ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982104 全員に公開 ハイキング近畿

花咲山 638m (宍粟50名山)行者山への縦走尾根を探索

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー so-tuff
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道29号を北進。一宮町・うるか口交差点を右折、
坂を上ってセンターいちのみやの最奥の未舗装駐車場に駐車。
登山口は施設の左側のアスファルトの駐車場の奥。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
25分
合計
4時間10分
Sセンターいちのみや11:0012:10花咲山12:3013:35616pk13:4014:20花咲山15:10センターいちのみやG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りは山頂直下の林道を通って、花咲山山頂はスルーしました。
林道終点のアンテナ施設で登山道と合流します。
コース状況/
危険箇所等
花咲山までは特に危険な所はありません。
磐座の祠まではガレ・ザレの急登が続くので、スリップに注意。
花咲山から616pkまでは、藪も無く歩き易いですが、
一般道では無いので地図・コンパス必携。
嵯峨山へ下山される方は、歩道も無く路肩の狭い県道6号を歩くことになるので、
デポ車があったほうがいいでしょう。
その他周辺情報道の駅 播磨いちのみや
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

センターいちのみやの施設の左(北)側の駐車場の奥に
登山口ポールが見えます。
2016年10月15日 11:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターいちのみやの施設の左(北)側の駐車場の奥に
登山口ポールが見えます。
登山口ポールの下に迷い犬の紙がありました。
″マロ”という名の8歳の雌の雑種だそうです。
見かけたら連絡してあげて下さい。
2016年10月15日 11:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口ポールの下に迷い犬の紙がありました。
″マロ”という名の8歳の雌の雑種だそうです。
見かけたら連絡してあげて下さい。
1
間伐されて明るい植林を登ります。
2016年10月15日 11:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間伐されて明るい植林を登ります。
1
ガレ・ザレの急登を登る。
スリップしない・落石させない歩き方のいいトレーニングになる。と4年前にも思った事を思い出した。
2016年10月15日 11:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ・ザレの急登を登る。
スリップしない・落石させない歩き方のいいトレーニングになる。と4年前にも思った事を思い出した。
2
大きな岩の尾根が現れる。
尾根方面にもマーキングテープがあったので、
回り込んで尾根に乗ったが、どうも歩き難い。
下山時に分かったのだが、岩尾根に乗らず左側の尾根下を進み
磐座の祠を通過するのが正解。
2016年10月15日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩の尾根が現れる。
尾根方面にもマーキングテープがあったので、
回り込んで尾根に乗ったが、どうも歩き難い。
下山時に分かったのだが、岩尾根に乗らず左側の尾根下を進み
磐座の祠を通過するのが正解。
1
宍粟50名山は道標が完備されているので安心。
ここは展望ポイント。
2016年10月15日 11:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宍粟50名山は道標が完備されているので安心。
ここは展望ポイント。
1
眼下に伊和の里と揖保川が見える。
伊和神社の祭りなので太鼓の音が聞こえていた。
2016年10月15日 11:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に伊和の里と揖保川が見える。
伊和神社の祭りなので太鼓の音が聞こえていた。
1
西側に対峙する黒尾山。(左奥)
2016年10月15日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側に対峙する黒尾山。(左奥)
1
ひとつ目のアンテナ施設。
林道に合流。
空が青く気温も程良い登山日和。
2016年10月15日 12:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとつ目のアンテナ施設。
林道に合流。
空が青く気温も程良い登山日和。
20m程で尾根の上へと入っていく。
2016年10月15日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20m程で尾根の上へと入っていく。
NHK・FMのアンテナでした。
2016年10月15日 12:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NHK・FMのアンテナでした。
1
花咲山山頂に到着。
西側の展望を眺めながら暫し休憩。
Blowin' in the wind
気持ちいい。
2016年10月15日 12:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花咲山山頂に到着。
西側の展望を眺めながら暫し休憩。
Blowin' in the wind
気持ちいい。
1
暁晴山のアンテナ群が見える。
2016年10月15日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暁晴山のアンテナ群が見える。
1
麓の国道からも見える山頂のアンテナ。
2016年10月15日 12:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓の国道からも見える山頂のアンテナ。
嵯峨山の標示に″地区名”と書き足されている。
山中で″嵯峨山”の標示を見るとそんな山がありそう。
実際は県道6号沿いの集落の名前です。
2016年10月15日 12:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵯峨山の標示に″地区名”と書き足されている。
山中で″嵯峨山”の標示を見るとそんな山がありそう。
実際は県道6号沿いの集落の名前です。
1
北東方面に見える行者山。(中央奥右寄り)
手前のピーク(中央)が616pkか?
2016年10月15日 12:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東方面に見える行者山。(中央奥右寄り)
手前のピーク(中央)が616pkか?
1
北に岩谷山と五蔵山。
2016年10月15日 12:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に岩谷山と五蔵山。
思ったより歩き易い。
足元もフカフカだし雑木林が気持ちいい。
2016年10月15日 12:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったより歩き易い。
足元もフカフカだし雑木林が気持ちいい。
ガサガサっと大きな音がしたのでビックリしたが、
正体は小さなリスだった。黒っぽいからタイワンリス?
帰りにも出くわしたが、写真は撮れなかった。
2016年10月15日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガサガサっと大きな音がしたのでビックリしたが、
正体は小さなリスだった。黒っぽいからタイワンリス?
帰りにも出くわしたが、写真は撮れなかった。
2
今度はニョロ。
日向ぼっこで寝ているのか、
ピクリとも動かない。
2016年10月15日 13:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はニョロ。
日向ぼっこで寝ているのか、
ピクリとも動かない。
2
倒木で迂回を余儀なくされる
バリルートあるある。
帰りに迷わないように、痕跡を残しながら進む。
2016年10月15日 13:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木で迂回を余儀なくされる
バリルートあるある。
帰りに迷わないように、痕跡を残しながら進む。
不意にマーキングテープが出てきた。
2016年10月15日 13:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不意にマーキングテープが出てきた。
616pk。展望は無し。
2016年10月15日 13:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
616pk。展望は無し。
まだ歩き易そうな尾根が続いている様です。
ここから100m程下ると、行者山への尾根に乗れそうです。
今日はここで引き返します。
2016年10月15日 13:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ歩き易そうな尾根が続いている様です。
ここから100m程下ると、行者山への尾根に乗れそうです。
今日はここで引き返します。
花咲山直下の林道に戻って来ました。
2016年10月15日 14:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花咲山直下の林道に戻って来ました。
山頂から下ってひとつ目のヘアピン、
この石柱がある所が林道から外れるポイントです。
2016年10月15日 14:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から下ってひとつ目のヘアピン、
この石柱がある所が林道から外れるポイントです。
登りでは通らなかった磐座。
無事下山を祈願して下ります。
ここからはザレ・ガレの下りになります。
滑りませんように、滑りませんように…
(一回転んだ…)
2016年10月15日 14:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りでは通らなかった磐座。
無事下山を祈願して下ります。
ここからはザレ・ガレの下りになります。
滑りませんように、滑りませんように…
(一回転んだ…)
センターいちのみやから見える揖保川。
川に立ち込んでいる人がいる。
落ち鮎のシーズンだ。
河口でシーバスの落ち鮎パターンに入るのは11月過ぎてから。
久しぶりに釣りに行きたくなった。
2016年10月15日 15:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターいちのみやから見える揖保川。
川に立ち込んでいる人がいる。
落ち鮎のシーズンだ。
河口でシーバスの落ち鮎パターンに入るのは11月過ぎてから。
久しぶりに釣りに行きたくなった。
1
センターいちのみや。
2016年10月15日 15:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターいちのみや。
1
今日は伊和神社の祭りの様です。
2016年10月15日 15:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は伊和神社の祭りの様です。
1
道の駅・播磨いちのみやの敷地内の蔵に、神輿が収められている。
2016年10月15日 15:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅・播磨いちのみやの敷地内の蔵に、神輿が収められている。
1
買い物を済ませて出てくると、
外に出てきていた。
2016年10月15日 15:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
買い物を済ませて出てくると、
外に出てきていた。
装飾がキレイで艶やか。
この後延命水を汲みに行ったら、はりま自立の家にも
別の神輿が上がってきてた。
あの坂を担いで登るんだ…
2016年10月15日 15:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装飾がキレイで艶やか。
この後延命水を汲みに行ったら、はりま自立の家にも
別の神輿が上がってきてた。
あの坂を担いで登るんだ…
4
撮影機材:

感想/記録

約4年ぶりに花咲山に登って来ました。
地図を見ていて「行者山にも行けるんじゃないか?」と思って、
途中まで探索してきました。
倒木等があるものの意外と歩き易かったです。
マイナールートとしてたまに歩く方もいるのでしょうか?
いつか縦走してみたいと思います。

補足:2016年10月17日早朝、宍粟市一宮町能倉(よくら)にクマが出没。
近隣の住民男性が襲われ、重傷を負っています。
一宮町能倉は花咲山東側の県道8号沿いの集落。
クマは男性を襲った後、北東方面(行者山方面)に逃げた模様。
山域の東側には暁晴山・峰山高原・砥峰高原など
ススキの名所として観光スポットになっていて、今がベストシーズンですが、
クマは11月頃まで冬眠の為の荒食いをするそうですので、
しばらくは近づかない方がいいでしょう。
訪問者数:79人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/22
投稿数: 13
2016/10/20 23:05
 熊情報
はじめまして。熊情報ありがとうございます。砥峰〜峰山高原へ行こうと思ってた矢先でした…残念ですが止めておきます。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ