと通過しました。
2016年10月10日 10:31撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮ろうと近づいたら、木の幹に、スズメバチが大きな巣を作ってました。この時期は特に怖いので、そっと通過しました。
2
この辺りから登山道は上りになります。昔をしのぶ交易の街道と老大木の原生林が残ってて、他では味わえない、癒し街道ですですが、反面、月の輪熊の、生息地でも在りそうで、注意が必要です。
2016年10月10日 10:46撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから登山道は上りになります。昔をしのぶ交易の街道と老大木の原生林が残ってて、他では味わえない、癒し街道ですですが、反面、月の輪熊の、生息地でも在りそうで、注意が必要です。
3
この老大木街道には、シデの並木の看板も設置されて居ます。
2016年10月10日 10:50撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この老大木街道には、シデの並木の看板も設置されて居ます。
3
その並木の一端に、一反ぼうそうと名付けられた大木が、かつては、青々とした枝を大空に広げて居ましたが、
2016年10月10日 11:17撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その並木の一端に、一反ぼうそうと名付けられた大木が、かつては、青々とした枝を大空に広げて居ましたが、
1
今では、杉峠の杉と共に、その名も、忘れられようとして居ます。自然も狭まりつつ在るんでしょうか?、狩猟禁止で保護された月の輪熊の出没は、この辺りでも年々増え、つい先日もこの先(杉峠の頭)で熊を見たとの情報が有りました。
鈴鹿の山でも、出会い頭に遭遇しないよう、その対策をしての入山を、心掛けなければなりません。
2016年10月10日 12:40撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今では、杉峠の杉と共に、その名も、忘れられようとして居ます。自然も狭まりつつ在るんでしょうか?、狩猟禁止で保護された月の輪熊の出没は、この辺りでも年々増え、つい先日もこの先(杉峠の頭)で熊を見たとの情報が有りました。
鈴鹿の山でも、出会い頭に遭遇しないよう、その対策をしての入山を、心掛けなければなりません。
4
杉峠で昼食後の復路は、少し傾いた西日の木漏れ日を楽しみながら
2016年10月10日 12:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠で昼食後の復路は、少し傾いた西日の木漏れ日を楽しみながら
1
周りにキョロキョロ。秋のキノコ狩り(なめ茸)もしてみましたが、時期既に遅く、笠が大きく開き、滑りも消えて、干し椎茸状でした。
2016年10月10日 13:09撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りにキョロキョロ。秋のキノコ狩り(なめ茸)もしてみましたが、時期既に遅く、笠が大きく開き、滑りも消えて、干し椎茸状でした。
1
駐車地まで戻り、乾いた橋の上で、入念にヤマビルチェック。登山中、数カ所でリュックを地べたに置いたので、首回り、腰回りが心配だったが、全員被害無く、トレラン道下見を終えた。
2016年10月10日 15:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地まで戻り、乾いた橋の上で、入念にヤマビルチェック。登山中、数カ所でリュックを地べたに置いたので、首回り、腰回りが心配だったが、全員被害無く、トレラン道下見を終えた。
1
撮影機材:

感想/記録

ハイキングもトレランもフルマラソンも大好きと言う方から、近場で何処かと言われ、安全な道として案内したのが、千種街道の滋賀県側であった。

ここはかつての交易の街道なので、道幅も広く、滑落の心配も無いからが、選択の理由ある。

更に、三重県側に比べ入山者は少ないので、トレランの方々は、ハイカーを追い抜く時に、登山道から外れて走り、登山道が不明瞭になる。の弊害は無いだろうと思ったからである。

ところが、トレランはソロで、しかも、ハイカーに比べると、無音でスピードも早い。と言う事は、熊との遭遇機会は遙かに増えるんだと言う事が、今日、一緒に歩いて見て解ったのだ。

残念ですが、構造的安全しか考えて居なかった自分の計画は、余りにも貧弱で、とてもお薦め出来る安全装備の企画ではなかった事を反省している。


訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ