ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982518 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳〜北穂高岳〜奥穂高岳〜念願の大キレットに挑む(=゜ω゜)ノ

日程 2016年10月12日(水) 〜 2016年10月14日(金)
メンバー ka12
天候1日目:晴のちガス一時雪
2〜3日目:晴
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
行き:沢渡駐車場より上高地へバス。始発5:40に乗車、6:10上高地バスターミナル着。
帰り:4人でタクシー相乗り(1人1000円)

コースタイム [注]

☆1日目 0610上高地バスターミナル0630→ 0630河童橋0635→ 0705明神館0705→0840横尾山荘0910→0950一ノ俣→0957二ノ俣0957→1025槍沢ロッヂ1040→ 1110赤沢岩小屋(ババ平)1111→1139槍沢大曲り1142→1239槍沢・天狗原分岐1242→1350坊主岩屋下→1530槍ヶ岳山荘
☆2日目 槍ヶ岳山荘0522→0545槍ヶ岳0615→0630槍ヶ岳山荘0715→0722飛騨乗越0723→0816中岳0817→0905天狗原分岐0905→0926南岳0928→0935南岳小屋0955→ 長谷川ピーク→1207A沢のコル1220→1355北穂高小屋
☆3日目 北穂高小屋0545→0547北穂高岳0613→0812涸沢岳0815→0830穂高岳山荘0845→0920奥穂高岳0956→1115紀美子平1137→1336岳沢小屋1400→1530岳沢湿原・岳沢登山口→1543河童橋→1545上高地バスターミナル
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

感想/記録
by ka12

自分なりにたくさん努力してきた2016年。締めくくりに大キレット越えを計画。去年の今頃は吊尾根、重太郎新道をだいぶ苦労して下りてて大キレットなんて考えたこともなかったのに、だんだん欲が出てきていつしか今年の目標になってました。9月中は台風が立て続けにきてダメで。来年におあずけかもって思いつつ、10月、連休を避けて休みをとり、天気次第で初の槍ヶ岳登頂をメインに、天気が良ければ大キレットを越える計画を立てる・・・大キレット条件は、晴天であること。少しでも雨の予報があったら、迷わず行かないことに決めてました。
1日目、槍沢ルート。難所はないものの、途中からガスが出始め雪が降ってくる。ガスの中に時々槍ヶ岳山荘が見えてからが長かったー。振り返ると燕岳は晴れてる。登る山の選択間違えたかな?翌日の天気が気になりながら登る。槍ヶ岳山荘は空いてて快適でした。設備も充実してるし、何よりブレスサーモの布団が温かくて凄いです!高いんでしょうね!
2日目、御来光を見るため、槍の頂上へ。いつも憧れて眺めてた尖った穂先に登ってるなんて、夢のようです。最後のハシゴを登ると山頂。御来光を見て下山。綺麗な御来光を見れて、本当に来て良かったと思いました。
大キレット方面は晴れてるので行くことに。小屋でパン食べて出発します。南岳小屋までは快適な稜線歩き。途中ハシゴと鎖があったかな?でも、難なく通過。。南岳小屋で休憩してからいよいよキレットに向かいます。ピークを登りきると、一気に下っていくんですが・・・凄い所です。一手、一足でも間違えたら命がなくなる。しかも、テント泊装備のお兄さん1人以外、周りに人がいなくて。単独だし、滑落しても誰にも気づいてもらえないかもしれない。覚悟を決めてゆっくり慎重に進みました。途中、所々で立ち止まって息を整えてる時に周りを見ると、自分が崖っ淵に立ってることに気づいて身も心も引き締まります。次々行く手に出てくるハシゴと鎖を必死にこなしてたら、A沢のコルに着いてしまいました。あれ?長谷川ピークは???もう通り過ぎちゃったの?山レコで皆さんが写真撮ってる『Hピーク』の所で写真撮ろうと思ってたのに、気付かずに通過してしまったみたいでした。どこにあったんでしょう?荷物降ろして休憩、とにかく無事に通過できてホッとしました。次は北穂へ登り返しですが、登山のレベルじゃなく岩登り。三点支持で全身の力を使って登って行かなければならない所が続きます。ここを下るのも大変だと思いました。北穂まであと200mの所からも長くて、北穂高小屋にだいぶ疲れて着きました。時間はもう、14時ちょっと前。穂高岳山荘まであと2時間。頑張れそうかなーとも思いましたが、1日集中して難所を通過してきたこと。この先も難所が続くこと。穂高岳山荘に着くのが16時過ぎてしまうこと。いろいろ考えて、この日は北穂高小屋にお世話になることにしました。北穂高小屋も泊まってみたかったし。小屋に入れて頂いて、荷物を置いてから、山頂に小屋のサンダル借りて行きました。サンダルでいけるほど近いなんて素晴らしい。ガスがかかって槍ヶ岳は見えませんでしたが、越えてきたキレットを上から見下ろして充実感、達成感を味わいました。小屋では、写真を撮りに上がってきて連泊されてる方もいらっしゃって、星空の写真が上手く撮れないと言ったら撮り方教えて頂いたり、他の方とも楽しくお話させて頂きました。5時半に夕飯食べてから外に出てみましたが、雲が多くてダメそうで・・・ちょっとのつもりで布団に入ったらそのまま眠ってしまいました。7時には寝てたでしょうか・・・
明け方、3時に起きて、星が出てたので写真を撮りに外へ。1時間位撮りましたが、やっぱり上手く撮れなかったけどまあいいやーヽ(´o`;笑笑
朝食は5時半でしたが、日の出の時間を考慮してか、5時過ぎに朝食を用意して頂けて、感謝です。残念ながら雲が多くて御来光は見れませんでしたが、最終日もも良い天気が続きそう。奥穂へ行って、去年通った吊尾根、重太郎新道で上高地へ下山します。小屋を後にして、北穂を下り、涸沢岳を登り返します。北穂からほぼ同時刻に単独の男性の方が2人、1人はペースが速くどんどん行かれてしまいましたが、もう1人の方が私を気にかけて下さいました。涸沢岳の登り、鎖のかかった危ないところが何ヶ所かあって、前日に北穂で泊まって本当に良かったと思いました。涸沢岳直下で岩の間のトンネルみたいなところを必死に上がって、この日の難所は終了。あとは奥穂に登って、下るだけです。吊尾根、重太郎新道は、去年はかなり怖い思いをして苦労して下ったんですが、今年は全然怖くありませんでした。
天気にも恵まれて、今年の目標だった大キレットを越えられて、大満足、充実した山行ができました。ただ、もっとスムーズに、より安全に通過できるようになるためには、もっともっと練習が必要だと思いました。そして登る体力も、もっとつけないと!来年の目標は・・・山はだんだん欲が出てきてしまいますね〜〜(´・_・`)

写真は後日アップします。
訪問者数:77人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ